巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

鉄仮面61

鉄仮面  

ボアゴベ 著   黒岩涙香 翻案   トシ  口語訳

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(拡大率125%が見やすい)

2009.7.27

今までの訪問者数836人
今日の訪問者数1人
昨日の訪問者数0人

              第五十二回           

 鉄仮面が突然水底に沈んだのには訳があった。この堀のまん中に一段と深い所があって、その深さは4・5メートル、幅は6メートルほど有り、日照りの時でもこの所だけは大川から通じる水が流れているが、今は堀一杯の水がある時なのでなおさら深さ6メートル以上になっており、彼はそれを知らずにこの深みに落ちてしまったのだ。
 
 それにしても彼がなかなか浮き上がらないのは、彼は泳げないからなのだろうか。それとも長く水門の所で体を水につけていたので、体が凍え、泳げなくなってしまったからなのだろうか。時は九月の末で、昼間はまだいくらか残暑も有るが、夜は夜風が身にしみる頃なので、凍えないとも限らない。コフスキーよりもバンダはもっと驚き「あれ、溺れたよ。溺れたに違いない。コフスキー、早く助けてあげて。」と声を立てると危険なのも忘れて、叫んでしまったのは、もう鉄仮面が夫モーリスに違いないと思い込んでいるからに違いない。

 たとえ、モーリスでなくてもこのままにして置いては、彼は大川まで流され、その死体さえも上がらなくなり、鉄仮面の秘密はついに、誰にも知られないまま終わることも考えられる。どうしても救くわなくてはならないが、とは言っても、夜もやがて明け始める頃なので、水中に飛び込んで彼と一緒に藻がいていては、番兵に見つかってしまうのは明らかだ。番兵の鉄砲ただ一発で何もかも水の泡になってしまう。

 どうしたら良いだろうと、コフスキーが色々考えていると、鉄の頭は又水の上に出てきた。出て来たのはちょっとの間で、彼は溺れている人のように水をたたいて、又沈みその後は影も形もなかった。水は満々と広がり、風はひゅうひゅうともの寂しく吹き渡る堀の上、千年の大秘密を隠したままで終わるのだろうか。

 コフスキーは今は一時も猶予出来ないと思い、ひそかに土手をはいおり、先ほど鉄の首が現れた、その少し下流を目指して泳いで行き、魚を取る鵜の様に水に潜って、深いところを隈なく捜したが、一度目は捜し当てられずに、息が続かなくなってしまって浮かび上がり、十分に息を吸って又潜って行き、捜しに捜したが、又息が切れそうになったとき、かえって鉄仮面に探り当てられ、固く足をつかまれた。

 さては、かの鉄仮面、溺れる苦しさに我が足にしがみついてきたのか、しがみつかれたまま浮き上がって、早く息を継ごうと藻がいたが、石のように重く、特に足に絡みつかれては、泳ぐに泳がれず、振り払って、彼の首筋か胴の辺りを、つかみ直そうと思ったが、死にもの狂いの彼の力はなかなか強くて、振りほどこうとしても、ほどけず、わずか二メートル位は、彼を引き上げてきたが、まだ水面までは届かなかった。再び彼に引っぱられ、沈められそうになったので、このままでは彼と一緒に溺れる他はないので、必死になって、片方の足で、彼の体の所を構わず、蹴って蹴って蹴りまくると、固い靴の底は、鉄の仮面の頭に触れ、カンカンと、水中で音がしているのではないかと思われた。

 しかし、その効果がようやく現れたのか、掴まれていた足が放されたので、生き返った思いで水面に浮かび上がり、忙しくホッと息をつき、三度目の潜りをしようかとする目先に、ちょうど都合の良いことに、彼の体が自分から浮かび上がってきた。これこそ天の助けとばかりに、すぐにその胴を掴み、やっとの思いで、あの土手の斜面に引き上げたが、見れば彼はすでに意識を失って、ほとんど死体も同然だった。

 耳の辺りと思われる所に口を寄せ、「モーリス様、モーリス様」と、小声で呼掛けながらゆすぶったが、何の返事もなかった。バンダもこの様子を見て、「モーリスさんだったかい。」と言いながら水際に下りてきたが、まだモーリスなのか、オービリヤなのかは、仮面の上からは、見分けがつかなかった。バンダはバイシンとの約束も忘れ、「これ、コフスキー、このまま住まいまで背負って行って、仮面を外し介抱すれば助かるでしょう。さ、早く、早く背負って」と、ほとんど半狂乱になり、席立てるのも無理はなかった。

 「いや、お待ちなさい、ここで仮面だけは外しましょう。」と言い、自分の着物を絞りもせずに、土手の陰に脱いで置いた、上着のポケットから、前から準備して置いた小道具を取り出し、先ず仮面の前後を調べると、後ろの所に蝶つがえのような、合わせ目があり、左の米かみの所で、端と端を隙間もなく食合せて、しっくりと重なっていた。そこに二個の高い点があり、点の中に鍵穴かと思われる、小さい穴があった。ここに合鍵やピンセットを差し込んで、ある限りの技術を使って、外そうとしていると、まだ仮面が外れない内に、鉄仮面は正気に戻り、異様ななうめき声を出した。

 コフスキーは、これにも構わず、更に鍵穴をつつき回していたが、バンダは気が気でなく、夫モーリスを揺するように、肩の辺に手を当てて「貴方、貴方」と呼ぶのさえ、忍び声だった。そんな事をしている内に、十分も過ぎたろうか、コフスキーは「しめた。」と一声つぶやいた。

 どうしたのか、仮面は前後に開いた。明け方とは言え、まだ空は暗く、顔を見るには不便だったので、すぐにさっきの暗どんをを持ってきて、その戸を鉄仮面の顔に向け、番兵の方には光が洩れないように、コフスキーが自ら陰になり、振るえる手を強いて落ちつかせ、開いた仮面をゆっくりと外し、パッと暗どんの戸を開くと、

 くっきりと照らし出したのは、いったい誰の顔だったのか、読者よ、推察して見て欲しい。

つづきはここから

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花