巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

鉄仮面87

鉄仮面

ボアゴベ 著  黒岩涙香 訳  トシ 口語訳 

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(拡大率125%が見やすい)

2009.8.6

今までの訪問者数835人
今日の訪問者数1人
昨日の訪問者数0人

                 第七十八回

 バイシンが捕らわれてから、局面が一変し、鉄仮面を捜すことは、全く消えてしまったかと疑うほどだった。オリンプ夫人はプリンス・ユージーヌを頼って、オーストリーに逃げて行ったまま、何の便りもなかった。バンダもどこに隠されたのか、一向に分からず、毒薬テストのためとバイシンに殺され、生き返るようにも見えなかったナアローも、死骸となって葬られたのか、警視庁の役所にも顔を現さず、アイスネー、アントイン、コフスキーの三人もあの夜限り姿を隠し、消息が分からない。

 黒頭巾も見えず、ルーボアも現れず、ただ何となく陰気な様子でこの年も暮れ、早や翌年の四月になった。この頃、徐々に世間に有名になり、寄るとさわると人々の噂に登り、上は王族貴族の社会から、下は一般の市民まで、聞き耳を立てるようになったのは、後の世までも鳴り響くあの毒薬審問事件だった。取調べを受ける被告人は、他ならぬバイシンで、政府はこのためにわざわざ裁判官、警察官の中から、審問委員と言うものを組織し、バイシンをビシゼンの砦にある獄に入れ、獄の外には特別に毒薬審問廷と称する、臨時の裁判所の様なものを作った。

 そもそもこの様に大げさなことにしたのは、何のためかと言うと、これは皆ルーボアの仕業で、彼は一度ヘイエー夫人に心を寄せたが、これがバンダだと知ってから、非常にがっかりし、二日ほど家に引きこもり、寝込んでしまったと聞いたが、彼は寝ながら色々なことを考え、床を離れると、前にも増してオリンプ夫人を逮捕することを主張し、国王の許可をもらって、自分自らバイシンを捕らえる事になったのだった。

 恋がかなわなかった事を、恨みに思って、政治の方に熱心になったのか、どちらにしてもこれほどの意気込みなので、バンダもきっと、苦しい思いをさせられているのではないかと思われるが、助け出す手段が無いので、これもどうしようもない。ただ一人、もっとも厳しくルーボアの怒りを、正面から受けたのは、あのバイシンだった。

 バイシンは手を変え、品を変えて様々な取調べを受け、決死隊の事からコフスキー、アイスネーらの事までも調べられたが、一言も同志の秘密を、漏らさなかったので、ルーボアにも、バイシンが、一筋縄では行かない女であることが、やっと分かった。この様な毒薬調合の上手な者を、生かして置いては、これに憎まれた時、自分がどの様な害を被るか、計り知れないので、虎を野に放すような、危険なことをするよりは、毒薬を名目にバイシンを取調べ、死刑にしてしまうのに越したことはない。

 調べている中に、又色々なことを白状するかもしれないと思ったので、この様な毒薬審問廷を開き、恐ろしい拷問を加えたが、バイシンはついに何も白状せず、かえって大胆にも宮廷を嘲(あざけ)り、ルーボアを罵(ののしる)るばかりか、政府が深く秘密にして隠していることも、遠慮なく暴(あば)き立て、ほとんど審問官の手に負えないこととなったので、憐れむことには、バイシンは当時フランスの刑罰で、一番重いと言われている、焼き殺しの刑に、処せられる事になった。

 焼き殺しとは、昔の賠烙(ほうらく)の刑にも優り、又油を使っての釜煎(かまいり)にすると言う刑にも負けない残酷なものだった。先ず焼きがねで体中を差しただらせ、次にその手足を切り落とし、最後に硫黄の火で当人をあぶり殺すものだ。この様な残酷な刑罰は、多分バイシンを最後の例として、バイシンの後で、この刑を言い渡された者は無いだろう。

 これだけでも、パリの人々は、ほとんど鍋の水が沸騰するように騒いだが、こればかりか、バイシンは自分の毒薬の事については、当時宮廷にときめく人々と、その奥方達は大抵自分と同罪だ、いや中には自分より罪の重い者もいると言い出し、誰それは国王を殺そうとして、私に毒薬の調合を頼み、何がし夫人は王妃バリエール嬢を除こうとして、私に薬はないかと相談したなどと、怯(ひる)む様子もなく言い立てたので、このため当時、ときめく貴人貴夫人で審問廷に呼び出された人は大勢いた。

 審問の様子は、一般の世人には分からなかったが、今日は誰それの伯爵が呼び出されたとか、明日は誰それの夫人が、出廷するなどの噂は、口から口に伝わることは、ほとんど電気が伝わるのより早く、人々に伝わることとなった。そのため毒薬審問の噂はバイシンの名と共に高まり、ほとんど世の中を揺り動かした。しかし、バイシンの目指すところは、ただ宮廷をこまらせ驚かすだけで、一度自分の得意客になった貴人貴夫人に、罪を着せようというのではないので、証拠となるべきほどの、細かい事は言い立てず、なるべく人々をかばったので、どれも罪に落とされるまでには行かず、そのまま放され返されたが、ただルーボアの身にとっては、バイシンの心の底に蓄えられている事柄を、残らず聞き取りたいという希望があった。

 これを聞き尽くさなければ、何となく安心できない、と言う気持ちもあり、いよいよ表向きに死刑を言い渡すその当日、バイシンに最後の白状をさせようと、またも拷問を加えることにした。その様子は、今も記録に残されているものもあり、次の章に抜き書きして読者にこの事を知って貰う一端としたい。

つづきはここから



a:835 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花