巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

aamujyou1

噫無情(ああむじょう)  (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

ビクトル・ユーゴ― 作  黒岩涙香  翻訳  トシ 口語訳

since 2017.4.1


下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

  噫無情    仏国 ユゴー先生作  日本 涙香小史 

     一  一人の旅人

 仏国(フランス)の東南端プロボンと言う一州に、ダイン(Digne)と称する小都会がある。
 別に名高い土地では無いが、千八百十五年三月一日、彼の快雄ナポレオンがエルバの孤島を抜け出して、カンヌの港に上陸し巴里(パリ)の都を指して上った時、二日目に一泊した所である。彼が檄文を印刷したのもここ、彼の忠臣ベルトラン将軍が彼より先に何度か忍び来て、国情を偵察したのもここである。

 此の外に此の小都会が、多少人に知られているのは、徳望限り無い高僧、彌里耳(みりいる)先生が過ぎる十年来、土地の教会を管轄して居る一事である。

※ 注;激文・・・急いで兵隊や同志を集めるための手紙

*      *      *      *     
 今はそれより七か月の後、同じ年の十月の初め、或日の夕方、重い足を引き摺(ず)って、漸(ようや)くこの地に歩み着いた一人の旅人は、日に焦(こ)げた黒い顔を、古びた破帽子(やれぼうし)に半ば隠し、確かには分からないが、年の頃は四十六、七と察せられる。

 靴も着物もそのズボンも、ボロボロに破れて居るのは言うに及ばず、埃(ほこり)に塗(まみ)れたその風体の怪しさに、見る人は憐みよりも恐れを催し、道を避ける程で有ったが、彼れは全く疲れ果てて居ると見え、町の入口で、汗を拭き拭き井戸の水を汲み上げて呑み、又一、二百メートルほど行って町中の井戸で水を呑んだ。

 抑(そもそ)も彼は何処(どこ)から来た。何処へ行く。何者である。来たのは多分、七ケ月前にナポレオンの来た南海の道からで有ろう。行くのは市庁舎の方である。やがて彼は市庁舎に着いた。そうしてもう役人の退(し)けてしまったその中に歩み入ったが、当直の人にでも逢ったのか、凡そ半時間ほどにして又出て来た。

 是で分かった。彼は何処かの牢で苦役を務め、出獄して他の土地へ行く刑余の人である。途々(みちみち)神妙に役所へ立ち寄り、黄色い鑑札に認めを印(しる)して貰(もら)わなければ、再び牢屋へ引き戻されるのだ。法律の上から、「油断のならない人間」と認められている奴である。

 市庁舎を出てから彼は又町を彷徨(さまよ)った。時々人の家を覗き込む様にするのは、もう空腹に耐えられず、食と宿りとを求めたいのであろう。そのうちに土地で名高いコルパスと言う旅館の前に行った。入口から直ぐに見通した料理場に、燃え上がるほど炭の火が起こって、その上に掛けた平鍋には、兎の丸焼きや雉(きじ)の揚げ出しが転がって、脂のたぎる音が旨(うま)そうに聞こえ、何とも言えない好い匂いが、腸(はらわた)まで浸み透るほど薫(かお)って居る。

 勿論彼は此の前を通り切れない。油揚げに釣られる狐の様で、よろよろと中に入った。
 中では主人自ら忙しく料理の包丁を繰(と)って居たが、客の来た物音と知り、顔を上げずに、
 「好く入らっしゃい、御用向きは。」
と問うた。疲れた空腹の、埃(ほこり)だらけの旅人は答えた。
「夕飯と寝床とを」
 主人「それはお易い御用です。」
と言いつつ初めて顔を上げ、客の風体を見て案外に感じたか、忽(たちま)ち渋々の声と変わって、
 「エー、お払いさえ戴けば」
と言い足した。

 客は財布を出し掛けて、
 「金は持って居るよ」
 主人「それなら宜しい」
と不愛想よりもやや戸惑い気味である。

 客は安心してすっかり気が抜けた様子で、背に負っていた袋と懐中(ふところ)の財布と、手に持った杖とを傍に置いた。その間に主人は帳場に会った新聞紙の白い欄外を裂き取って、鉛筆で走り書きで何か書き認(したた)め、目配せを以て傍に居た小僧を呼び、二言三言その耳に囁いて、今の紙切れを手渡すと、小僧は心得た風に戸外の方へ走り去った。

 十月の初めだから、夜に入ると少し寒い、特にここはアルプス山の西の裾野に当たり、何時も絶え間なく、頂辺の雪から冷え切った風が吹き下ろすので、外の土地とは違う。先刻まで汗を絞って居た旅人も、早や火の気が恋しくなったと見え、火鉢の方に手を延べて、少しも主人のした事に気が付かず、唯空腹に攻められて、

 「何うか食う物だけは急いで貰い度い。」
 主人「少々お待ち下さい、唯今。」
と言う所へ小僧は又急いで帰り、返事と見える紙切れを主人に渡した。
主人は之を読んで眉を顰(ひそ)め、しばらく思案に余る体で、その紙切れと客の横姿とを彼是見比べる様にして居たが、そうとも知らない客の方は、空腹の上にまだ気に掛かる事でも有るのか、少しも気が晴れない様子で、首を垂れて考え込んで居る。終に主人は決心が着いたと見え、突々(つかつか)と客の傍に寄り、

 「何(どう)も貴方をお泊め申す訳には行きません。」
全く打って変ったと言う者だ。客は半分顔を上げ、
 「エ、何だと、騙(だま)されるとでも思うのか。では先払いにしよう。金は持って居ると断ったのに。」
 主人「イイエ、部屋の空いた所が有りませんゆえ。」
 客は未だ失望しない。非常に静かに、
 「部屋が無ければ馬屋で好い。」

 主人「馬屋は馬が一ぱいです。」
 客「では何の様な隅っこでも構わ無い。藁(わら)さえあれば敷いて寝るから、先ア兎も角も食事を済ませてからの相談にしよう。」
 主人「食事もお相憎(あいにく)様です。」
 客は初めて驚いた。

 「その様な事は無い。私は日の出ない前から歩き通して、腹が空いて死にそうだ。十二里(48km)も歩いて来たのだ。代を払うから食わせて貰わなければ。」
 主人「食べる物が無いのです。」
 客は声を立てて笑った。全く当の外れた笑いである。そうして料理場に向き、
 「食べる物が無いとな。彼(あ)の沢山あるのは何だ。」

 主人「あれは総てお誂(あつら)え《注文品》です。」
 客「誰の」
 主人「先客の」
 客「先客は何人ある」
 主人「ハイ、アノ、十ーーー二ーーー人」
 客「十二人、フム、二十人だって食い切れぬ。」
 言いながら客は座り直して改めて腰を据え、

 「ここは宿屋だろう。此方(こちら)は腹の空いた旅人だから、食事をするのだ。」
 主は店口で高声などを好まない。客の耳に口を寄せ、
 「今の中に立ち去って下さい。」
 全くの拒絶である。放逐である。客は振り向いて何事をか言い返そうとしたが、主人がその暇さえ与えない。猶(なお)もその耳に細語(ささや)いて、

 「無言(だま)ってお去りなさい。貴方の名も知って居ます。言いましょうか。貴方は戎・瓦戎(ぢゃん・ばるぢゃん)」
 戎・瓦戎(ぢゃん・ばるぢゃん)と言う奇妙な名に、客はギクリと驚いた。


次(二)へ

a:108 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花