巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

aamujyou104

噫無情(ああむじょう)  (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

ビクトル・ユーゴ― 作  黒岩涙香  翻訳  トシ 口語訳 *

since 2017.7.15


下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

噫無情    仏国 ユゴー先生作  日本 涙香小史 訳

   百四 私と一緒に

 本当に黒姫の居る所が分かったのだろうか。分かったと聞いた守安の喜びは、譬えるに物も無い。今まで彼は、唯黒姫を思うが為のみに生きて居た様な者で有る。彼の命に、黒姫を思わない時間と言っては無かった。彼は自分が思うだけで無く、黒姫の方も自分を思って居ると信じて居る。公園地で見交わした眼と眼とが、唯自分の心底(しんそこ)に徹したのみで無く、確かに黒姫の心底(しんそこ)にも徹した。

 唯だ寸秒の間では有ったとは言え、黒姫の心の奥までも自分に心に見えた様に、自分の心の奥の奥まで、黒姫に見えたに違い無い。互いの心が同じ時に、同じ様に開かなければ、是ほど深い感動が何時までも残って居る筈は無い。残って居る上に一日一日に力が強くなって来るのだ。

 彼は目を閉じても黒姫の顔が見える。本を開けば文字の表に黒姫の姿が有る。筆を取れば黒姫に対する自分の思いを書かずには居られない。彼の手帳は、自分の心の痛みから湧いて出た文句で満ち満ちて居る。
 この様な有様だから、絵穂子(イポニーヌ)の言葉に度を失うほど喜んだのも無理は無い。

 「本当ですか。本当ですか。」
と彼は忙しく念を押した。絵穂子(イポニーヌ)の方は、守安の此の様な熱心が余り嬉しくは無い。
 「余(あんま)り貴方が喜ぶと教えて上げませんよ。」
と言った。

 実を言えば是が絵穂子の心情である。何でも守安に教えると決心して居た訳では無い。成るべくは秘めて置いて、様子に由っては教えようかと唯だ是れくらいに思って居たのだ。けれど不意に守安を見た嬉しさだか驚きだかの余りに、思わず言って了(し)まったのだ。

 「何所ですか。何うか知らせて下さい。何の様なお礼でも仕ますから。」
と守安は畳掛けた。もう駆け引きなどするゆとりが心に無いのだ。
 絵穂子「所番地と言っても、私は番地まで覚えては居ませんが、私と一緒に来れば此の家だと教えて上げます。美人も白髪頭の爺さんも居ますから。」

 守安「行きましょう。一緒に行きましょう。」
 「オヤ、其れほど嬉しいのですか。」
と殆ど恨めしそうに呟(つぶや)いて絵穂子は先に立った。守安はフト思った。若しこの娘が、父や父の仲間らに黒姫の住家を教える様な事が有っては大変だと。

 直ぐに絵穂子の肩に手を当て、厳かに、
 「絵穂子さん、」
 絵穂子は振り向いて嬉しそうである。
 「私を絵穂子さんと呼んで下さる。毎(いつ)も其の様だと好いけれど。」

 守安「絵穂子さん、私に知らせて呉れるのは好いが、決して外の人へは知らせてはいけませんよ。何うか誰にも知らさないと約束して下さい。」
 絵穂子「オヤ、大層な御用心ですねえ。」
 守安「余計な事を言わずに約束なさい。」

 絵穂子「其れには及びませんよ。誰も貴方ほど熱心にーーーー。」
 守安「イエ、及びます。約束して貰わなければ成りません。取分けて貴女の阿父さんなどには知らさないと。」
 絵穂子「父は牢に居ますもの。知らせ度くても。」
 守安「其れでも好いから約束なさい。」
 絵穂子「しつこい事ねえ。約束すれば何うして呉れます。」
 守安「貴方の望む通りに何の様なお礼でも。」
 絵穂子「では約束しますよ。父にも誰にも言いはしません。」

 絵穂子(イポニーヌ)が何(ど)の様に此の約束を守ったかは後に分かる。守安は直ぐに財布を探り、一個しか無い五法(フラン)の金貨を出して絵穂子に与えた。絵穂子の今の境涯では命にも比すべき金額である。けれど、投げ捨てる様に推し返して、

 「此の様な者を、貴方から貰いたくは有りません。」
と言切った。
 此の様に守安が尋ねて居る間に、小雪と戎瓦戎は何処に何の様な事をして居るのだろうか。



次(百五)へ

a:21 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花