巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

aamujyou11

噫無情(ああむじょう)  (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

ビクトル・ユーゴ― 作  黒岩涙香  翻訳  トシ 口語訳

since 2017.4.11


下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

    噫無情    仏国 ユゴー先生作  日本 涙香小史 訳 

       十一  甚(ひど)いなア、甚(ひど)いなア

  何だって戎・瓦戎(ぢゃん・ばるぢゃん)は、子供の落とした二十銭銀貨を足の下へ敷いのだろう。余(あんま)り愚かな仕草では無いか。彌里耳(みりえる)僧正が何と言った。魂を入れ替えて、善人に成るのだよと。血の垂る様な言葉で教えたでは無いか。戎の耳にはその言葉がまだ響いて居る。彼の心には僧正の限り無い慈悲の心が、充(み)ち満ちているはずである。それだのに、早や此の様な罪を犯すとは何う言う訳だ。

 多分は彼れ、正気では無いのだろう。心が狂って居るのだろう。彼れ十九年の間獄に居て、唯だ世の中の憎いことを許り心に刻み、復讐しよう、復讐しようとのみ思い詰めて出て来たのだ。だから心が狂って居る際でも、知らず知らずに此の様な事をするのだ。子供は忽(たちま)ち立ち留まって、銀貨を足で踏んで居る戎の足を見、次に戎の顔を見上げた。顔は極めて恐ろしい、けれど子供は恐ろしとも思わない。唯戯(たわむ)れと思ったのだろう。考えもせずに戎に近づき、

 「伯父さん、その様な事を仕てはいけないよ。」
 戎は無言だ。
 子供「その足を挙げてお呉れ。ヨウ伯父さん。」
 戎は光る眼で、子供の顔を見た。見た様の凄(すご)さには、子供も初めて恐れを催したらしい。殆ど泣き出す様な声で、
 「大事な銀貨だからよう。」
 と言いつつ子供は俯(うつむ)いて戎の足に両手を掛けた。

 無理も無い。全く大事な銀貨だろう。子供としては一財産奪われる様な者である。戎の足は少しも動かない。子供は力尽きて今度は戎の胸を推し、
 「ヨウ伯父さん、返してお呉れ。銀貨を無くしては大変だから、ヨウ、ヨウ。」
と揺すぶった。

 戎は渋る様な声を出し、
 「銀貨など知る者か。」
と叱った。 
 子供「だって此の足に踏んで居るじゃ無いか。お呉れと言うのに。」
 戎は怒りを示して立ち上がったけれど、踏んだ足は動かさない。子供は剣幕に恐れて一足退いた。その眼にはもう涙が浮かんで居る。

 「甚(ひど)いなア。甚(ひど)いなア。子供の銭なんか盗んで。」
と泣き声で恨んだ。之を平気で聞く戎は、全く鬼である。彼は平気で聞くのみで無い。大喝して、
 「夏蝿(うるさ)い奴だ。」
と再び叱った。子供は泣いて、
 「金を返せ。金を返せ。」

 戎は出し抜けに杖を取り、
 「是れだぞ。」
と振りかざした。全く叩き殺す勢いである。直ぐに子供は泣きながら一散に逃げた。
 けれど暫く行って逃げ兼ねたと見え、やや久しくその泣き声が、淋しく原に虫の音の様に聞こえて居た。何時まで彼は此のままで居るのだろう。

 自分で自分の立って居る事を知って居るのだろうか。その中に日は全く沈んでしまった。戎は身に受ける夜露の寒さにゾッと身震いしたが、是が彼の身に気付け薬の様に利いた。熱を持って居る彼の脳は冷めた。彼れは「オヤ」と云って四辺(あたり)を見廻した。

 やがて立ち去ろうとする様に、彼は背後に在った袋を取って、背負い直したが、此の時チラリと彼の眼に見えたのは、砂の中に光る銀貨である。彼は怪しむ様に俯いて之を取り上げたが、取り上げると共に、電光の様に彼の脳髄に光が射した。彼れは何も彼も思い出した。

 今の子供の泣き声さえまだ耳に響いて居る。エエ何うして私は子供の銀貨を盗んだのだろう。僧正の清い姿も目に浮かんだ。唯一瞬にして、生涯の悔恨に身を責められるのは、この様な時にある。彼は直ちに、暗い大地の上に身を投げた。地を掻きむしって悔やんだ。けれど悔やしんでは居られない。直ぐに立ち上がった。

 「子供よう。子供よう。」
と叫んだ。延び上がって辺りを見廻した。子供は居ない。もう去ってから時が立った。
 彼は子供の去った方へ走った。半丁(約五十メートル)も走ったけれど姿が無い。又声を立てて呼んだ。呼んでは走り、走っては呼び、広い野原を、月の出るまで走り廻った。

 月に透かすと何だか彼方に人影がある。直ぐにその傍へ行って見ると、旅の法師であろう、痩せ馬に乗って、兀々(こつこつ)と夜路(よみち)《夜旅》をして来るのだ。
 「法師さん、お願いです。」
と戎は馬の前に首を垂れ、
 「若し貴方の通った道で、十一、二の一人の子供は居ませんでしたか。」

 法師「愚僧は誰にも逢いません。」
 戎は銀貨を差し出して、
 「何か之を貧民に、お施しなさって下さい。」
 受け取るのが法師の役である。怪しみながら受け取った。
 戎「若しや何処かで子供の泣き声を聞きませんでしたか。」
 法師「聞きません。」

 戎は又、
 「何うか貧民に之を。」
と言って、今度は銀貨二個を出して渡し、
 「アア、私は盗賊です。盗賊です。何うか警察へ連れて行って、懲役に遣って下さい。此の世には居られない悪人です。」
 法師は驚いて痩せ馬の腹を蹴って之も逃げた。

 如何とも仕方が無い。再び戎は声を立てて子供を呼びつつ、何処までもと走ったが、遂に路の三方へ分かれて居る所へ来た。何方(どちら)を見ても村らしい者は無い。彼は大地に摚(ど)うと座した。腸(はらわた)の底から深い涙が迫(せ)り上げた。
 「エエ俺は、エエ俺は。」
と声を放って泣き、頽(くず)折れて泣き伏した。彼れが泣くのは二十年来絶えて無い事だろう。涙が彼の痺(しび)れた脳髄を、解きほごせば好い。

 何時間無いたか知らないが、全く存分に泣いた。之が彼の魂の入れ替わる時であろう。幼い頃から彼の心は、善信を捻じ伏せて、その上へ自分で悪の壁を塗り、世間が憎い、人が憎いと、曲がった心ばかり練固めて、無理に頑冥(かたくな)にしたのだから、もう善と言う心は芽を吹く力も無い様に枯れてしまったのが、その所へ彌里耳(みりえる)僧正の精霊が差し込んだ。

 彼の心は昨夜から革命の様に揉(も)めて居た。今が革命軍の最も盛んに揉み立てる時なんだろう。彼にして、若し少しでも物事を比べて見る丈の力が有れば、僧正の心と自分の心とを比べても見るだろう。自分が自分の目に、全く人鬼の様にも見えるだろう。彼は天国の光に照らして自分の悪相を、愛想の尽きる程に見入った。

 終(つ)いに彼は何うしただろう。それは知らない。此の夜の夜半(よなか)を過ぎ、世間の寝静まった三時頃に、ダインの町を通った郵便の飛脚が有る。その者が丁度彼の彌里耳僧正の住居(すまい)の前を通過した時に、その戸口に一人の男が地に伏して合掌し、神にでも祈る様な身振りで一心に家の中を拝んで居た。
  *  *  *  *  *  *  *
   *  *  *  *  *  *  *
 此の男が戎・瓦戎である事は、言う迄も無い。彼が再び話の表に現れる時は、何の様に成って居るだろう。抑(そもそ)も又何所へ現れて出るだろう。


次(十二)へ

a:67 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花