巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

aamujyou112

噫無情(ああむじょう)  (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

ビクトル・ユーゴ― 作  黒岩涙香  翻訳  トシ 口語訳 *

since 2017.7.22


下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

噫無情    仏国 ユゴー先生作  日本 涙香小史 訳

   百十二  無惨

 毎晩此の後は、此の庭で二人が逢った。何をするのでも無い。唯だ手を取り合って密々(ひそひそ)と語るのだ。其の間には守安も自分の身の上を語り、小雪も自分の知って居る丈を語った。もう如何しても二人は離れる事は出来ない。別々に生きて居る事も難しかろう。生きて居る気も無いだろう。

 一カ月、又二ケ月、一夜でさえも欠かさずに、守安は小雪の家の庭に忍び入った。雨が降っても構わなかった。偶(たま)には戎瓦戎が家に居て、小雪の出られない事も有った。其の様な事が却って二人の相思う心を強くした。

 この様にして戎瓦戎の掌の中の珠(たま)は、全く守安の物となって了(しま)った。誠に無残である。知らなければこそ済んで居るが、若し知ったなら何うであろう。
 けれど此の様な思い遣りは、若い二人の心には少しも浮かばない。自分達以外の天地に何の様な事が有ろうとも、二人の世界へは其の風が吹いて来ないのだ。



次(百十三)へ

a:20 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花