巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

aamujyou114

噫無情(ああむじょう)  (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

ビクトル・ユーゴ― 作  黒岩涙香  翻訳  トシ 口語訳 *

since 2017.7.24


下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

噫無情    仏国 ユゴー先生作  日本 涙香小史 訳

   百十四  様子ありげ

 或る夜守安は小雪の許へ行こうとして家を出ると、途中で嗄(しゃ)がれ声に呼び留められた。
 「守安さん、守安さん」
 微かに聞こえたので振り向いて見ると、乞食の様な若い女が立って居る。之は手鳴田の娘、彼の絵穂子(イポニーヌ)である。

 実の事を言えば、守安は深く此の娘に謝さなければ成らない。小雪の居所を教えて呉れたのが此の娘で、其のお陰で此頃の嬉しい境遇に入る事が出来たのだ。けれど唯小雪の事にのみ気を取られ、其の恩も大方は忘れて、只引き留められるのが癪に障る。何が何でも一刻も早く小雪の家の庭に入り度いのだ。

 「何で私を呼び留めたのです。絵穂子さん。」
殆ど咎める様に問うた。絵穂子は恨めし気に、
 「其の様に言わ無くても好いのに。」
 守安「用事なら聞きましょう。私は急いで居ますから。」

 絵穂子「アレ、人が親切に教えて上げようと思えば。」
 守安「何をです。何事をです。」
 絵穂子は日頃の無遠慮に似ず少し口籠り、
 「貴方はあの後ろーーーあの家へ」
と言うのは小雪の許へ行くか否やを問い度(た)げである。

 守安「言うなら早く言って下さい。」
 此の余所余所しい仕向けに絵穂子は聊(いささ)かスネたのか、
 「ナニ、言わなくても好いのです。守安さん、左様なら」
と言って闇の中へ身を隠した。様子有りげな此の振舞いが、不断ならば尋常(ただごと)で無いと、多少気に掛かる筈だのに、唯だ邪魔者の去ったのを喜び、急いでブルメー街の方に行った。

 ブルメー街の暗い所に、丁度守安の通った時、二人の男が密々(ひそひそ)と話して居た。若し守安が心の平な時ならば其の言葉が耳に入っただろうけれど、彼は人の居る事にさえ気が附かなかった。

 甲「何だアノ家が白髪頭の」
 乙「そうよ、美しい娘と婆やと唯三人だが、白髪頭は夜帰らない事も有る。其の様な時には女二人だ。何の様な仕事でも出来る。」
 甲「其れは有難い。直ぐに同類に触れ伝え、明夜にも襲い込もう。何にしても此の不景気で、こう仕事が無くては、折角牢を脱出(ぬけだ)しても飢えの為に死んで了(しま)うワ。」

 こう言うのは手鳴田の声に良く似て居た。之を聞かずに通り過ぎた守安は不幸である。



次(百十五)へ

a:17 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花