巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

aamujyou12

噫無情(ああむじょう)  (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

ビクトル・ユーゴ― 作  黒岩涙香  翻訳  トシ 口語訳

since 2017.4.12


下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

    噫無情    仏国 ユゴー先生作  日本 涙香小史  訳

       十二 華子

  女学生でさえ堕落する。況(いわん)や女工に於いてをやだ。嘆かわしい次第では有るけれど、若い男女の身に過ちや悪事の有るのは、孰(いず)れの国、孰れの時にも、仕方の無い事と見える。とは言え、一つは社会の仕組みも悪いのだ。可哀想に、貧と言う奴が若い身空の者を駆って、堕落せざるを得ない様な境遇に立たせるのだ。イヤ沈ませるのだ。

 戎・瓦戎(ぢゃん・ばるぢゃん)が、僧正の家の戸口に合掌して祈って居た時から、早や二年の後である。巴里の懶惰(のらくら)学生四人が恐ろしい悪戯(いたづら)を遣(や)らかした。遣った方は冗談だとか、腕が好いと言うだろうが、遣られた方では生涯を誤るのだ。残酷とも言うべきである。

 一々名前は挙げないけれど、地方から遊学に来て居る奴等で、四人とも銘々に情婦が有った。情婦と言うのは孰(いず)れ女工の果てなんだろう。針を持つより学生に仕送られるのが楽だから、それに又年頃でも有り、旨(うま)い学生の口前に騙されて、女工でも無く、処女(むすめ)でも無い一種の遊惰者(なまけもの)に成ってしまった者と見える。

 或時四人と四人と八人が、一群れと為って町はずれの野原へ遊山(ゆさん)《遊び》に出た。是れは学生の方で、驚かせる事が有るからと言って誘い、女の方では、何の様に驚かされる事かと、楽しんで附いて行ったのだ。勿論若い同志だから、傍(そば)から見れば馬鹿げても居るだろうが、当人達は此の上も無く面白く一日を暮らし、そうして遊び草臥(くたびれ)て田舎の茶屋で夕飯を食べた。

 けれど驚かせると言った約束が、何の様な事柄なのか、少しも「驚く」と言う様な波瀾(はらん)が無かったので、女達は、「サア驚かせて下さい。」「何の様に驚かせて呉れるのです。」などと折に触れて迫って居た。スルと学生等は一人去り、二人去って、全員が席を外した。

 サア愈々驚かせて呉れる事と女どもは目を見合わせて窃(ひそか)に笑って居ると、三十分経っても一時間経っても音沙汰が無い。少し怪しんで不安心に思う所へ、その家の給仕が一通の手紙を持って来た。
 「キッと是ですよ。」
と言って、四人額を突き合わせて封を開いて見ると、四人の連名で此の四人へ宛てたもので、中の文句は手切れ状である。

 我々四人は孰れも国に両親が有り、もう学問もして居られないから、只今発足して故国へ帰るのだ。今までの事は互いに夢を見たと断念(あきら)めて呉れ。茶屋の勘定は済ませて有ると言う意味を籠めて有る。

 是が驚かずに居られようか。多分は嬉しく驚ろかされる事だと思ったのに、そうでは無くて、恨めしく驚かされたのだ、余りの事で、四人は本当の事だとは思う事が出来なかった。けれど全くの事実であった。直ぐに外へ出て、問い合わせたり、聞糺(ただ)したりして見ると、四人とも、巴里の方から来た馬車に乗り、地方の方へ向けもう一時間も前に立ち去ったとの事である。

 悔やんでも仕方が無い。冗談と見せて冗談で無かった。此の後、幾日(いくか)幾月経っても、イヤ幾年経っても、彼等学生は再び巴里へ来なかった。彼等の或者は田舎の代言人(だいげんにん)《弁護士》とも成り、或る者は村会議員とも成り、或る者は地主様とも成って、先ず田舎紳士と言う資格で、相変わらず銘々の土地の空気を腐らせつつ、面白可笑しく生涯を送っただろう。

 振り捨てられた女の方は、四人の中が三人まで単に平気で有った。ナアに有りがちの事なんだよと、殆んど気にも留めなかったのは、自分等が幾等かでも、学生の財布を吸い取ったのを、手柄と心得て居るのだろう。そうして直ぐに後釜をでも捜したに違い無い。

 けれどもだ、四人の中に、唯一人本当に泣き悲しんだ女がある。その名を華子と言い、四人の中で年も若く、そうして一番の美人で、一番世間知らずで有った。年はその時が十八歳、生まれは此の国の北海岸にある、モントリウルと言う小都会の貧家で、幼い頃、両親に死なれ、父の顔をも母の顔をも覚えず、その土地で育ちはしたけれど、女工と為って巴里へ来たのだが、全く頼り無き身の上だけに、親切にして呉れる彼の学生を生涯の所天(おっと)であると思い、騙されるとは知らずして騙されて居た。

 それ丈ならまだしもだけれど、捨てられた時、実はその学生の胤(たね)を宿して居た。
 身重の身体(からだ)で、最早や骨の折れる真面目な仕事とては出来ず、読み書きは唯自分の名前だけで、それ以上は分からないゆえ、人に頼んで三度まで手紙を認(したた)めて貰い、その学生の許へ送ったけれど、何の返事も無い。遂に泣き泣き断念(あきら)めたが、間も無く美しい女の児を産み落とした。

 世に初めての女の児ほど、母に取って可愛い者が有るだらうか。その愛に引かされて、悲しさをも辛さを乗り越えたけれど、乗り越えられないのは、暮らし向きである。若し此の上に堕落して真の醜業婦にでも成れば、本来の器量好し、随分贅沢にも世が送れただろうけれど、その様な気質では無い。

 その児が数え年、三歳に成った時、是では末の見込みが無いと熟々(つくづく)思い込んだので、自分の生まれた田舎へ帰る気に成った。故郷ならばまだ知った人も有り、工場へ雇われて、何うにか生活して行けるだろう。

 併し故郷へは、児を連れて行っては駄目だ。都と違って、堅い田舎の人が、私生児など連れて帰れば、唯だ此の身の堕落を賎しむのみで、誰が世話などして呉れる者か。帰る途中で何所かへ預ける事にしようと、辛い思案では有るけれど、血を吐く様な思いで、心を定め、先ず自分の着物の中で、絹の物は総て児の着物に仕立て直し、家財道具を売り払って、二百法(フラン)(現在の約百万円)の金を得た。

 その中で溜まって居る借金などを払い、更に多少の支度をもして、残る八十法(フラン)を懐にし、重い鞄(カバン)一個を携へ、児を背に負い、田舎を指して巴里を出た。今まで貧しいとは言っても、身には綺麗な着物をまとい、日々化粧などもしていたが、打って変わって元の粗末な女工の姿に返ったのは、この様な女としては、中々の勇気である。この時この華子の歳は二十二であった。



次(十三)へ

a:43 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花