巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

aamujyou130

噫無情(ああむじょう)  (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

ビクトル・ユーゴ― 作  黒岩涙香  翻訳  トシ 口語訳 *

since 2017.8. 9


下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

噫無情    仏国 ユゴー先生作  日本 涙香小史 訳

   百三十 守安の最後

 守安が蛇兵太の既に射殺されたと聞いて身震いした時が、此の堡塁《砦》の滅びる兆しで有った。大浪の様に押し寄せる官兵は、後から又後からと重なって、殆んど人を以て町を埋め、堡塁を越えて其の中に乱入した。打(ぶ)ち合い、叩き合い、捻じり合い、取っ組み合い、殺し合い、全く目も当てられない様で、人と人とが犬と犬との様に噛み合った。哀れ、死を決して居た守安も遂に其の目的を達した。

 彼は何れほど手傷を負って居たか知れない。顔は額も顎も頬も、虎斑(ぶち)の様に血が流れ、身体に縦横に赤い八重襷(たすき)を掛けた様に血に塗(まみ)れ、其れでも猶まだ当たり次第に人を打ち倒して居た。実に彼は本田大佐の息子たるに恥じ無い。何うしてこれ程迄の勇気が人間の身体に備わって居たのか、傷つくだけ強くなり、疲れれば疲れるほど勇み立つ様に見えた。全く勇士の魂が血統で伝わって居るのだろう。

 けれど一人の力が何時まで続く者では無い。終に彼は、最後の傷の為に倒れた。
 彼は倒れる時、気が遠くなった。けれど夢の様に、薄々と感覚があった。アア俺は今死ぬのだと思った。殆ど嬉しい様に笑んだ。是れで此の世の苦痛が終わったのだ。彼は倒れて後も口の中で祈った。何うか小雪の身が此の後幸いを得る様にと、アア彼の心には小雪の事より外は何にも無い。小雪が彼の命なんだ。

 女も是くらいに人に思われれば、真に果報と云わなければ成らぬ。
 祈る言葉の未だ続いて居る中に、誰やら彼の身に手を掛けた者が有る。彼を捕虜(とりこ)にする様に地から掴み上げた。彼は目を開いて其の人の顔を見る力も無い。唯思った。エエ残念だ。俺は死に切れずして敵の捕虜に成ったのだと。若し生き返れば改めて射殺されるのだと。何うか此の儘(まま)死に度いとこう思った儘で、後の事は何にも知らない。
 
 彼れは一体誰の捕虜と為ったのだろう。


次(百三十一)へ

a:17 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花