巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

aamujyou134

噫無情(ああむじょう)  (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

ビクトル・ユーゴ― 作  黒岩涙香  翻訳  トシ 口語訳 *

since 2017.8.13


下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

噫無情    仏国 ユゴー先生作  日本 涙香小史 訳

   百三十四 哀れ戎瓦戎 二

 常に一眼を守安に注いで居た戎瓦戎は、守安が仆(たお)れたと見るや否や、直ぐに馳せて行って抱き上げた。何うか此のまま何処へか連れて行って、介抱することが出来ないだろうかと、忙がしく四辺(あたり)を見廻した。
 若し、切めて五分間も早かったなら、或いは逃道が有ったかも知れない。今は蟻の這い出る隙間も無い。

 又若し、此れが通常の死骸ならば、家の中へ運び入れることは出来よう。けれど之は死骸で無い。事に依ると猶(ま)だ息が残って居かも知れない。何所か無難な所へ連れて行って、静かに手当して見なければ成らない。此れを家の中へ連れて入れば、必然に敵の手に落ちるのだ。

 家はもう咄嗟の間に敵兵に蹂躙せられるに決まって居る。アア、何が何でも敵兵の囲みの外へ、逃げて出なければ成らない。其の外には一法無しだ。
 戎は思案も定まらずに裏町の方へ逃げた。纔(わずか)かにここの一角の間だけ敵兵が途切れて居る。けれど其れは単に一角だ。

 右の角へも左の角へも出る事は出来ない。出れば直ぐに捕らわれるのだ。それに此の途切れも、唯一分か二分の間に過ぎない。表から家を攻めて居る敵兵が裏口からも攻めに来るのは必定だ。気の所為(せい)か知らないけれど、戎の耳には早や敵の士官が、
 「裏口へ廻れ、裏口へ廻れ」
と叫ぶ声が聞こえる様な気がする。

 真に必死だ。
 何とかして逃げなければ成らない。其れも今直ぐで無くては成らない。戎は前後を見廻した。前は六階の高い家で、家を隔てた彼方からは、雲霞(うんか)の様に群がって居る敵の騒ぐ声が、波の様に聞こえて居る。彼れは今より八年前、警吏蛇兵太に追い詰められて、丁度此の様な場合に立った。此の時は小雪を連れて居た。今は死骸も同様の大の男を抱えて居る。

 其の時は逃れる事が難(むずか)しかった。今は難(むずかし)いを通り過ぎて、全く出来ない場合と為って居る。其の時は縄を捜して尼寺の塀に掛けた。今は縄も無い。其れに目の前は尼寺の様な無難な所と事が違う。もう万に一つも逃れる所が無い。空を飛ぶ鳥ならば兎も角、地を潜(もぐ)る土竜(もぐら)ならば兎も角、人間には絶望だ。

 アア此の身の運が今ここに尽きたのかと、戎は歯を噛んで悔やんだ。もう何うにも仕方が無い。彼は涙さえも出ない乾いた眼で、真に悔しさに我慢が出来ない様に、唯だ大地を睨み詰めたが、地の一方に薄々と異様な一物が現れた。現れたのでは無い。元から在ったのだけれど、現れた様に彼の眼に映じて来た。

 此の辺の町も表町と同じく革命党の剥ぎ取った敷石が散乱(ちらば)って居る。其の一個の下に当たる所に、頑丈な鉄の格子が見えて居る。此の格子は何だ。地下に通ずる下水の樋の掃除口である。格子の大きさは纔(わずか)に二尺(60cm)四方も有ろうか。彼は佶(きつ)と之に目を据えた。

 通例の人に取っては、此の掃除口が何の思い付きにも成ら無い。併(しか)し彼れは之を見ると共に、昔心に浸み込んだ、脱牢の巧みな工夫が胸の底に動いた。彼れは直ぐに其の所に馳せ寄り、鉄の格子に手を掛けて引き起こしたが、重い石も重い格子も彼の怪力には敵しない。間も無く掃除口の蓋(ふた)が開いた。

 ここに至ると、彼は殆ど狂人の様である。自分で何をして居ると考える事もしない。若し考えてすることなら、此れほどの力は出ない。何事をも打ち忘れて、全く夢中の有様で只管(ひたすら)に悶(もが)くから、人間に無い様な力も出るのだ。

 彼は肘を張り足を延べ、身を半分だけ其の穴に入れ、穴の四壁を突っ張って身を支え、死骸の様な守安を肩に載せて、地の下に沈んだ。沈むと同時に石の乗った鉄の格子は元の様に地に塞がった。
 嗚呼、戎は下水の樋の中に沈んだのである。是で逃れることが出来ようと思って居るだろうか。

 何うかすると市中で追い詰められた凶漢などが、下水の樋へ潜り込むことはある。けれど下水は逃道の様には出来て居ない。逃げ果(おお)せることは出来無い。
 其れに巴里の警察は、下水をば悪人を陥(おちいら)せる網の様に心得て居る。捕り物の有る場合には下水に気を付け、曲者の姿が紛失すれば、其の辺の鉄の蓋を引き開けて、下に蹙(すく)んで居る姿を認めて、釣り上げるのだ。

 何でも下水の中に落ちれば、其処に蹙(ひそ)んで居るより外仕方の無い様に出来て居る。戎は其の事を知って居るか知って居ないか。併し彼の場合は、知る知らぬに拘わらず、下水に潜る外は無かったのだ。唯だ此の様な場合に落ちた、彼の身が憐れむ可しだ。而も自分の為では無く、唯だ人を助ける為に、唯だ善の為にだ。

 誠に此の社会に於いては、善を為す方が動(やや)もすれば、悪を為すよりも危険である。のみならず、下水の樋は、巴里の町筋に入り乱れて居る様に、地の下に於いて入り乱れて居る。巴里の町は昼間、聞き聞き歩んでも路に迷うことが多い。況(ま)して地の下の下水の樋に入り、四辺を見る明りも無い、道を問う便(よす)がも無い。

 中には此の中へ隠れて、其の儘(まま)出る事の出来ない為に、死んで了(しま)うのも有る。大掃除の時に、何うかすると其の様な死骸が見つかる。戎はもう死骸と為っての外は、此の世には出られない者と思わなければならない。


次(百三十五)へ

a:16 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花