巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

aamujyou23

噫無情(ああむじょう)  (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

ビクトル・ユーゴ― 作  黒岩涙香  翻訳  トシ 口語訳

since 2017.4.23


下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

噫無情    仏国 ユゴー先生作  日本 涙香小史 訳

   二十三  運命の網

 気絶した華子を、早速に斑井市長は、自分の建てた病院に送らせた。そうして、自分は自ら諸所を奔走して、その夜の中に、華子の今までの身持ちから、苦労し辛抱した次第などを聞き糺(ただ)した。

 華子の容態は思ったよりも重かった。何しろ無理ばかり続いて居る身体だから、一旦躓(つまづ)けば、様々の欠点が現れて来る。それに前から肺に故障の有る所へ、冷たい雪を浴びせられたのだもの、無事に済む筈が無い。詰まるところ、それや此れや種々の原因が重なったのだろう。

 夜中から熱を発して、翌日の昼前に、漸く人心地には回復した。その時初めて華子の口を出た言葉は、娘小雪の名であった。全く華子の心の中には、娘の事より外は何にも無いのだ。

 市長斑井が、華子を傷(いた)わった事は、並大抵では無かった。彼は暇さえ有れば、自分で見廻り、親切な言葉を以て慰めた上、昨夜約束した通り、愈々(いよいよ)小雪を引き取ってやると言い、手鳴田へ払うべき、養育料の滞りなどを調べた。

 そうで無くても華子は、もう深く市長の徳に感じて居るのだから、真実に有難く思い、且つ喜んで、
 「小雪の顔さえ見れば、直ぐに病気は直ります。」
とまでに言った。

 養育料の滞りは百円余りで有った。斑井は之に向かって三百円の金を送り、直ぐに小雪を連れて来てくれと言い送ったが、余(あんま)り金が多かったので、手鳴田は却(かえ)って欲心を発した。彼は妻に向かって言った。

 「エ、屹度華子に好い旦那が出来たんだぜ。小雪を此方(こっち)へ留めて置けば、まだ此の上にも搾(しぼ)れるだろう。」
と。そうして彼は五百円の勘定書きを送った。その内訳の中には医者や薬屋の受取なども入って居る。

 之は自分の娘絵穂子と麻子とが病気した時の書付なんだ。その様な者を取り混ぜて旨く計算を作ったのだ。市長は之を見て、三百園を送った。是では百円余るのだ。そうして、
 「大急ぎで小雪を連れて来たれ。」
との催促を添えた。

 けれど手鳴田は、小雪を連れて来ない。此の後も度々催促を送ったけれど、或いは、此の寒いのに連れて行けば、途中で風邪を引かせるだとか、或いは猶(ま)だ前便に調べ洩れた勘定が有るから、其れを取り調べ中だとか、様々の口実を書き列(並)べ、返事の手紙を寄越すのみだ。

 その中に早や四十日ほどを経たが、華子の病気は益々重くなる一方だ。その重くなる病気の中で、華子は常に小雪の事のみを言い、斑井市長が見廻りさえすれば、
 「小雪は何時来るのでしょう。」
と問うのだ。市長はその度に

 「イヤもう来なければならないのだが、今日来なければ明日は必ず来るでしょう。」
と自分の心に信じて居るままを答えて居たが、小雪は終に来ない。もう此の上は、直々に人を遣(や)る外は無い。

 「そうで無ければ、私が自分で行って来ます。」
と言い、委任状を作って華子に署名させた。その文句は、
 「手鳴田殿、此の手紙持参の人へ、直ぐに小雪を御渡し下され度く候、小雪の身に附いての費用等は、一切此の人が払い申すべく候。華子」
と言うので有った。
 是れさえ持って行けば、幾等手鳴田でも、逃れる道が無いだろう。

 此の委任状を持って、斑井市長が自ら出掛けて行く許(ばか)りとは成ったが。誠に運命の絲(いと)は、目に見え無い網の様な者で、誰も知ら無い間に、人を金縛りにし、思う通りに出来無い様な仕宜(しぎ)《事の成り行き》に立ち至らせてしまうのだ。

 この様な事の間に、他の方面に容易なら無い禍いが熟しつつあった。それは外で無い。彼の蛇兵太から起こったのだ。
 蛇兵太は斑井市長と争ったその夜に、長い手紙を認めて、巴里の政府へ送った。

 何かの密告状ででも有ろうか。或いは市長に対する不平の余り、他の土地へ転任でも請う為に、辞表をでも出したのだらうかと怪しまれたが、市長が明日、手鳴田の許へ立とうと思う前日に、彼は市長の許へ尋ねて来た。

 その様子が、何時もの厳かな彼れと違い、非常に愁いをでも帯びて居ると言う風で、全く打ち萎(しお)れて居る。市長は怪しんで問うた。
 「蛇兵太さん、何の御用事です。」
 蛇兵太は力の無い声で、
 「お願いが有りまして。」
 市長「ハテな、お願いとは。」

 蛇兵太「何うか私を免職する様に、貴方から中央政府へ、御申立てを願います。」
 実に不思議な言い分である。市長は益々怪しんで、
 「エ、免職、免職がせられ度いなら、御自分んで辞表を出すのが好いでは有りませんか。」

 蛇兵太「私はそうは思いましたけれど、自分からの辞職では済みません。私には大変な落ち度が有りますから、免職せられるのが当然です。私は免職を言い渡されるのが、自分の義務だと思います。」

 その落ち度とは、何の様な落ち度かは知ら無いけれど、流石に蛇兵太である。彼の一念は、唯政府と言い、職務と言う事で固まって居る丈に、落ち度に対しても、辞職だけでは済まない者、免職せられなければ成ら無い者と、職務的に信じて居る。彼は職務の有る間、職務的な許かりで無く、職務を失うにも、矢張り職務的に失うのだ。

 彼は職務の化け物である。併しその落ち度とは何だろう。市長は問い返した。
 「ご自分で落ち度とは何の様な事柄です。」
 蛇兵太「ハイ先頃、あの華子と言う女の事に就き、貴方と権限を争いました時に、私は余(あんま)り腹が立ちましたから、直ぐに書面を持って巴里の中央政府へ告発しました。」

 市長は笑った。
 「ハハハ、私を告発、市長の身を以て警察に干渉したと言う告発ですか。
 蛇兵太「イイエ、そうでは有りません。斑井市長はその実、懲役から出て来た前科者で、公の職務を奉ずる、公権の無い人だと告発したのです。」

 斑井市長は返事の言葉が喉に詰まった。出し度くても、声が出ない。顔は殆ど鉛の様な色に成った。
 


次(二十四)へ

a:48 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花