巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

aamujyou27

噫無情(ああむじょう)  (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

ビクトル・ユーゴ― 作  黒岩涙香  翻訳  トシ 口語訳

since 2017.4.27


下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

噫無情    仏国 ユゴー先生作  日本 涙香小史 訳

   二十七 永久の火

 全く難場の中の難場とは斑井市長の今の身の上で有る。世の中に此の様な辛い事情が又と有り得ようか。
 獄中に送った十九年は夢として、その後の艱難辛苦、真に身を粉にする程に働いて、唯人の為をのみ計り、漸(ようや)く今の身分に押し上げられたのに、又元の戎瓦戎(ぢゃんばるぢゃん)に帰らなければ成らない事に成った。

 アラスの裁判所へ自首して出るのは明日の中である。明日の夜を過ごせば、戎瓦戎で無い人が戎瓦戎として終身の刑に処せられるのだ。而も又一方には汪多塿(ワーテルロー)の宿屋から、少女小雪を引き取って来て、死にかけているその母華子に逢さなければ成らない。何から何う運んで好いか、未だ思案も附かない。けれど兎に角早い馬車が要る事だけは確かだから、一日に五十哩(マイル)行って次の日に五十哩帰る俊足の馬と車を雇う事にはした。そうして我が家に帰って来た。

 此の様な時には、何でも心と身体(体)とが確かで無くては成らないからと、先ず充分に夕飯を喫し、その上で二階の居間に閉籠った。ここで良く思案するのだ。先ず考えて見るのに、どうしても自首しなければ成らないだろうか。イヤ必ずしもそうでは無い。私を真の戎瓦戎(ぢゃんばるぢゃん)だと疑う者は、広い世界に蛇兵太の外には無い。けれども彼は既に疑いが解け、その非を悔いて自分から免職して貰い度いとまでに願って居る。

 此のままに放って置けば、彼れは此の土地にさえ、居ない事に成ってしまうのだ。或いは是れが天の配剤では無いだろうか。何も自分からそう仕向けた訳で無いのに、自然に戎瓦戎の身代わりが現れて、私を疑う唯だ一人の証人は、此の通り消えてしまう。全く私に運が有るのだ。天が私を助けて居るのだ。

 私は唯だ知らない顔で、今までの通り、日々の事務を取って居れば好い。そうすれば、無事太平の斑井市長で生涯変わる事は無い。それだのに、何を苦しんで、此の天の恩に背き、再び戎瓦戎と言う、自分でさえ身震いのする様な、浅ましい昔に帰って、此の身を終身刑と言う地獄の底に埋めようとする。出来ない。出来ない。それは出来ない。
 とは言え、今までの艱難辛苦は何の為ぞ。唯だ罪に穢(けが)れた一身を洗い清め、善人として我が心を救い度いのみである。

  「汝、魂を入れ替えよ。生まれ替わった様な人と為れ。」
 是が肝に刻んだ、彌里耳(みりえる)僧正の戒めである。今若し昔の戎瓦戎に帰るなら、生まれ替わった人とは言えない。善人では無い。依然たる悪人の魂である。魂を入れ替えた所が何処に有る。真に我が心を救うには、我が身を永久の地獄に落とさなければ成らない。人の目から見れば之は堕落。天の目から見れば之は復活である。生まれ替わったのである。

 身の極楽は心の地獄、此の世の栄耀(えいよう)《輝き栄えること》は永遠の堕落である。破滅である。彌里耳僧正は此の様な、栄耀の堕落を求めよとは誨(おし)え《丁寧に教え諭すこと》なかった。
 「好し、もう心は決まった。此の身は義務に従わなければ成らない。自首して彼を救わなければ成らない。」
と市長は叫んだ。叫ぶ声が、思わずも口に発して自分の耳に響いた。

 彼は静かに立ってテーブルに向かい、整理すべき書類などを整理し始めた。豊でない取引商人へ送る筈の請求書などは、悉(ことごと)く焼き捨てた。彼の顔は異様に美しく輝いて居る。真に善心が内に満ちて、自ずから外に現れると言う者だろう。是が昔の戎瓦戎だとは恐らく、誰も信じることは出来ないだろう。彼は部屋の一方にある、小抽斗(ひきだし)から財布を出し、有り金を計算した。銀行に宛てて指図の様な書類をも認めた。もう為すべき仕事は為(し)てしまった。

 此の時夜の十二時の鐘が鳴った。彼は唯だ夜の寒さを感ずる外に、何の感じも無い。心がうっとりと鎮まって、自失したのだ。彼は夢中に歩む人の様に、暖炉の前に行き、燃え残る火に炭を加え、その前に身を置いた。眠るかと見れば眠るでも無い。余り心を疲れさせた反動が来たのだろう。物を考える力も無い。唯だ昏々として絶え入る様な状態で有ったが、この様な中にも、自分で自分の心が、次第に消えて行くのを感じた。是れでは成らないと、幾度か自ら励まして、遂に突然に驚き立った。

 「ハテな、何事を考えて居たのだろう。そうだ自首して出るに決したのだ。」
と呟いた。
 之れと共に又様々の事を考え廻したが、強く心に浮かんだのは華子の身の上である。
 「アア可哀想に。」
 嗚呼真に可哀想である。可哀想との此の一念が、又今までの一切の思案を破ってしまった。危うい哉(かな)。危うい哉。彼は全く局面の一変した様に感じた。イヤ自首する前に猶(ま)だ考えて見なければ成らない。

 待てよ。待てよ。自首して我が魂を清くするというのも、生まれ替わった人間に成るというのも、矢張り我が一身の為では有るまいか。自分と言う一身はそれで気が済むとしても、他人の身の上は何うだろう。自分の外に他人の身をも考えなければ成らない。
 結局此の土地の魂が消えるのだ。土地の魂が消えるのだ。今までの我が工業で富んだ人も、再び貧しい境遇に陥るのは無論の事。私が去ると共に、土地総体に、貧苦と窮厄(きゅうやく)《生活が行き詰まること》とが押し寄せて来る。

 土地が再び堕落する。アア唯自分の一身を清くしたいが為に、こうも多くの人の難儀と為るのを、知らぬ顔で見過ごして成る者か。若しも自分が、今ここで自首の心を翻(ひるが)えし、自分の身は永久に滅びようと堕落しようと、何の様でも好いとして、今から十年の間、市長の職を勤め続けたなら、何うで有ろう。千万圓の財産は容易に出来る。その千万圓を以て慈善の道に費やせば、恩に浴する人は、何れ程と言う数が知れない。

 土地は益々繁昌する。工場も増し仕事も増え、幾千の家や家族が、富栄えて幸福を得る事も出来る。泥坊も盗を止め、詐欺師も詐欺を廃し、堕落に身を売る女も無ければ、身を持ち崩す少年も無く。風俗は厚くして人情も改まり、社会の少なからぬ部分が楽園の様になり、その影響は四方にも後世にも広がって無窮《果てしが無い》である。

 本当に世に対する功徳とは是である。何して此の鴻大《広大》な世の功徳が、自分一身の魂や心の為に捨てられよう。此の身は死して後、永久の火の中に投ぜられ、限り無き呵責(かしゃく)《厳しく責めさいなむ事》を受けても好い。此の世を救わなければならない。

 全く彼の心は翻(ひるが)えった。自首はしない。何所までも斑井市長で押し通さなければ成らない。現に天が此の身の為に、身代わりの人まで作り、この様にせよと示して居るのだ。是をするには、もう自分が昔戎瓦戎で有った事を、心の底から忘れなければ成らない。
 是で初めて男らしい領見が定まったと、彼は何だか嬉しい程に感じ、又も立って、小抽斗(ひきだし)の所に行き、小さい鍵を取り出して壁の隅に在る、秘密の押し入れの戸を開いた。

 此の中には彼が昔の記念として、あの出獄した時に着て居た、戎瓦戎の着物と杖と帽子と皮の袋とを納(しま)って有る。之が有っては戎瓦戎と言う事を思い出す種だから、先ず之を焼き捨てなければ成らない。彼は此の品々を、押し入れの中の箱の底から取り上げた。取り上げて良く見ると、流石に今昔の感に耐え兼ねてか、我知らず身が震えた。けれど彼はもう怯(ひる)まない。見るその目先に、又何か転がって落ちた物がある。是は銀貨だ。彼がダインの野原で、足に踏み付け奪った子供の物なんだ。

 彼は又身を震わせつつ、今度は暖炉(ストーブ)の火を眺めた。此の品々を焼き捨てるには、充分な火が燃えて居る。けれど何だか気が後(遅)れる。何(どう)も焼く程の勇気が出にくい。彼は三度部屋の中を見廻した。部屋には彼の此の振舞いを見張って居る物が有る。それは彌里耳僧正から与えられた、あの銀の燭台で有る。

 若し彼をして、到底その昔を忘れる事が出来無くしている者があるとすれば、それは昔着た着物や帽子などでは無く、此の燭台なんだ。彼は此の燭台に照らされて、何うして今思って居る様な事が出来よう。

 「先ず此の燭台を鋳潰して、只の地銀(じがね)の塊にしてしまわなければいけない。」
と彼は呟き、今まで取り上げた着物を放し、燭台の傍に歩み寄った。そうして先ずその一個を取り、その尖(さき)の一端を以て、暖炉の火を突き起こした。

 思え彼よ。此の燭台を焼き潰すのは、その良心をまで焼き尽くす者では無いか。


次(二十八)へ

a:42 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花