巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

aamujyou31

噫無情(ああむじょう)  (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

ビクトル・ユーゴ― 作  黒岩涙香  翻訳  トシ 口語訳

since 2017.5.1


下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

噫無情    仏国 ユゴー先生作  日本 涙香小史 訳

   三十一   重懲役終身に

 此の夜、華子の所へ回診に来た医師は、華子の容体の変わって居るのに驚いた。今朝見た時は殆ど晩まで持つだろうかと気遣(づか)われる程で有ったのに、今は熱も下がり、呼吸の調子も揃って居る。その上に当人の心に何か嬉しい所の有るかの様にも見える。
 全く市長が我が娘小雪を連れて来て呉れる事と信じて、その喜びに全身が力を得たのだ。心の引き立った為に、一時病を忘れたのだ。但し何時まで忘れて居る事が出来るだろう。
 *     *       *      *       
    *      *      *      *   
 それは扨(さ)て置き、市長の馬車は遂にアラスの町に着いた。丁度夜の八時であった。市長は或宿屋の前で馬車を降り、賃銭を払って、馭者と第二の馬とを帰し、自分の初めから雇って来た馬は、自分で引いてその宿屋の馬屋へ預けた。此の時まで彼は無言で有ったが、初めて口を開き馬屋の番人に問うた。

 「何うだろう、此の馬は明朝直ぐに又、旅行の役に立つだろうか。」
と彼は来て早々に、早や帰る事を考えて居る。
 番人は答えた。
 「余程疲れて居ますから、二日は休ませなければ成らないでしょう。」
と。

  市長は直ぐに宿屋の店に入って行って又問うた。
  「郵便馬車の出る所は何処だろう。」
と。此の頃の郵便馬車は、旅客の便乗を許したから、彼はそれに乗る積りなんだ。やがて店の者に案内せられて、郵便馬車の出発所へ行き、

 「明朝フアノールの方へ立つ一番の馬車は何時だ。」
と聞き、午前の一時だとの返事得て、更にその馬車に便乗出来るかと問い、まだ一人分だけ空席が残って居ると聞き、やっと安心した様に、
 「それではその空席を約束する。」
と言って、即座に代価を払ってしまった。
 こうして置けば間違いは無い。

 嗚呼、何だか彼の所業は、まるで全く逃げ支度の様だ。
 急ぎの用の為に此の地へ来て、まだ一言もその用事には、触れもしないで、先ず帰ることにを苦労して居る。
 彼は帰る事が出来る者と信じて居るのだろうか。自分の身代わりの馬十郎を救えば、自分の身は何うなるか分からない。自首して出る人が、先ず帰りの用意とは、少し不審と言わなければ成らない。

 是で見ると彼の心は未だ決して居る訳では無い。今日一日、馬車の中で考えた筈なのに、昨夜一夜、我が家で考え明かした時と同じく、何の決定にも達せずして、唯裁判所へ行って見る心なのだろうか。真に全く運を天に任すと言うより外に、彼の考えは出来て居ない。

 彼は是より徒(いたずら)に市中を徘徊した。多分裁判所を捜してだろう。探したとて、知らぬ土地で分かる筈が無い。誰か人に聞けば好いのに、彼は誰にも聞かない。随分聞くべき人に逢うのに、厳重に口を塞いで居るのは、気が進まないのだろうか。此の様にして天運を待つのだろうか。けれど遂に聞いた。それは充分に四辺(あたり)を見廻した上で、提灯を提(さ)げて来た一人の老人に向かい、

 「此の地の裁判所は何所でしょう。」
と。聞かれた人は親切だ。
 「裁判所は今普請中で、仮に市庁の楼上を充ててあるのです。市庁は丁度私が行く方角ですから、一緒にお出でなさい。」
と答えた。

 市長は此の人の後に付き、無言で歩んだが、数百メートル行くと、二階の窓に灯光(あかり)の指して居る大きな建物の前に出た。その人は告げた。
 「アア貴方は仕合せです。未だ裁判が開かれて居ます。アレ二階の灯をご覧なさい。あれが仮の法廷です。」
と言い、更に
 「貴方は証人ですか、傍聴ですか。」
と問うた。

 市長は口籠りつつ、
 「ナニ弁護士に用事が有るのです。」
と、聞こえないほどの低い声で答えた。
 是で見ると、彼れは自分がここへ来た事を、誰にも知られ度く無いと見える。自首するならば直ぐに世間中へ広がるのに、今更何を気兼ねするのだろう。その人は又言った。

 「アア弁護士の溜まりならば、真ん中の階段を上って行けば好いのです。」
 彼は言葉に従って中に入り、真ん中の階段を登ったが、上の廊下で弁護士らしい服を着けた人に逢った。直ぐに問うた。単に
 「未だ終わりませんか。」
と、弁護士は何事と問い返しもせずに、
 「イイエ終わりました。」

 「終わりました。」
の一言が市長の耳には何の様に響いただろう。彼は思わずも、
 「エ、エ」
と叫んだ。
 早や裁判が終わったのか。馬十郎は戎瓦戎(ぢゃんばるぢゃん)の身代わりとは成ってしまったのか。弁護士は此の叫び声の鋭さに気が附いて、

 「ヤ、貴方は被告の親戚か何かですか。」
 市長「イイエ、誰にも関係は無いのです。シテ宣告も済みましたか。」
 弁護士「無論です。何も宣告だけを延期する謂(いわ)れがが有りませんもの。」
 市長「矢っ張り。其れではーーーー重懲役に。」
 弁護士「そうです。重懲役終身に。」

 廊下の灯光(あかり)が暗くて、此の時良く市長の顔の見えなかったのは幸いである。
 彼は咽喉(喉)でも絞められた様な声で、殆んど聞き取り兼ねるほど低い声で、
 「愈々(いよいよ)当人に違い無いと。。。。。イヤ人違いで無いと定まりまして。」
 弁護士は蒼蠅(うる)さそうに、

 「ナニ人違いで有るの無いのと言う問題は、初めから無いのです。極明白な事件で、陪審員なども、唯予謀の有ったと言う点に不同意を唱えた丈です。何しろ彼女が自分の児を殺したのは、確実ですから。故殺として終身です。」
 何だか話が祖語して居る様でもある。

 市長「エ、彼女、では女ですか。」
 弁護士「無論です。貧家の妻が自分の児を殺したのです。私の弁護を託されたのは、此の事件丈ですが。貴方は別の件をお尋ねですか。」
 市長は曖昧に、
 「イイエ、けれど終わったなら何故あの部屋にまだ灯光(あかり)が附いて居ますか。」

 弁護士「あれはその次に、今から二時間ほど前に開廷した別の件です。」
 市長「エ、別の件、別の件、何の様な。」
 弁護士「是も極簡単ですよ。詰まらない窃盗の類でしょう。何でも前科者だと言う事で。何とか難しい名の爺ですが。その顔を見た丈で、有罪と分かって居ます。」

 此の件だ。此の件だ。此の件が身代わりたる馬十郎の公判に極まって居る。
 市長「傍聴出来ましょうか。」
 弁護士「イヤ満員の様ですから。誰か出て来る人の有るのを待って、その人の代わりに入る外は無いでしょう。」
 市長「何の戸口から入りますか。」
 弁護士「彼許(あそこ)の最も広い戸口から。」
と、言い捨てて弁護士は去った。

 僅かの間の問答では有ったけれど、市長は弁護士の一語一語に火水の責め苦を受ける様に感じた。そうして最後に、未だ馬十郎の公判が終わらずにあることを合点し得て、深い深い息を吐いた。けれどその息が安心な為に出たのか、当惑の為に出たのかは、自分の心にも分からない。





次(三十二)へ

a:35 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花