巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

aamujyou34

噫無情(ああむじょう)  (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

ビクトル・ユーゴ― 作  黒岩涙香  翻訳  トシ 口語訳

since 2017.5.4


下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

噫無情    仏国 ユゴー先生作  日本 涙香小史 訳

   三十四    傍聴席 二

 思い出すのさえ恐ろしい様な惨憺(さんたん)《酷く薄暗い》たる自分の履歴を、目の前に繰り返して見せられることは、真に運命の悪戯(わるふざけ)である。自分の通りの戎瓦戎(ぢゃんばるぢゃん)が、昔自分の立った通りに裁判官の前に立ち、自分を論告した通りの検察官が、戎瓦戎の罪を数えて居る。二十七年前の事が夢で、今此の裁判が真事(まこと)だろうか。今が夢で昔のが真事(まこと)だらうか。イヤ今のも昔のも真事である。

 唯違って居る所は、昔自分の裁判せられた時には、判事長の背後に置物が無かったにの、今此の法廷には判事長の後の棚に、十字架が載って居る。
 アア彼の時の裁判には、神が照臨ましまさなんだ。罪の無い身を罪するとは、世に神は無いものかと疑ったが、今の此の裁判には、確かに神が照臨して居たまうのだ。人の心の底まで見破って、明らかに罪の有る者と無い者とを分かち給うに違いな無い。

 市長は昔し、戎瓦戎が彌里耳(みりえる)僧正の寝室に忍び入ったとき、暖炉(ストーブ)の棚の上に丁度此の様な十字架の載って居た事をさえ思い出した。彼の十字架は、その両の手を差し延べて居るのでは有るまいか。市長は自ずから頭が下がった。

 前には厳めしい裁判の様子を見た。背後には此の十字架を控えて、彼は再び首を上げる事が出来ない。殆ど何人にも我が顔を見られまいとする様に、小さくなって人の底に沈んだ。

 けれど裁判の恐ろしい有様が、一々我が心に襲い入る事を防ぐ事が出来ない。彼は弁護士の弁論をも首べを垂れて聴いた。之に対する検察官の駁論をも聞いた。首を垂れ目を閉じて居る丈に、却ってそれ等の進行の様子が、彌(いや)が上にも物凄く感ぜられる。時々耐(こら)えかねて、顔を上げもするけれど、その背後の十字架も、我が為に特にその著しさを増す様に思われる。

 その中に裁判長の声として、被告に、
 「何か申し立てる事は無いか。」
と問い、被告が何も答えない為、更に念を推して、
 「第一に汝は果物を盗んだか否や。第二に汝は戎瓦戎であるか否やを答えよ。」
と言い添える声も聞こえた。

 被告は卒然と声を発した。
 「私は鍛冶屋の職人。巴里のバルーブと言う馬車屋に、長い事雇われて居ましたが、取る年で仕事が出来ない為め放免せられ、その後は流浪同様の身の上です。日々の食う物が無い為に、途中に落ちて居た枝のままの果物を拾いましたけれど、人に雇われて世を渡るのです。巴里の馬車屋バループ氏へ問い合わせて下されば、私が前科者で無い事は分かりますのに。

 お役人の言うには、その馬車屋は破産して、主人バループ氏は行方が知れないと言う事です。それではもう私の身の照明(あかり)を立てて呉れる人は無いのです。私が自分で前科者で無いと言っても無益です。検察官のお言葉では、その方はフエプロル地方に生まれ、オーバルに居る姉の家で育ったのだろうと仰せられます。自分で自分が誰の児だか、何所に育ったか知りません。

 私の知らない身の上を、検察官は良く御存知です。私をその方は戎瓦戎だと仰せられます。或いは私には其の様な名が有るかも知れませんけれど、誰に名を附けて貰った覚えも無く、自分で自分の戸籍を洗った事も無いのです。小さい時は、
 「此の餓鬼」
と人に呼ばれ、年取ってからは
 「此の爺」
と言われます。何れが本当の名だか分かりませんけれど、自分では馬十郎だと思って居ますが、若し何方(どっち)にか取り極めねば成らないのなら、何うかお上で、篤とお取り調べの上、何方にても、ヘイ、宜しい方へお定めを願います。」

 此の様な憐れむべき者が又と有ろうか。更にその上に此の者を、自分の身代わりとして、自分で思うさえ毛髪の逆立つ様な、重懲役の牢の中へ押し落して済むだろうか。市長は首を垂れたまま動きもしない。誰も気が附かないけれど、殆ど生きて居るか死んで居るか分からない程だ。検察官は、此の異様な陳述を聞き、自分の研(磨)き立てた雄弁の結果も、幾等か掻き消される様に感じたらしい。直ちに立ち上がって判事長に向かい、

 「裁判長閣下、被告は愚人の真似をして、何も彼も、怪しそうな言葉を以て言い消そうとする様子、実に驚くべきほど巧妙です。この様な犯罪の上に、恐るべき天才を持って居る所が、戎瓦戎たる所以だろうと思われます。彼に非(あら)ずして、誰かこうまで明白な罪に対して、更に人心を惑そうと勉めましょう。本官はここに再び、彼(あ)の四人の証人を召し出し、改めて被告の顔を見させる事を請求します。」

 再び四人の証人が呼び出されるのだ。
 幾等幾十の証人よりも唯一人、動かすべからざる大証人が、此の場中に潜んでいることを、誰が知っているだろう。





次(三十五)へ

a:32 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花