巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

aamujyou41

噫無情(ああむじょう)  (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

ビクトル・ユーゴ― 作  黒岩涙香  翻訳  トシ 口語訳

since 2017.5.11


下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

噫無情    仏国 ユゴー先生作  日本 涙香小史 訳

   四十一   入獄と逃亡 一

 華子の死骸の横たわって居る寝台の方へ戎瓦戎(ぢゃんばるぢゃん)は近づいた。けれど彼は依然として鉄の棒を持ったままである。若し蛇兵太が邪魔でもすれば、叩き殺すとの見幕が、その落ち着いた陰気な顔に現れて居る。流石の蛇兵太(じゃびょうた)も何うする事もとも出来ない。唯だ戸口の辺りに立って、彼の為す所を見張って居るのみである。

 彼は鉄の棒を杖について、無言で華子の死骸を眺めた。此の時の彼の感慨《身にしみて感じる事》は何の様だろう。言うに言われぬ憐(あわ)れみの色が満面に現れて、唯だ黙然、唯だ暗然として、暫らくの間身動きさえもしなかった。やがて彼は気を取り直した様に、華子の枕許に膝を折り、死骸の首を抱き上げる様にして、その耳に口を当て、細い細い声で、何事をか囁(ささや)き告げた。果たして何事を囁いたのだろう。

 囁(ささや)く方は今牢へ引き立てられる人。囁かれる方は既に此の世を去った身である。両人の間に何の様な黙契(もっけい)《無言の中に気持ちが一致する事》が有ろうとも、口から耳にその情が通ずるだろうか。若し華子が此の囁きを聞いたとすれば、冥府から聞き取ったのだ。此の世の人は誰もその声、その言葉を聞く事が出来なかった。けれど聞こえると聞こえないとに拘わらず、囁く方は是で気が済むのだ。愚痴か迷いか知らないけれど、此の愚痴、此の迷いが、人生の最も崇高な力である。趣味である。信仰である。

 兎に角も、此の様を親しく見て居た看護婦長が、後で幾度も人に語った所に依れば、戎瓦戎が囁くと共に、華子の死に顔に、一種の神々しい笑みが浮かんだと言う事である。此の看護婦長は尼さんである。深い宗教の信仰に生涯を捧げて居る人だから、嘘は吐(つ)かない。何の様な事が有ったとしても、無い事を有るとは言わない。或いは全く戎瓦戎の親切な言葉が、華子の霊に通じたかもしれない。

 華子と戎瓦戎の様な、意気の相合し、同情の相結ばれて居る間柄には、死後と雖も霊犀一脈(れいさいいちみゃく)《人の意思が通じ合うことのたとえ》のその情が、通ずる所が有るかも知れない。
 この様にして、戎瓦戎が自分の顔を退(ひ)いた時には、全く華子の顔がその前とは違った様に美しく成って居た。是は戎がその開いた眼を撫で卸して閉じて遣り、額に掛かった、短い髪の毛を撫で上げて遣り、そうして傾いた枕をも直して遣りなど仕た為でも有ろう。

 全く華子は天国に登った人の様に、顔が輝いて居る。思うに、人の死ぬと言う事は、更に明かるい所に出ると言う事かもしれない。戎は更に華子の冷たい手を取って、之を戴いた。戴いた後で、懐かしい人に分かれる様に、その手を接吻した。是で戎の勤めは済んだ。此の様な人に、こうまで親切にせらるれば、華子に若し霊あらば、深く感ぜずには居られないだろう。

 此のようにして戎は静かに立った。そうして此の方なる蛇兵太に向かい、
 「サア、命令に従いましょう。」
と言った。
  *    *    *    *    *    *
  *    *    *    *    *    *
 直ぐに戎瓦戎は、此の市の監獄に投ぜられた。追って中央の監獄に移されのである。無論市中の驚きは並大抵ではなかった。市長の捕縛、市長の捕縛と、口から口に伝わったが、彼は前科者で有った。偽名を以て此の市民を欺いて居た。

 本名は戎瓦戎と言うのだと、様々に語り合う噂が、彼の今までの功労を掻き消してしまった。今まで甚(ひど)く彼の功徳や善根に服して居た人までも、
 「そうだろうよ。身分不相応に得た金で無ければ、彼(あ)あまで人に施す事は出来ない筈です。」
などと言い合った。

 人情の反覆(はんぷく)《裏切り》、手を反(かへ)すが如しとは、此の様な事を言うのだろう。
 けれどこの様な中にも、彼に忠実な者は有った。その一人は彼の家に雇われて居る老女である。 

 老女は主人の入牢を聞き、驚きも呆れも泣きもしたけれど、一旦驚きが収まっては、唯主思いの一点で、昼も陰膳を据え、夜に入っても、毎(いつ)も主人が役所から帰って来て、二階の部屋へ行く時に、取って行く居間の鍵を、常に掛ける柱時計の下に懸け、若しや主人が常の通り帰って来たとした所で、小言一つ言われる点の無い様にし、自分は孤燈の影に針仕事をして居た。

 こうまで忠実に勤務するのは、全く主人の薫陶に出た事だろう。早や夜の八時とは成った。普段ならば、もう遅くても門の大戸が開いて、主人の足音の聞こえる頃であるのに、その音のしないのが、非常に物足らない様に思われ、殆ど心細さに耐えられない。良(やや)あって、部屋の一方に在る時計を見ると、時計の下へ懸けて有る主人の居間の鍵をば、外の戸を開いて、手を差し延べて取らうとして居る者が有る。 

 門の大戸が開かないのに、何者が何うして入って来たのだろうと、老女は非常に驚いて、殆ど叫び声が口まで出た。けれど叫けびはしなかった。鍵を探るその手首、その袖口、確かに見覚えがある。我が主人である。
 「オヤ旦那様ですか。」
と押し伏せた様な低い声で言うと、
 「婆や、静かにおし」
と言って、音もさせず戸を開いて中に入ったのは、全く主人である。昨日までの斑井市長、今の戎瓦戎である。彼は先刻牢に入ったばかりだのに、何うしてここへ現れたのだろう。その得意の術を以て、牢を脱しで来たのである。





次(四十二)へ

a:39 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花