巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

aamujyou48

噫無情(ああむじょう)  (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

ビクトル・ユーゴ― 作  黒岩涙香  翻訳  トシ 口語訳

since 2017.5.18


下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

噫無情    仏国 ユゴー先生作  日本 涙香小史 訳

   四十八  X'節(クリスマス)の夜 二

 「未だ俺の馬に水を遣(や)って無いのだぜ。」
此の一語が小雪の耳には、殆ど死刑の宣告の様に響いた。もう何しても水汲みに行くのは逃れられない。
 女主人は何気なく答えた。
 「その様な事は有りません。宵に水を遣った筈です。」
客は言葉に力を籠めて、
 「イヤ、遣って無いよ。遣って無いよ。」

 小雪は穴を出る鼠の様に、恐々テーブルの下から這い出て、
 「先程を飲ませましたよ。私が馬桶(ばけつ)に一杯提げて行って。そうして私と馬と話しをしましたわ。」
 是は嘘である。境遇の辛さ苦しさが、八歳の少女に此の様な嘘を言わせるのだ。

 客は嘲(あざけ)り笑って、
 「何だ此の小女は、鼠の様な小さい体で、象の様な巨(でか)い嘘を吐(つ)いてさ。何アに水を呑んだか呑まないかは、馬の息で俺には分かる。」

 もう何と言い抜ける道も無い。けれど小雪はまだ言い抜け様と勉めた。聞くも痛々しいほど憐れな声で。
 「沢山に水を呑ませたのに、」
 客は面倒と言う風で、
 「何でも好いから、直ぐに水を遣って呉れ。」
 小雪は小さくなって、又テーブルの下の、ズッと奥の方へ引っ込んでしまった。

 此のとき女主人は蒸煮鍋(しちゅうなべ)から離れて、
 「お客様が、水を遣れと仰有(おっしゃ)れば、何度でも遣るが好い。」
と言いつつ四辺(あたり)を見廻して、
 「オヤ、あの餓鬼は今ここに居たかと思えば、又隠れてしまった。コレ小雪、小雪。オオあの様な奥まで引っ込んで、コレ出て来ないか。」

 小雪は仕方無く又出て来た。
 女主人「サア直ぐに厩(うまや)へ行って、馬に水を遣って来い。」
 下女に言うよりも、もっとひどい言い様である。小雪は泣かない許(ばか)りの声で、
 「水は有りませんもの。」

 女主人「無ければ崖下へ行って汲んで来るのさ。」
と、言うのは造作無いけれど、暗闇を二十町(約2km)も、小雪の足では一時間掛かる。重い桶を下げ、寒い夜風に吹かれれて、アア是が八歳の少女に出来る事だろうか。小雪が恐れ戦(おのの)くのも尤(もっと)もだ。

 「サアここに馬桶(ばけつ)が有る。」
と主人は土間の隅から、大きな亜鉛(とたん)の提げ桶を、投げ出す様に小雪の前に置いた。小雪の身体よりも桶の方が大きい。小雪は悄々(しおしお)として、桶の蔓(つる)に手を掛けた。
 「そうして帰りには、麪(ぱん)を一斤買って来るのだよ。」
と女主人は言い足し、十五銭の銀貨一個を投げ与えた。小雪は、腰の辺りに在る、衣嚢(かくし)の中へ之を入れて、まだ出兼ねる様子に見えるのを、女主人は容赦も無く店先の戸を引き開け、

 「サア早くだよ。」
と怒鳴った。小雪は宛(あたか)もその声に、吹き飛ばされる様に、提げ桶と共に転がって外に出たが、外には夜店の燈明(あかり)が、所々に燻(くすぶ)った光を放ち、闇の中に各々領分を占めて居る。
 夜店のうち、直ぐに軍曹旅館の筋向いに在るのは、子供の玩具(おもちゃ)を売る店で、最も人の目に附く所へ、看板同様に大きな人形が立ててある。

 身長(身丈)が二尺も有って、縮緬の美しい着物を着、肩に艶やかな髪の毛の懸った愛らしさは、通り掛かる女の児の足を引き留め、立ち去る事が出来ない程の力が有る。
 小雪の主人の娘、絵穂子、麻子(イポニーヌ、アゼルマ)の両人も、昼間から幾度と無く此の店先に立って、此の人形に見惚(みと)れるけれど、何しろ容易ならない値段だから、母に強求(ねだる)ほどの勇気も出ない。強求(ねだ)れば、直ぐに叱られるのが見えて居るのだ。

 小雪は苦痛の中ながらも、流石は女の児だ。此の人形を見ると共に、桶を持ったまま足を止(とど)め、殆んど何も彼も打ち忘れた様に見惚れた。此の子の目には、此の玩具店の美しさが、宮殿の様にも見え、人形の姿が、皇女とも天女とも見えるだろう。一日若(も)しも此の様な美しい着物を着たら何うだろう。何時までも、此の人形を眺めて居る事が出来たなら、何の様に嬉しいだろう。小雪は知らず知らず口を開き、細語(ささや)く様な声を洩らして、何か人形に話し掛けて居たが、此の時忽ち背後より太喝一声に、

 「未だグズグズして居るのか。」
と叱ったのは女主人である。
 桶を提げたまま小雪は逃げた。逃げて闇の中に入った。此の軍曹旅館は、殆ど町の尽(はず)れる辺りに在るので、直ぐに小雪の身は、水汲みに行く細道へ差し掛かったが、勿論ここには夜店も無く、燈明(あかり)も無い。

 全く先程の客の言った通り、馬さえも恐れて歩む事が出来ない様な暗さで有る。その中を只独りで、深く深く歩んで行く小雪の恐ろしさは、何れほどだろう。その上に夜の寒さに小さい手が腫物の様に凍え、多分は覚えをも失っただろうと察せられる。

 幾度小雪は足を留(とど)めたかも知れない。足を留めて逃げ帰ろうとしたけれど、その度に女主人の叱り声が、耳に響く様に思い、辿(たどり)り又辿って、終に崖下の泉の所に着いた。幾度も来慣れて居る道とは言え、真っ暗の中で道を踏み迷わなかったのが不思議である。

 そうして先ず、漸く水を汲み上げた。けれど小雪は知らなかった。汲む為に俯向(うつむ)いた時に、衣嚢(かくし)《ポケット》の中から、麪麭(ぱん)を買う為の、彼の十五銭銀貨が水中に落ちた。

 今は全くその銀貨を渡された事をさえ、忘れて居るのだ。ホッと息して水の満ちた桶を、足許に据え、更に立ち上がろうとしたが、もう力が尽きた。重い桶が少しも上がらない。暫く桶に靠(もた)れる様にして休んで居ると、目の前の闇の中に何か立って居る様に感ぜられる。疑心暗鬼と言う者だろう。

 誰でも暗闇に独り居れば、何だか怪しい者が、身辺を徘徊する様に思われて、益々恐ろしさが募る者だ。小雪は確かに化け物が居るのだと思った、もう猶予する力は無い。桶を提げて逃げた。
恐れは力を生ずるのだ。何うにかこうにか、桶は小雪の手に従って上がった。けれど四、五間(7~9m)行く間に水が溢(あふ)れ、そうで無くても薄着に震えて居る小雪の、腰から下を浸(ひた)したけれど、寒いとも言わない。言う暇さえも心に無いのだ。

 蹌踉(よろめ)いては歩み、行っては休み、又幾間(数m)をか歩んだが、水は次第に減るけれど、重さは益々加わる様に思われ、果ては只の一歩も、歩くことが出来ない事に成った。人間の悲酸の極とは、此の事である。曾て神の何たるかを、思った事も無い小さい口から、知らず知らず神の御名が漏れて、

 「神さま、神さま、助けて、助けて。」
 吁(ああ)、是より上の切なる祈祷が世に有ろうか。若し人を助ける神あれば、今此の小雪を助けなければ成らない。不思議にも神は有った。願いの声の終わると共に、桶は軽々と提げられた。確かに何者かが、桶の手に手を掛けて居る。その頑丈な手が、小雪の手に触れた、アア神で無く人である。

 誰か闇の中で分からないけれど、男である。小雪の背後に立ち添って、手を伸ばし水桶を軽々と提げて居るのだ。小雪は恐れ戦(おのの)く筈で有るのに、少しも恐れない。恐ろしい様な気がしない。若しや亡き母華子が、草場の影から見張って居て、恐れるに及ばない事事を、知らせるのでは無いだろうか。それとも、虫が知らせると言う者だろうか。小雪の胸には、何と無く頼もしい様な心が満ちた。





次(四十九)へ

a:44 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花