巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

aamujyou52

噫無情(ああむじょう)  (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

ビクトル・ユーゴ― 作  黒岩涙香  翻訳  トシ 口語訳

since 2017.5.22


下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

噫無情    仏国 ユゴー先生作  日本 涙香小史 訳

   五十二  X'節(クリスマス)の夜 六

 唯だ、
 「働け、働け」
とのみ鞭(しもと)《むち》を以て酷使(こきつか)われて居た小雪の様な者が、不意に、
 「遊ぶが好い」
との許可(ゆるし)を得るのは、余りの事で夢のようにも思うだろう。小雪は驚いて眼を開き、老人と内儀 (おかみ)の顔を見上げたが、やがて恐々の声で、
 「遊んでも好いのですか。」
と内儀に問うた。

 内儀は小雪の手仕事が五円(現在の約1.5万円)に成ったのは嬉しいけれど、此様な者を、楽々と遊ばせるのは、忌々(いまいま)しい。と云って拒む訳には行かないから、腹の立つ様な声で、
 「勝手におし」
と言った。言い方は冷酷でも、勝手にせよと言うからは、許可(ゆるし)である。遊んでも構わないのだ。此の許可ほど小雪の身に有難いことは無い。

 小雪は口で、
 「有難う」
と内儀に向かって言ったけれど、心は深く老人の恩を感じた。
 内儀は不興気に亭主の傍に行き、囁き問うた。
 「此の見すぼらしい老人は何者でしょう。」

 亭主は、
 知って居る様に、
 「大金満家と言う者は、わざと貧民の風などして、旅行する事の有る者だよ。」
と答えた。兎も角も、此の老人は尋常者(ただもの)で無いと、亭主は睨んで居るらしい。

 この様な間に小雪は、編み物の箱を片付け、そのままテーブルの下を天地として遊び始めた。遊ぶと言っても、別に遊ぶ方法は無い。後にも先にも、たった一個(ひとつ)の玩具(おもちゃ)である鉛の小刀を取り出したのだ。そうして一方を見ると、此の家の娘絵穂子麻子が、人形を持って遊んで居る。

 凡そ子供の身に、若し必要欠くべからざる者が有るとすれば、それは人形だ。人形ほど大事な、人形ほど欲しくて、羨らやましい者は無い。人形を持たない女の子は、子を失った細君ほど不幸である。可哀想に小雪は小刀を出したけれど、少しも面白く無いと見え、その小刀を人形に見立てて、之に着物を着せ始めた。着物と言うのは古い手拭いなんだ。

 此等の有様を尻目に掛けて、内儀は老人の傍に引き返した。何と無く此の老人を、憎い様には思うけれど、若し亭主の言う通り、姿を窶(やつ)した金満家ででも有るならば、良く持做(もてな)さねば成らないのだから、ズッと言葉を丁寧にして、
 「本当に子供と言う者は世話の焼ける者ですよ。」
と、用も無い雑話を持ち出し、

 「先ア貴方のお慈悲が有ればこそ、此様に遊ばせては遣(や)りますけれど、御覧の通り着物一枚持ちませんから、用を言い付けて、幾等か稼がせて遣るより外は無いのですよ。」
 老人は怪しむ様に、
 「ヘエ、それでは貴女の子では有りませんか。」

 内儀「私の子、私の子にあんな馬鹿は生まれませんよ。言わば私共が、唯慈善の為に拾い上げて遣ったも同様です。身内の人へ手紙を遣っても、もう六ケ月から、一文も送って来ないのです。」
 老人は自ら心を引き立てようとするけれど、引き立たない。多分は小雪の過去から未来を考えて、哀れさに耐えられないのであろう。唯だ、
 「爾(そう)ですか」
と嘆息の様に答えたのみだ。

 内儀「母親が有ることは有りますけれど、無いのも同様です。見捨てたまま、音沙汰が有りませんもの。」
 真事(まこと)と嘘事(そらごと)とを、取り雑(ま)ぜて語って居る。一方では、絵穂子と麻子とが、もう人形に飽きたと見え、それを後ろの方に投げ出し、今度は子猫を捕らえて来て、之を人に見立て、赤い布片(きれ)や青い布片で、その頭や尾を縛り、悶(もが)くのを見て余念も無く面白がって居る。

 そうと見た小雪の方は、絵穂子麻子(イポニーヌ、アゼルマ)の背後(後)ろに在る人形に目を止めて、倩々(つくづく)と眺めて居たが、終に羨ましさに耐える事が出来なくなったと見え、徐々(そろそろ)とテーブルの下を這い出て人形に近づき、懐かしそうに抱き上げた。そうして自分の頬を人形の頬に押し当てたのは、宛(あたか)も愛児を抱きしめた慈母の様である。日頃から何れほど此の人形を慕って居たかも察せられ、殆ど可憐(いじ)らしほどに見えたが、此の時忽ち雷の声の様に、一声の大喝が小雪の頭上に降り下った。

 「コレ、小雪」
 此の声は内儀が小雪の不埒(ふらち)を見付けて、叱り飛ばす声である。
 小雪の様な者が、我が娘絵穂子麻子(イポニーヌ、アゼルマ)の大事な人形に手を着けるのは、殆んど此の家の朝憲を紊乱(びんらん)《乱す事》する様な者である。不敬である。内儀は我を忘れて馳せ寄って、怒鳴ったのだ。此の声に小雪の驚いた様は、言い表す事が出来ない。全く床下へ漏ってでもしまい度い様に小さく成って、平伏(ひれふ)しつ、唯だ、
 「御免、御免」
と泣いた。

 この様な小雪の一挙一動は、勿論先ほどから、彼の老人の目には洩れない。直ぐに老人は立ち上がって、物をも言わずに戸外へ出たが、少しの間に夜店の玩具屋の看板と為って居た、彼の大きな人形を抱いて帰って来た。抑(そ)も此の人形は昼間から、此の町中の評判と為って居たので、子供と言う子供が、誰一人羨まない者は無いけれど、三十円(現在の約9万円)と言う豪(えら)い定価に、誰も父母に強求(ねだ)ることが出来ずに居た品である。此の品を老人が買って来たとは、果たして姿を窶(やつ)した太金満家に違い無い。

 穢(むさ)苦しい軍曹旅館の店の中に、此の人形が輝き渡る様に見えた。今しも小雪を鞭打とうとして居た内儀も、呆れて振り上げた鞭を下ろした。平伏して居た小雪も驚いて顔を上げた。絵穂子麻子(イポニーヌ、アゼルマ)も、猫が自分達の手を離れて逃げ出すのを知らなかった。内儀は咄嗟(とっさ)の間にも思った。きっと此の人形は、我が娘へ呉れるのだと。爾(そう)して娘の古い人形を、小雪に遣れと言うのだろうと。

 所がそうでは無い。直ぐに老人は小雪の前にその人形を投げ出し、
 「サア之はお前に遣る。お前に遣るから、もう人様の人形へ手を着けるのでは無いよ。」
 此の言葉を聞いた内儀の顔は、烈火の如しだ。併し如何とも仕方が無い。怒る訳にも遮る訳にも行かない。



※ 注;明治30年代の1円の価値を現在の貨幣価値に直した値。比較するものによって異なる値が得られる。
  
 ・物価で比較した場合、1円は現在の3000円位に相当
 ・俸給で比較すると明治30年代の1円は12000円から15000円に相当

 ・30円の人形の現在の値段
  。物価で比較した30円・・・30×3000=9万円 
  。俸給で比較した30円・・・30×15000=45万円
    


次(五十三)へ

a:43 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花