巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

aamujyou56

噫無情(ああむじょう)  (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

ビクトル・ユーゴ― 作  黒岩涙香  翻訳  トシ 口語訳

since 2017.5.26


下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

噫無情    仏国 ユゴー先生作  日本 涙香小史 訳

   五十六 客と亭主(あるじ)三
 
 小雪の手を引いて老人は、もう何所まで行っただろう。何所まででも構わない。何でも追付(おっつ)かなければと、手鳴田は只管(ひたす)ら急いだ。
 彼は二人の行った方角を知らない。初めは反対の方へ指して追掛(おっか)けたが、途中で人から聞き、又引き返して他の方へ追った。之が為余ほど時刻が遅れたけれど、彼は失望しない。

 高の知れた老人の足で、而も小娘の手を引いて居るのだもの、追附かれない事が有る者か。
 到頭彼は追附いた。町を離れて二里(8km)ほども行き、山路に掛かって、是から林に分け入ろうと言う所で、木の根に腰を下ろして、老人が小雪と共に休んで居た。

 彼は正直らしい面持ちを以て老人の前に行ったが、直ぐに自分の衣嚢(かくし)から、先刻老人より受け取った、彼の五百円札三枚を取り出して、
 「サア是は先刻のお金ですがお返し申しましょう。」
と言って差し出した。

 何の意味だか老人は知る筈が無い。
 「エ、エ、何と言われる。」
と言って、怪しんで、手鳴田の顔を見上げた。
 手鳴田「此の子を貴方に遣(や)る事は出来ないのです。ですからお金を返して此の子を連れて帰るのです。」

 直接に金を増して呉れと言わない所が上手なんだ。彼の心では、もう此の老人を、底知れぬ金満家だと思って居る。思うも道理だ。昨夜我家へ泊ってから、二十銭銀貨一個を初めとし、次は人形の為三十円、次の宿泊料に二十三円、最後には千五百円と、通例の人ならば目を剥く様な金額を、平気で差し出した。その出す様が、二十銭の時も千五百円の時も全く同じ事で、少しも金高の多い少ないと言う区別を、知らない程に見える。

 此の様子ならば、仮令(たと)え一万五千円と言っても、同じく平気で出すに違い無いと充分に見込んで居る。それに又、此の老人が、小雪の為に着物まで調(あつら)えて持って来て居た所を見れば、小雪を受け取るのだけの為に、我が家へ遣って来た事も明白で、決して一時の憐れみとか、一時の親切とか言う出来心で無いに決まって居る。それなのに談判の纏(まと)まるまで、そうと言わず、扨(さ)て談判が纏まっても、自分の名を明かさなかった所などを考え合せると、何か秘密の有る事に違い無い。

 秘密、秘密、金満家の秘密は金の蔓だ。手鳴田自身の今までの実験に由ると、胸に秘密を蓄えて居る金満家は、水を含んだ海綿の様な者で、此れほど搾(絞)るに容易な者は無い。彼は此の老人を海綿だと心得て居る。

 老人は怪しさに我慢できない句調で、
 「エ、小雪をーーー連れてーーー帰るとな。」
 手鳴田「ハイ、篤(とく)と考えて見たのですが、此の子は人様に遣る訳には行きません。母親から預かった者ですから、遣りなどしてはその母親へ申し訳が立たないのです。母親自身に引き取りに来るか、そうで無ければ、母の委任状を持って来た人の外へは、決して渡す事が出来ない子です。」

 老人は唯だ「成ほど」と答えたままで、多言を費やさない。後は無言で彼の革の財布を取り出した。
 先刻千五百円を出す為に取り出した時と、同じ様な取り出し方である。手鳴田は〆たと思い、嬉しさが総身に浸み渡る様に感じた。愈々(いよいよ)海綿が水を吐くのだ。銀行券と言う勿体ない水を。
 「サア、是を遣れば言い分は無いだろう。」
と言って、老人は財布の中から紙幣、確かに紙幣、と見える一枚を取り出して、手鳴田に示した。

 紙幣ならば一万円だろうか。余ほど幅が広い様に見える。手鳴田は手先を震わせる様にして受け取って見ると、是れは何うだろう、小雪の母華子の作った委任状である。此の書面持参の人へ、小雪を引き渡して呉れとの事を記して、明らかに手鳴田に当て、猶(なお)費用の滞りは、此の人が払うからと書いて有る。抑(そもそ)も華子が、何の様な場合に此の委任状を作って誰に渡したかは、読者が未だ記憶している筈である。

 老人は言った。
 「是れで言う事は無いでしょう。」
 手鳴田は唯だ呻(うめ)いた。
 「ウーン」
と許かりで返事は出ない。
 老人「遠慮には及ばない。サア此の書付をお納め成さい。是さえ貴方が持って居れば、小雪を渡したと言う立派な証拠。立派な受け取り、二度と此の児の母から催促される気遣いは有りません。」

 手鳴田は委任状を巻いて納めた。そうして又言った。
 「贋手紙かも知れないけれど、今は仕方が有りません。けれど此の表にも有る通り、費用の滞りは払うと有りますから、それを払って戴きましょう。随分豪(えら)く溜まっていますよ。」
 転んでも只は起きない。老人は商人が算盤球を弾く時の様な語調で、

 「成ほど、費用と言うのは、一か月が十五円の決めで、今年の一月此の児の母が貴方から受け取った書付に、百二十円、何や彼や合わせて百二十円と為って居ました。翌二月に送った勘定書では、それが嵩(かさ)んで五百円と為りました。此の五百円へ対し、母親から三百円入れて三月の初めに又三百円送りました。是で百円だけ来越しに成ったのです。
 その後九カ月の分が百三十五円だから、三十五円だけ貴方へ払わねば成らない。その三十五円に対して、今朝私から千五百円貴方へ渡しました。」

 自分の知って居るよりも明白にこう知って居られては、何と言い作る事も出来ない。
全く手鳴田は罠に罹(かか)った狼の様な者である。



次(五十七)へ

a:31 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花