巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

aamujyou60

噫無情(ああむじょう)  (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

ビクトル・ユーゴ― 作  黒岩涙香  翻訳  トシ 口語訳

since 2017.5.30


下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

噫無情    仏国 ユゴー先生作  日本 涙香小史 訳

   六十  隠れ家 三

 下からジッと戎瓦戎(ぢゃんばるぢゃん)の顔を見上げた乞食の顔は確かに見覚えが有る。只者で無い。只の乞食で無い。
 若し戎が通例の男ならば、驚きの余りに必ず「咥(キャ)ツ」と叫んで、全く度胸を失う所だったろう。けれど彼は、そうで無くてさえ、薄い氷の上を歩む様な自分の境遇の恐ろしさに、寸刻の油断も無く心を緊(し)めて居る男である。唯だ「危険」と言う一念が、彼の咽喉(のど)を塞いでしまった。彼は一言をも発しない。身動きをもしない。胸は大波の打つ様に騒いで居ても、上辺だけは非常に静かに乞食の姿を見降ろした。

 乞食は早や首を垂れ、受け取った銭を押し戴いて居る。その顔は再び見えない。けれどその被(かぶ)って居る帽子も何時もの帽子、服も何時もの襤褸(ぼろ)、そうして背中の恰好も何時もの乞食である。戎は自ら疑った。扨(さ)ては此の者の顔が、我が目に恐ろしく見えたのは、我が目の迷いで有っただろうかと。

 併し戎は再び此の乞食に顔を上げさせ、迷いか真事(まこと)かを確かめる勇気は無い。成るべく何気無い形を装(よそ)おい、蹌踉(よろめ)く足で蹌踉 かない様に歩んで我が宿へ帰って来た。帰った後も乞食の眼が眼に着いて居る。何う考えても乞食で無い。巡査部長蛇兵太の眼であった。

 吁(ああ)、蛇兵太、彼れがまだ私に着き纏(まと)って居るのだろうか。戎は夜一夜、蛇兵太の顔に魘(うな)され、殆んど眠ることが出来なかった。或時は後悔した。この様にあの顔が気に掛かる程ならば、何故その時に、もう一度顔を上げさせて、良く見定めなかったのだろうと。けれど今は取返しが附か無い。

 翌日再び寺の門前へ行った。今度こそはじっくりと乞食の顔を見定める積りである。見定めて若し蛇兵太で有った時には、此の上も無い危険だけれど、さればと言って、定めずに居る事は到底出来ない。彼だろうか、彼で無いだろうかと心配して、長く長く気を揉むのは、殆ど身を刪(けづ)られるよりも辛い。却(かえ)って確かに蛇兵太と分かって、捕らえられた方が結局安楽かも知れないと思う程の苦しみである。

 やがて寺の門に着くと、あの乞食が依然として控えて居る。今度は昨日の様に、首をも垂れては居ない。何う見ても蛇兵太らしい所は少しも無い。何故に此の憐れむべき顔が、獰悪(どうあく)《性質が荒々しく、悪い事》な蛇兵太の顔に見えたのだろう。何故でも無い、此の乞食の代わりに、蛇兵太が此の通りの身形(みなり)をして、此の場所に座って居たのだと、こう思えば合点は行くけれど、戎瓦戎はまさかに、そうと迄は思わない。

 全く自分の気の迷い、心の迷いで有ったのだと思い詰めた。それにしても是ほどの見違いを為すのは、年を取った為、我が視力の衰えた所も有るのか知らんと、少し心細い感じもした。
 是より四、五日を経た夜の八時過ぎに、戎は部屋の中で小雪に本を教えて居たが、忽ち耳に留まったのは、此の家の入口の戸の開いた音である。

 家番の老婆は、油を倹約する為に、何時もの通り既に寝た筈であるのに、何者が入って来るのだろう。確かに錠を開く音まで聞こえたからは、鍵を以て居る人に違いない。戎は異様に身の危険を感じ、更に耳を澄まして待つと、暫くして重い靴で、、階段を非常に静かに上って来る音が聞こえる。何うも老婆では無い。男の様だ、男の居ない家に、男の足音とは愈々怪しい。

 戎は直ぐに小雪を寝間に入れて寝かした。小雪は戎の言葉には少しも背かず、一言の怪しむ様な語をさえ吐かずに、寂然(ひっそり)として寝てしまった。後に戎は、部屋の明かりを吹き消して、今まで自分の座して居た椅子に座した。此の椅子は戸口の方へ背を向けて居る。そうして良く聞くと、以前の足音は、もう消えてしまったけれど、既に此の二階へ上って来た事は必然である。のみならず、自分の迷いかは知らないけれど、何うやら此の部屋の外へ来て、立って様子を聞いて居るらしい。

 何か無しに、戎の心にその様な気がするのだ。戎は彼の乞食の事をも思い出した。蛇兵太の顔さえ目に見える様な想いが浮かんだ。彼は全く息を殺して、若しも自分が今、戸の方に振り向いて見るならば、果たして外で何者かが、内の様子をを窺って居るか否やが分かるかも知れない。けれど戎は振り向く事が出来ない。妙に自分の身が剛(かた)くなった。足が蹙(すく)んでしまった様に感じた。

 けれど蹙(すく)んでばかり居ては果てしが無い。思い切って振り向いて見ようかと思う折しも、暗い我が正面の壁の表に、一点、宛も人の目の様な光る者が現れた。アア是は目では無い。戸の外で、忍びの燈火を点(てら)して居るのだ。燈火の影が戸の鍵穴から洩れて、向かいの壁に映るのだ。もう振り向く必要は無い。振り向く勇気も無い。確かに先刻の足音が、忍び寄って、此の部屋の外に立ち、此の部屋の内を窺って居るのだ。

 戎は唯だ壁に落ちた一点の光を見つめるばかりだ。
 蛇に見込まれた蛙が、蛇の目の光から、己の眼を離す事が出来ないのと同じ様に、戎は壁の光から自分の眼を離す事が出来ない。全く恐ろしさに引き付けられるのだ。光は揺々(ゆるゆる)と動いて居る。動くのは蛇が動くのだ。戸の外に蛇が居るのだ。蛇兵太が立って居るのだ。

 ここに至って戎瓦戎たる者は、何うしたら好いだろう。逃げようか。何して逃げられる者か。唯捕かまる一方である。だからと言って捕まって、小雪と引き離されて、自分独り又牢へ。それは出来ない。  
 戎の額には、闇の中ながら玉の汗が浮いた。


次(六十一)へ

a:37 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花