巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

aamujyou61

噫無情(ああむじょう)  (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

ビクトル・ユーゴ― 作  黒岩涙香  翻訳  トシ 口語訳

since 2017.5.30


下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

噫無情    仏国 ユゴー先生作  日本 涙香小史 訳

   六十一  隠れ家 四

  若し戸の外の人が、本当に蛇兵太(じゃびょうた)
で、戸を押し開けて入って来たなら、戎瓦戎(ぢゃんばるぢゃん)は否も応も無く捕まるので、万に一つも逃げる路は無いのだ。戎はそれを思って身が蹙(すく)んだ。それを思って玉の汗を浮かべた。
 けれどそのうちに、壁に点じた蛇の目の様な光は消えた。外の人は又抜き足で去ってしまった。 
 戎はホッと息を吐(つ)いだ。

 夜の明けるまで戎は、眠る事が出来なかった。今の人が本当に蛇兵太で有っただろうか。無かっただろうか。まさかに蛇兵太と思えない所もある。幾等彼が老猾(ろうかい)《悪賢い》な巡査部長だとしても、死んだと極まった此の身が、生き返って此の世に居る事を、そう早く知る筈は無い。と言って彼の寺の前の乞食の事を思うと、彼で無いとも言い切れない所が有る。戎は半信半疑に迷った。

 夜が明けて後、家番の老婆に問おうかとも思った。けれど此方から問うのは、何だか疑いを招く様だ。或いは此の老婆が、警察と通じて居ないとも限らないから、知らない顔で、此方は此方だけの覚悟をするのが好いと、此の様に思い直した所へ、老婆が丁度、部屋の掃除に来た。それでも戎は黙って居たが、却って老婆の方から問うた。

 「昨夜貴方は此の二階へ、人が来た音をお聞きでしたか。」
 戎は惚(ほう)けた様に、
 「イヤ別にその様にも思わないが、---アアそうだ。そうだ。何だか足音が聞こえたよ。---、あれは誰だエ。」
 あれは誰だエ。全(まる)て気に留めて居ない風である。

 老婆「新しいお客様ですよ。此の二階の一間を貸したのですが、未だ廊下などの案内に慣れない者ですから、此の辺へ戸迷うて来るかも知れません。」
 戸迷うて来るとは、何たる旨い弁護だろう。忍びの燈火を以て、靴を脱いで、抜き足で戸迷うて来る人が何所に居るだろう。

 戎「名は何と言う。」
 婆「未だ良くは覚えません。次郎とか太郎とか、何でもその様な名前でしたが。」
 戎「して職業は。」
 少し問い過ぎるかも知れないけれど、問わずには居られない。老婆は様子有りげに、戎の顔を見て、
 「職業は無しに配当金で食って居る方でしょう。貴方と同じように。」
と言った。益々異様な言葉である。何うも此の老婆が、虚心平気では無さ相だ。疑心暗鬼かも知れないけれど。

 数時間の後である。戎は廊下に人の足音のするのを聞いた。丁度昨夜、階段を登って来たのと同じ足音の様に思われる。直ぐに戸の所に行き、内から鍵穴に目を当てて覗いたが、チラリと見たのは、その足音の本人が、二階を下らうとするところである。而して後ろ影で良くは分からない。けれど尋常一様の後ろ姿では無い。肩の様子から背の恰好、一種特別な所が有る。決して紳士では無い。警察官だ。警察官も只のでは無い。その一種特別な所が、彼の蛇兵太に一種特別なんだ。そうして丁度彼の持ちそうな、頑丈な杖(スッテッキ)をさえ持って居る。

 愈々彼だと未だ認め切らないうちに、その姿は階段を下ってしまった。直ぐに窓を開いて戸外を見ると、彼か彼で無いかを見定める事は出来るけれど、若し彼で有ったなら大変だ。此方(こちら)が窓から出す顔を、彼方(あちら)に下から見上げられては、何の様な事に成るかも知れない。戎はそれが恐ろしいから、窓を開かない。何にしても、もう此の家に長居は出来無い事は分かって居るからと、直ぐに戎は落ちて行く用意を始めた。

 此の日の暮れた頃、彼は下に降り、戸口に出て右左を見渡した。町は往来も極く稀で、別に疑わしい人も見えない。見えないと言っても、物陰にでも隠れて見張って居る人が、有るかも知れないけれど、そこまでは確認は出来ない。何でも逃げるなら今だと思い。直ぐ二階へ馳せ上がり、小雪の手を取って、
 「サア、お出で」
 虎の口を逃れて、狼の顎に入るとは、良く有る例(ためし)だが、戎は此処を逃れて、何の様な所へ行くのだろう。



次(六十二)へ

a:36 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花