巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

aamujyou78

噫無情(ああむじょう)  (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

ビクトル・ユーゴ― 作  黒岩涙香  翻訳  トシ 口語訳

since 2017.6.17


下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

噫無情    仏国 ユゴー先生作  日本 涙香小史 訳

   七十八 公園の邂逅(めぐりあい)

 初めの中はその仕事も、有る時より無い時が多かったけれど、後には大部な編纂物の一部分を引き受け、何うやらこうやら月々決まって収入が有る事になった。こうなると先ず立脚地が出来た様な者だから、有為の青年はここで分かる。その足場を力に又一踏み踏ん張るのだ。彼は既に卒業して居る法律の知識を更に研き、弁護士の試験に及第した。此の時彼は慇懃な、しかも冷淡な文句で、桐野の老人にその旨を通知した。老人は又叫んだ。

 「不埒(ふらち)な奴だ。食うに困らない貴族の子が弁護士に成るなどとは。」
と。併し守安は弁護士を開業せず、相変わらず筆の収入に頼って居た。
 彼がこうなって後の日課の一つは、午後に公園を散歩することであった。貧乏は貧乏でも先ず昼間散歩の出来る丈の着物も、光る靴も出来た。

 散歩する度に彼の目に留まったのは、公園の片隅の木蔭に、毎(い)つも腰掛けて休んで居る六十頃の老人と十四、五かと思われる少女との一組である。老人は真っ白な白髪頭で、少女は真っ黒な服を着けて居る。常に老人が少女の手を引いて来ては又引いて返る。彼れは自分の文学の趣味から、此の一組に綽名(あだな)を附し、白黒組と称し、少女を黒姫、老人を白翁と心の中で呼んだ。

噫無情(前篇)終わり


a:25 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花