巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

aamujyou9

噫無情(ああむじょう)  (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

ビクトル・ユーゴ― 作  黒岩涙香  翻訳  トシ 口語訳

since 2017.4.9


下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

    噫無情    仏国 ユゴー先生作  日本 涙香小史

       九  恐る可(べ)き分岐点

 心に何の罪も無い人の、安々と眠れる顔ほど清い美しい者は無い。之に對する人の心まで自然と清浄に成って来る。
 戎・瓦戎(ぢゃん・ばるぢゃん)は僧正の寝顔に見惚(みと)れた。真に何と言う穏やかな容貌だろう。雪の様な白髪が広い額を隠し、童顔とも言うべき豊かな頬(ほお)の辺にまで掛かって居て、顔一面に喜びが満ちて居る。

 何の様な夢を見て居るか知らないけれど、殆ど人間の顔とは思われない。神の顔である。多分は善を積み、徳を重ねて、多年研(みが)き立てた良心の光が、天国の光と相映じて、一種の神々しい色を現すのだろう。而も僧正の天国は天に在るのでは無く、心の中に在るのだから、内の光で透き通って居る様にも見える。是がこの世の活神(いきがみ)と言うものだ。

 戎は今活神の前に立って、その威光とその慈悲とに、心の底まで浸(ひた)されて居る様な者なんだ。
 彼は我知らず帽子を脱いだ。彼の額には脂汗が浮いて居る。実に大変な違いである。一方ならぬ恩を受けて、その恩人に仇をしようと言う罪の塊と、全く悪人を信任して、自分の弟の様に持做(もてな)し、少しの危険をも感ぜずに、気を安くして眠る人と、全く地獄と極楽との別が只この咫尺(しせき)《非常に短い距離》の間に現れて居るのだ。

 余りの事に戎は恐れを催した。何でこの身に、こうまで深く気を許して呉れるのだろう。人間業で出来る事とは思われない。
 寧(いっ)そ、この寝た人の頭を叩き割ろうか。それとも此の人の手を戴き、平伏(ひれふ)して謝罪(わび)ようか。戎の心は唯一髪に繋(つな)がれて居る。

 今ならば何方(どちら)へ振り向く事も出来る。毫厘(ごうり)《わずか》の差が千里の違いを来すと言う恐るべき分岐点は、ここでは無いだろうか。窓から射す月の余光に、煖爐(ストーブ)の棚の上に在る十字の像が、宛(あたか)も両手を差し延べて、一方の平穏を祝し、一方の罪を解き宥(ゆる)そうとする様に見えて居る。

 戎は決然《きっぱり》として又帽子を頭に置いた。
 再び僧正の顔に振り向きもしない。寝顔などに見惚(みと)れる、自分の愚かさに気が附いたのだろう。そのまま去って、宵に見た戸棚の所に行き、その戸を開けた。

 ここにも錠は卸(お)りて居ない。そうして延び上がって銀の皿をば、その入れた籠ぐるみ取り出して脇に挟み、急いで自分の部屋に帰った。部屋には携えて来た杖を残してある。之を取るが否や、窓を開き、軽くその外に出て、月の明かりに皿を検(あらた)め、籠は捨てて皿だけを背(せな)の袋に入れ、宛(あたか)も荒れた虎の様に、凄(すさ)まじい勢いで塀を乗り越え、何所へとも無く逃げ失せた。
 *   *   *   *   *   *
   *   *   *   *   *   *
 翌朝僧正は、毎(いつ)もの様に庭に出て散歩した。その所へ、遽(あわただ)しく来たのが老女である。
 『貴方様は、銀の皿を入れた籠を御存じありませんか。』
 僧正は静かに、
 「知って居る。コレここに」
と言って、昨夜、戎・瓦戎の捨てて行った籠を取り上げて示した。

 老女「アレ、籠では有りません。籠の中の銀の皿をですよ。」
 僧正「皿ならば知らぬ。」
と言い、少しも気に留めない様子で、籠に敷かれて折れて居た草花を起こし始めた。老女は狂乱とも言える程の様子で、直ぐ馳せて家に入ったが、無論戎・瓦戎の寝た部屋を見廻ったのだろう。

 間も無く又馳せて来て、
 「盗まれました。銀の皿を。昨夜の人は早や立ち去った後ですよ。銀の皿を盗んで行きました。」
と言って、虚呂虚呂(きょろきょろ)と四辺(あたり)を見廻し、
 「先ア驚いた。塀の彼所(あそこ)を乗り越えて逃げたんです。足痕(あしあと)が残って居ます。何と言う呆れた奴でしょう。貴方様の大恩を仇で返して」
と言って、悔しそうに言葉に力を入れた。

 僧正は又も静かに振り向いて、
 「そう言わずに先ず考えなければ。ーーー、第一あの皿は此の家の物だろうか。今まで私が惜しんで居たのが悪かった。あれは当然に貧しい人の物である。昨夜の客は確かに貧しい人だろう。」

 貧しい人が持って行くのは、当たり前だとの意味が現れて居る。何たる宏量な心だろう。何十年来、僧正の徳に服して、一言も批評らしい言葉を吐いた事の無い老女だけれど、余(あんま)り残念だ。
 
 「盗まれたとしても、私共は構いません。お妹御もお構いは無いのでしょう。けれど、貴方様が直ぐにお困り成さるでは有りませんか。今朝は何の器でお汁(つゆ)をお召上がりになりますか。」
 僧正「何か錫(すず)の皿でも有るだろう。」
 老女「錫は臭います。」
 僧正「では鉄の皿」
 老女「鉄は味が附きます。」
 僧正「では木の皿」

 間も無く僧正は朝餐(ちょうさん)《朝飯》のテーブルに就いた。妹御は何にも言わない。老女は猶(ま)だ口の中で何事をか、頻(しき)りに呟(つぶや)いて居る。僧正は両女に向かい戯(たわむ)れた。
 「ハイこの通りパンの片(きれ)を、乳に浸して直ぐに喫(たべ)れば、木の皿さえも要らない。今まで気の附かない事であった。」
と。

 老女は腰をおろさない。立ったままテーブルの辺(ほと)りを前後に歩みつつ、熟々(つくづく)と嘆(な)げいた。
 「ホンに先(ま)ア、彼(あ)の様な奴に宿を貸し、直ぐに隣室へ寝かせて遣って。でも銀の皿だけで済んだのは未だしもです。命まで取られなかったのが運が好いのでしょう。危ない事、危ない事。思い出してもゾッとしますよ。」

 この様にして、漸く食事の済んだ時、外から戸を叩く人が有った。僧正は少しもためらわず、例の通りに、
 「お入り成さい。」
と答えた。

 答えに応じて戸は開き、動揺(どや)動揺(どや)と外から四人の人が入って来た。その三人が一人の男の首筋を押さえ、殆んど捻(ね)じ伏せる様にして居る。三人は即ち憲兵である。押さえ附けられて居る一人は誰でも無い、戎・瓦戎だ。彼は早や捕らえられたのだ。


次(十)へ

a:42 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花