巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

aamujyou94

噫無情(ああむじょう)  (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

ビクトル・ユーゴ― 作  黒岩涙香  翻訳  トシ 口語訳 *

since 2017.7. 4


下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

噫無情    仏国 ユゴー先生作  日本 涙香小史 訳

   九十四 陥穽(おとしあな)二

 果たして白翁が、四国兼帯の人長鳥の顔を知って居るだろうか。
 「此の顔に見覚えが有りましょう。」
と言う。長鳥の言葉は、確かに見覚えが無くては成らないと見込んで居るらしい。
 けれど長鳥は、白翁の未だ答えない間に、自ら室の中を見廻した。是から愈々荒療治を初めるのだから、万に一つも準備に手落ちが有っては成らないと、念の為に見廻すのだ。

 サア愈々蛇兵太に合図する時が来たと、此方から覗いて居る守安は思った。そうしてスハと言えば直ぐに引き金を引く許りに、確(し)かと右の手に短銃を握り、高く上に差し上げた。愈々大変な事とは成った。何の様に成り行くだろう。

 長鳥は部屋中を見廻して、準備の行届いて居るのに安心したのか、更に、今来た二人に向かい、
 「門八は何うした。門八は未だ来ぬのか。門八はお前等と一緒で無いのか。」
と問うた。門八とは何者か知らないけれど、長鳥がこう特別に重きを置いて、其の名を三度まで繰り返す所を見ると、余ほど必要の人物に違い無い。多分は此の破落戸(ごろつき)共の頭に立つ男なんだろう。事に由ると荒療治の序開きを担任して居る奴かも知れない。

 問われた男は答えた。
 「来たよ。一緒に来たよ。来たけれどネ、町の角にお前の娘が立って居たから、立ち止って話をして居た。」
 長鳥「娘とは何方(どっち)」
 男「姉の方よ、彼奴(あいつ)は、嫌にお前の姉娘を見ると目尻を下げやがる。荒っぽい気質に似合わぬぢゃ無いか。」

 長鳥「其の様な事は何うでも好い。其れよりは、馬車は好いのか。」
 男「オオ雇って来て此の入口に立たして有るよ。」
 言う所へ又一人来た。是が門八と言うのだろう。顔は紙の面を被って居る為分からないけれど、肩幅の広さを見ても、手剛(てごわ)い相手とは分かって居る。

 是で部屋の中は十人とは為った。何と言う物凄い様だろう。唯(たっ)た一人の白翁に九人の荒くれ男が掛かるのだ。イヤ其の中の一人は長鳥の妻だから、無論男では無いけれど、夫さえも雄牛の様だと評する程だから、事に由ると男二人分に相当するかも知れない。もう銘々が鉄の棒や、棍棒の様な物を持って、号令さえ掛かれば、直ぐに叩き伏せると言う様に用意して居る。中には出刃包丁を持って居る奴も有る。

 此の間に立って白翁は何うして居る。通例の人ならば、もう面色は土の如しで、立つ足さえ定まらない筈であるのに、抑(そもそ)も彼は何者だろう。驚く可し。驚く可し、此の九人に抵抗する様な態度を取っ居る。彼は長鳥が話をして居る間に又一歩下がり、自分の後ろへ敵を廻らせない用心だろう。壁に添って立って居る。そうしてテーブルを一方の小盾に取った様子は、千軍萬馬の間を踏み破った人に見せても、羨(うらや)まれる程だ。何と言う落ち着きさだろう。

 顔はまだ今までの通りの慈善紳士で有る。唯悲しそうな笑みだけが無くなった許かりだ。其の顔に凛とした勇気が、何所とも無く現れて、侵し難く見えて居る。とは言え、其の身には寸鉄をも帯びて居ないのだ。
 併し守安は此の健気な状を見て、密かに肩身が広い様に感じた。流石は黒姫の父である。是ならば後々に、守安の妻の父だと世間に披露しても恥ずかしく無い。アア黒姫は好い父を持って呉れたと、際疾(きわど)い中にも此の様な心が胸に浮かんだ。

 実に人間の健気な振舞いは、何の様な場合でも見る人を興奮させる力が有る。
 再び長鳥は翁に向かって言った。
 「此の顔に見覚えが有りましょう。」
 翁は長鳥の顔を見た。静かに答えた。
 「否」

 唯落ち着いた一語である。長鳥は少しこの落ち着きに驚いたか、直ぐに蝋燭を取り、その灯光(ひかり)を自分の顔に差し付けたまま、又翁の前に進み、是でもかと言う様に言葉に力を込め、
 「良く御覧なさい。私は濱田と言うのでは有りませんよ。長鳥と言うのも嘘ですよ。本当は手鳴田です。手鳴田軍曹です。モントフアーメールの宿屋の主人です。良くお聞きなさい。手鳴田ですよ。是でも貴方は見覚えが無いと言いますか。」

 白翁の顔には、或いは血色が走ったかも知れぬ。けれど少しもそうは見せなかった。そうして前の通りの口調で、
 「少しも」
と答えた。
 翁よりも誰よりも、手鳴田の名に驚いたのは、此方の守安である。暗がりだけれど、若し見る人が有ったなら、彼の顔が忽(たちま)ち幽霊にでも襲われた様に青ざめるのを見ただろう。イヤ幽霊どころでは無い。彼は落雷に打たれた様な者だ。

 壁から其の身体が独り離れて、蹌踉(よろめ)いて床の上に折れ崩れた。彼の心には絶えず父の遺言状の終りの文句が燃えて居る。
 「汝、此の人に逢ったならば、汝が可能な限りの力を以て、此の人に善を為せ。以て父の受けた命を反せ。」

 白翁の命を脅かして居る悪人が
 「此の人」
なんだ。



次(九十五)へ

a:24 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花