巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

akutousinsi1

悪党紳士   (明進堂刊より)(転載禁止)

ボアゴベイ作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2014.6.21

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

akutousinsi

悪党紳士        涙香小史 訳

               第一回

 仏国(フランス)の俚諺(ことわざ)に「最も貴婦人に似たるは色を売る女なり」と言う言葉がある。其意(そのこころ)は我国で私窩子(じごく)と言う類(たぐい)の賎しい女が彼の国では最も奢(おご)りを極め、最も貴人に愛せられるためだと聞く。今ここに報ずる物語は、その「最も貴婦人に似たり」と言う、汚らはしい社会から出た事柄である。しかしながら、泥の中にも蓮の花がある。汚らわしい所から出た者が、必ず汚れているとは限らない。その次第はこの話しを読み終った後に知る事ができる。

 パリの都でフランス座と言うのは最も繁昌(はんじょう)する芝居であるが、或る土曜日の夜、その桟敷の高い所に年三十七、八と二十一、になる二人の女客があった。二人ともその服装(こしらへ)を見れば、情けを鬻(ひさ)ぐ女である。今は丁度幕合なので、若い女は眼を八方に配り、衣服(みなり)の立派な人を認める度に、年長(た)けた女に振向き、指(ゆびさ)して其名前を問うと、年長けた女は一々これを説き聞かせた。

 (新造)姉(ねえ)さん、彼(あ)の顔の青い人は誰です。
 (年増)アレハ福地さんだアネ。
 (新造)アの向うのは。
 (年増)彼(あ)れは益田さんサ。
 (新)それから三ツ目に居るのは確か爺村さんですネエ。
 (年増)でも感心に覚えているネ。

 猶(なお)彼れ是れと指示する中に、年増は我桟敷の直(すぐ)下の、一個(ひとり)の婦人に目を注ぎ、
 「オヤ能(よ)く似た方も有る者だ!」
と云えば、新造は迫(せり)寄って、
 「姉(ねえ)さん誰です。誰に似て居ます。」
 (年)イエサ、お前は知ら無いよ。この下に居るアノ婦人がネ。日頃私が尋ねている方に、似て居ると言う事サ。
 (新)爾(そう)ですか。彼(あ)の婦人なら、夜前も来て居ましたよ。

 年増は暫(しば)らく考える様子だったが、この様な所へ兼ねて馴染みの間と見え、三十ばかりになる痩形(やせがた)の紳士が、遠慮も無く入って来て、
 「何を密々(ひそひそ)話して居るのだ。」
 この紳士は姓を山田と呼ぶと見え、
 (年)山田さん。貴方この下に居る婦人を知りませんか。
 (山)ムム、彼(あ)れか、彼(あ)れは実に不思議だよ。怪物だよ。
 (年)何が怪物です。

 (山)イヤサ、この下の女さ。この一週間前から、見物人の中で大層な評判だよ。ソレ彼(あ)の通り双眼鏡(とおめがね)を以って、見物人を見て居るだろう。何でも色男をか何かを探して居る者と見え、毎夜この芝居へ入込むが、幕が開いても舞台は見ずに、アの通り見物の顔ばかり覗いて居るよ。アの衣服(みなり)では、英国の貴婦人だが、爾(そう)さ、年は四十でも有ろうか、従者さえ連れず、唯一人でアの通り厚い覆面をしてサ、何でも深い仔細が有るのだぜ。尋常(ただもの)じゃ無いよ。

 (年)ですが何処から来るのです。
 (山)夫(それ)が奇妙サ。巳(おれ)と一所の倶楽部に居る、絵入り新聞記者が、彼(あ)の婦人こそ何か種に成りそうだと、一昨日の晩、芝居が散(はね)た時、跡を踪(つ)けて云ったのヨ。スルト彼の馬鳥(うまとり)町の林屋へ入ったそうで、林屋の離れ座敷を借りて、泊って居ると見える。

 この言葉を聞き、年増は益々心に思ふ事が有るようで、暫(しば)し首を垂れて考えた末、
 「林屋とは、アのお民さんの家ですね。」
 (山)爾(そ)うよ。
 (年)夫(それ)なら今夜行って聞いて見ましょう。

 更に二言、三言雑談(はなし)て居るうち、幕は再び開いたので、山田は己(おの)が桟敷に帰ったが、この夜年増は芝居の散(はね)た後、連れの女に分かれ、彼の馬鳥(うまとり)町の林屋に訪ねて行った。そもそもこの年増とは何者だろう。又林屋とは如何(どの)ような家だろう。

 年増は弄蓮(ろうれん)夫人とも呼ばれ、又お蓮とも名付けられ、一頃はこの類の美人社会では、飛鳥を落とす迄に売り出したけれど、永く賎しい業を営む心は無いので、早く身を清めて田舎に引退こうしているが、今は多少の財産を作り、大姉株に推される者である。

 又林屋<原名ハーシース>と言うのは、同じ私窩子(じごく)屋の類で、宿屋と博打屋を兼ね、多く貴顕紳士の出入りする所である。その女主のお民(タム)は略(ほ)ぼお蓮と似たり寄ったりの身の上である。

 それはさて置き、お蓮は林屋に訪ねて行ったが、夜は早や一時に近かったのに、戯(たわむ)れ事に夜を明かす家なので、案内も乞わずお民の室(へや)に入って行って、先程芝居で見認(みと)めた、怪しい婦人の事を問うと、件の婦人はこの林屋の一室(ひとま)に宿る者であるが、朝早く出て夜遅く帰るだけなので、お民もその素性を知らない。

 又初めこの婦人がこの家に来た次第を聞くと、今から二週間程前に、華族の家令とも覚しき人が来て、空間は無いかと尋ねたので、幸い空いて居た離れ座敷を示すと、貴婦人の居間に充てると言って、三月分の前金を与えて帰ったが、その家令、翌日は寝台その外の諸道具を運んで来て、それから二、三日を経て件の婦人が単身(ひとり)で入って来て、妾の為に一室を設けてある筈であるがと言うので、お民は前の室に通した。その後彼の家令は一度も来なかった。

 婦人は毎日出行(ある)くので、未だその名前さえ聞いていないと言う。お蓮は故あって、彼の婦人の身の上を知りたいと思い来たのだが、之ばかりの事を聞いただけで、空しく帰るのは本意では無いので、非常に残念な様子でお民に向かい、

 「実ハネ、英国の貴婦人で、私が兼ねて尋ねて居る婦人が有るが、若しこの家に泊まって居る婦人が、その人では無いかと思うから来たのだが、お前能(よ)くアの方の身の上を聞き正して呉れ舞いか。」
と言うと、お民は笑みを含み、

 「では斯(こ)うお仕な、お前だから話すがネ、アの離れ座敷には壁の後背(うしろ)に隠れる所が有るのだよ。その中へ隠れて婦人の帰るのを待っては何(どう)だえ。」
 (蓮)でも帰った時若し・・・
 (民)イヤ大丈夫、後ろから忍び入る様に成って居るから、見咎められる気遣いは無い。充分見た上で、裏口から密(そっ)と帰れば好いワネ。

 暗い所に隠れて他人の様子を伺うのは、非常に罪深い行いなので、お蓮も初めは辞退したが、終にはその言葉に従って、壁一重隔てた小座敷に忍び入った。この座敷は座敷の客を窺(うかが)うが為めに作ったものなので、壁に二ツの細い穴がある。しかしながら座敷から見る時はこの穴は少しも分からない。それは如何してか尋ねると、座敷の壁に非常に大きな美人の半身像を刻み、其眼にガラスを嵌めてある。表から見る時は、麗しい美人の眼であるが裏から見れば眼鏡である。「壁に耳」より猶(な)お驚くべき仕掛けである。

 お蓮は唯一人此所(ここ)に隠れて居る中、怪しの婦人が帰って来た。そもそもお蓮は、何故にこの婦人を見届け様とするのだろう。又この婦人は如何なる事を為すのだろう。



次(第二回)へ

a:336 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花