巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

akutousinsi13

悪党紳士   (明進堂刊より)(転載禁止)

ボアゴベ作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2014.7.3

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

akutousinsi

悪党紳士        涙香小史 訳

               第十三回

 有浦は公園を廻わって、向う側に出たが、此の身姿(みなり)では、曲者に疑われるだろうと思ったので、馬丁(べっとう)の着物を借り、馬丁には我が軍服を着させて、半町(50m)許(ばか)り手前の方に待たせて置いて、忍び寄って、物陰で伺って居た。曲者はそうとも知らず、案の上鶴女の家に伺い寄り、其の塀の高さを計って、今や縄梯子を打ち掛けようとするので、時は今だと後ろから其の傍に進み寄り、

 「コレ、仲間。」
と云いながらに、静かに其の肩に手を掛くと、曲者は驚いて震い上がった。
 有浦は笑いを含み、
 「仲間、驚く事は無い。旨(うま)い仕事が有るなら、俺にも一口乗せて呉(く)れネエ。」
 曲者は、盗みを目的とする者では無いので驚き、邪魔者に出逢ったと思ったか、何食わぬ顔で、

 「オオ、本吾(あにい)の持ち場か、爾(そう)とも知らず踏み込んだのは悪かった。堪忍しねエ」
と言捨て、早や立ち去ろうとするので、今逃がしては一大事と、早くも胸に工夫を定めて、
 「コレ仲間、持ち場争いを仕度(したく)ア無(ね)エ。目附(めっかっ)たが因果(いんが)と思い、一緒に稼がせて呉れねエな。否と云うなら、何所までも踪(つい)て行き、お前の身許(みもと)を突き留めて、最寄の屯所(たむろ)へ告げるから、其の覚悟で返事を聞こう。」

 この執念深い言葉に、曲者は早くも身の危うきを悟ったか、自分の衣嚢(かくし)を掻探(かいさぐ)り、何物をか取り出そうとする。
 有浦は隙(す)かさず其の手を捕え、
 「短銃(ピストル)を取り出すにやア及ばねエ。一緒に稼ぐか稼がないか、其の返事が聞度(ききて)エのだ。」

 曲者は茲(ここ)に至って、逃れられない所と思った様に、調子を替えて、カラカラと打ち笑い、
 「大兄(あにい)悪かった。実はお前(めえ)の気を引いたが、其の度胸なら話せるワエ、先ず知音(ちかづき)に一杯酌(くも)う。」
 有浦は早くも心附き、彼酒に酔わせて我を迷(ま)く計略(はかりごと)だろうと、心の中に頷首(うなづ)きつつ、

 「爾(そう)打ち解けて呉れさいすれば、何もあれこれ云う事は無(ね)エ。サ、行こう。」
と言って其の手を取ると、曲者も我が計略の成ったのを喜ぶ様に、直ぐに歩み出した。有浦は歩みながらも四つ角を廻る度に、私(ひそ)かに後ろを眺めると、馬車は我が云い付けた様に、半町ばかり後ろから、徐々(そろそろ)進み来る様子なので、安心して行く中に、曲者は但有(とあ)る居酒屋の前に立ち止まり、

 「ここが好かろう。」
 (有)好(い)いとも。
と言って二人一緒に進み入り、灯影(ほかげ)薄暗い、店の隅に腰打ち掛けると、曲者は有浦に向かい、
 「酒は何が好い。」
と問う。
 有浦は酒より外に楽しみの無い、田舎の鎮台に長く在って、強い酒に慣れていたので、先ず充分に曲者を酔わそうと思い、
 「爾(そう)さ何でも強いのが好かろう。」

 同じ思いの曲者も、
 「それが好かろう。」
と言って給仕に、強いブランデーを命じ、有浦の硝杯(コップ)に満々と注いだので、有浦は一息に飲み乾して曲者に渡すと、曲者も同じく一息に飲み乾した。彼呑みて彼に注ぎ、彼呑みて彼に注ぐ事、凡そ三回に至ったが、曲者は有浦が顔色の変らないのを見て、敵し難しと思ったか、

 「今夜は何だか酒が不味い、大兄(あにい)勝手に遣(や)りねエな。」
 (有)ナニ一人で呑んでは詰まらねエ。爾(そう)云わずに最(もう)一杯。
 (曲者)イヤ、この上遣っちゃ稼ぎが出来ねエ。
 此の言葉で察するに、曲者は既に酒の決闘を思い切り、又も有浦を何所へか連れ出して、迷(ま)こうと思うに相違無い。

 (有)ジャア稼ぎに出ようが、目当ては有るか。
 (曲)一軒、利門町に、見て置いた家が有るから、少し遠いが行って見よう。
 是で居酒屋を立ち出でて、或いは右に折れ、或いは左に曲がり、凡そ三十町(約3km)ほど行き、漸(ようや)く利門町と云う所に着くと、町の角に黒い塀を廻らした、紳士の宅と覚(おぼ)しい家があった。

 曲者は之を指差し、
 「サ、此の家だ。是は近頃移って来た貴族の住居で、主は毎夜十二時から、倶楽部へ歌牌(かるた)遊びに出て行くから、四時までは帰らない。一月前から睨(にら)んで置いたが、一人では危険だが、今夜は幸い大兄(あにい)が手伝って呉れるから、造作ア無(ね)エ。」
と嬉しそうに打ち語る此の言葉に、有浦は意外な思いをして、

 さては此の曲者、我が思った事には相違して、真実の盗賊だったか。左すれば、この儘(まま)捨てて置くことは出来ない。他日に至り、この盗賊が捕らわれる事でも有れば、我が身も連類の疑いは、逃れる事は出来ないだろうと、心私(ひそか)に危ぶんだが、更に疑わしい所も有るので、先ず其の為すが儘(まま)に任せて試(み)ようと、

 (有)それでは二人一緒に入ろう。
 (曲者)イヤ、一緒では仕方が無エ。大兄(あにい)が這入(へい)って俺が外で見張りをするか、それとも俺が這入(へい)って大兄(あにい)が見張るか、一人は外に見張らなくちゃ。

 其の言葉から見ると、果たせるかな、彼は物を盗もうとするには非(あら)ず、唯有浦を迷(ま)こうとしているのだ。しかしながら二つに一つを取る外に、仕方が無い場合なので、兎に角、彼を中へ入れ、其の後で工夫を定めようと、

 「では仲間、這入(へい)んねエ。俺が見張ろう。」
 この様に手筈が定まると同時に、曲者は件(くだん)の縄梯子を取り出し、塀の上に瓢子(ひらり)と投げれば、其の環は狙いを過(あやま)らず、忍び返しの剣に掛った。曲者は之を伝い、身軽く中に入ったので、有浦は、彼が若し、外(ほか)から逃げ出だしはしないかと、外(そと)から塀の四方を隈なく見ると、堅く鎮(とざ)した表門の外には、逃げ出だす可き所は無い。

 斯(こ)うなれば、袋の中に追入れたも同然だと、暫(しばら)く外で待って居ると、今まで暗かった二階の窓から洋灯(らんぷ)の光がチラチラと照(さ)したので、さては曲者、大胆にも燭(あか)りを照(つ)けて、悠々と獲物を捜しているのか。この儘(まま)に捨てて置くのは罪深いと、半町ばかり後ろに居る彼の馬車を呼んで来て、又も士官の服を着け、馬丁(べっとう)には塀の周囲を見張らせて置き、我が身は表門の方に廻って、

 「頼む、頼む」
と打ち叩くと、中から十五、六の小僧、燭(あか)りを手にして出て来て、
 「何御用でしょう。」
 「この内へ賊、賊、賊が這入って居る。」
 (小僧)誰も這入りは致しません。
 (有)イヤ、確かに這入った。僕が捕えて遣るサ、裏庭の方へ案内を。外へは逃げない様に馬丁が見張っているから早く、早く。
 
 小僧は呆気に取られ、
 「何事か知りませんが、一応主人に聞いた上で無ければ、裏庭へ案内は出来ません。」
 (有)では主人が内に居るのか。
 (小僧)是から倶楽部へ行くと言って、今着物を着替えて居る所です。
 (有)それでは至急に面会したいと云って呉れ。俺は騎兵大尉有浦と云う者だ。

 (小僧)それでは先ず応接所で、お控えを願います。
と言って有浦を中に入れ、門の戸を堅く鎮(と)じて、応接所まで通した。

次(第十四回)へ

a:291 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花