巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

akutousinsi23

悪党紳士   (明進堂刊より)(転載禁止)

ボアゴベ作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2014.7.12

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

akutousinsi

悪党紳士        涙香小史 訳

               第二十三回

 有浦は林屋お民の家で意外な事を聞き出し、且つ丸池お瀧から、曲者と覚しき者が書いた、手紙をさえ得たので、此の上は更に、お蓮に逢い、我に隠している事を詳しく聞き、充分に曲者の様子を確かめようと思って、又もや馬車を急がせて、お蓮の家に入って行った。

 お蓮はたった今、綾部安道に身の上を白状し、又娘にも打ち明けたので、此れから後々を如何(どう)したら好いだろうと、独り思案に暮れていた時だったので、有浦の顔を見るなり、涙目を拭いて、
 「有浦さん、何うしましょう。綾部さんにもお仙にも、残らず身の上を打ち明けました。」

 (有)夫(それ)では綾部が此の家へ来たのか。
 (蓮)ハイ、参りました。先(ま)ア斯(こ)うですよ。今朝私が伊太利(イタリア)村に居る所へ、貴方からと言って、迎いの手紙が来ましたから、何事かと急いで帰ると、其の手紙は贋者(にせもの)で、何者かが貴方のお名を騙(かた)って、私を呼び寄せたものでした。

 夫(それ)から暫くすると、後からお仙と綾部が参りましたから、何故(なぜ)来たかと聞いて見ると、是も贋手紙に騙されたのです。余り不思議ですから、其の手紙を能(よ)く能く見ると、私に寄越した手紙と、一つの手で書いて有ります。夫で漸々(ようよう)曲者の心が分かりました。

 是は必ず綾部とお仙に私の身の上を知らせ、互いに愛想を尽かさせる為ですよ。私も最(も)う此のデミモンドの住居(すまい)を見られたからには、隠すのは益々恥と思い、残らず身の上を打ち明けましたら、綾部は汚らわしいと思ったのか、挨拶もせず帰りました。

 (有)何、其の位の事なら、別に心配する事は無い。何(ど)うせ何時までも、隠せる事で無いのだだから、今打ち明けたのが却(かえ)って好かった。
 併し其方(そなた)は、未だ私にも、打ち明けなければ済ま無い事が有るぜ。
と聞いてお蓮が驚くのを、有浦は打ち笑い、

 「ナニ、驚く程の事では無い。其方は妹李(まりい)夫人が、殺される所を見届けながら、今まで誰にも隠して居るのだネ。イヤサ、もう隠しても駄目な事、私は今、林屋お民の家へ行き、彼の恐ろしい、吊り天井の寝台の仕組みを、すっかり見極めて来たのだから。」
 お蓮は、青い顔色が又白くなるまでに打ち驚き、今は隠すのも無駄だと思ったけれど、未だ彼の誓いの事が気に懸かるので、唯無言の儘(まま)で、有浦の顔を打ち眺めていた。

 (有)コレ、お蓮、其方が夫ほどまで此の事を隠すのには、きっと深い仔細も有るのだろうが、見た事は見たと云わなければ、身の為に成ら無いよ。他人は兎も角、私だけには聞かせても宜(よ)いだろう。コレ、返事をしないのは、聞かされ無いと云うのかサ。何うしたのだ。有浦は男だ。軍人だ。他言して悪い事なら、決して他言はしない。聞かせて呉れ。夫を聞かなければ、曲者を捜す事も出来無いから。

 フム、是は不思議だ。是でも聞かされ無いと云うのか。何時までも黙って居ては、為に成ら無いよ。能(よ)く考へて見るが宜(よ)い。夫人が殺される所を、其方が現に見届けながら、其の曲者の事を隠して居ては、第一殺された夫人の為にも済まないが、夫人は其方の恩人だぜ。恩人が殺されるのを見届けたなら、直ぐ様其の筋へも訴えて、其の曲者が捕らえられる様にし、夫人の為に仇を復して遣(や)るのが、其方の本分と云う者だ。夫をこの様に隠して居る。
と云い掛けて、声を低め、

 「若しや、其方も曲者の同類では無いかと疑われるぜ。」
 お蓮は益々驚いて、殆ど気絶してしまうような有様だが、口を開こうとする様子は無い。

 (有)之は如何した事だ。未だ黙って居るのか。若し此の事がその筋の耳に入れば、第一に其方を疑い、能(よ)く能く取り調べた上で、夫人の財産が、其方(そなた)の娘に伝わる事が現れたら、其方は何うしても逃れられない。早く夫人の財産を、我が娘に渡したいからと、其方が悪者と手を組んで、夫人を殺したので有ろうと云われたら何とする。其方が彼(あ)の夜、夫人の事を見届ける為め、林屋お民の家へ行った事は、知って居る人が幾等もある。其方は、何時までも隠して居ては、我が身が危険な事を知ら無いのか。

 お蓮は此の言葉に我が身の危ういのを悟ったけれど、今までの事柄で、曲者の手際を考えて見ると、彼の奇疑なる手紙を作って、親子を自由自在に取り扱うなど、実に非常に力のある者で無くては、到底(とて)も無し得ない仕業なので、其の姿は見え無いが、絶えず我が身に附き纏(まと)っていることは疑い無い。

 今までも既に、曲者には様々な辛い目を受けているのに、今口外しては、此の上何(ど)のような災に逢うかも知れ無い。言うのも危うく、言わないのも亦危うい。此の辛い間に挟まり、何うしたら好いだろうと、心を様々に悩ませたが、思えば思う程、益々我が身の恐ろしさを感ずるばかりで、如何したら良いか、考えが纏(まと)まらない。

 しかしながら、妹李(まりい)夫人の死骸は既に自然に死んだ者として、その筋まで通って、その筋の疑いは遠のいたが、曲者の恨みは近い。遠い疑いよりは近い恨みの方が恐ろしく、隠していることは何時でも打ち明ける事が出来るが、一旦打ち明けた事は、悔やんでも取り返し附かなくなると思うと、先ず隠せるだけ隠すのが一番好いと、漸く思いを定め。

 「有浦さん、貴方に隠しては済みませんが、是ばかりは言われません。私の口は閉じられて居ますから、何うぞ問はずに私を助けて下さいませ。其れまで問はずに分かったなら、其の後は、考えたなら大抵分かりましょう。」
と云うのに、有浦も大方は事の次第を推し量り、此の上問うても、益無しと思ったので、心広い軍人の常として、早くも思い返し、

 「好し好し、夫ではもう問うまい。口を封(と)じられたと云うからは、先ア曲者に威(おど)かされて、他言はしないと誓いを立てたとでも思って居よう。夫は爾(そう)と、先程、曲者が其方とお仙に、手紙を寄越した手紙と云うのは、此処に在るのか。

 (蓮)ハイ、二通とも茲(ここ)に有ります。
と言って、衣嚢(かくし)から取り出したのを、有浦は受け取って、先程彼の丸池お瀧から預かった、一通と比べて見ると、果たせるかな、其の文字は同じ人の手に成った者だった。是から見ると、妹李(まりい)夫人を林屋に誘って、怪しい寝台を与えたのも、お瀧に近づきと為って、お蓮の様子を探ろうとしたのも、又彼の綾部とお仙を此の家へ誘い寄せ、三人の間を割こうと企てたのも、総て是同じ人である。

 入山鐘堂が自分で之を為したのでなければ、其の手先に為さしめた事は確実で、何(いず)れとするも其の源(みなもと)は彼の仕業に決まっていると、有浦は腹の中に合点しながら、其の事をお蓮に告げて、且つ問うには、
 「是から其方は何うする積りだ。」

 (蓮)最(も)う茲(ここ)に住むのも厭(いや)ですから、兎に角直ぐに伊太利村に引き込みます。
 (有)イヤ、伊太利村に引っ込んでも、決して安心は出来ないだろうよ。既に昨夜も曲者が鶴女の家を覗いて居て。
と言って、是から、彼の曲者を蘭樽伯の庭まで追って行って、終に取り逃がした事を語ると、お蓮は又も驚き、

 「夫(それ)ではお仙と共に、何所でも人の知ら無い所へ、引き移ります。」
 「イヤ、幾等引き移っても駄目な事。曲者は何所までも踪(つ)いて行くから。何でも一人確かな人に、保護を頼むより外は、仕方が無い。」
 (蓮)保護は貴方がして下さるでは有りませんか。
 (有)素(もと)より私が保護するけれど、私は6ヶ月の後には、又田舎へ出張しなければならない上、私一人では未だ足り無いから、是からお仙に然る可き所天(おっと)を迎え、其の所天を力とするのが肝腎だ。

 (蓮)でも、お仙の所天(おっと)にする筈で有った、綾部伯爵は既に私の身の上を聞いて、逃げて行きましたもの。
 (有)いや綾部より外に心当たりがあるから。
と言って、是から彼の蘭樽伯の事を話聞かすと、お蓮は大いに喜んだが、
 「唯お仙の心の中では、未だ綾部の事を思い切っていない様子なので、外の所天(おっと)は当分持たないでしょう。」
と言うのに、有浦は之を打ち消し、

 「夫(それ)なら、俺が綾部に逢い、能(よ)く道理を説き聞かせて、彼の口からお仙に向い、思い切る様に諭(さと)させる。」
と請合った。

次(第二十四回)へ

a:279 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花