巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

akutousinsi27

悪党紳士   (明進堂刊より)(転載禁止)

ボアゴベ作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2014.7.17

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

akutousinsi

悪党紳士        涙香小史 訳

               第二十七回

 伊太利村と利門町の間にある、或狭い町に非常に怪しい料理屋がある。昼は戸を閉じ、稼業を休んで、夜になると店を開き、宵の点灯(ひともし)頃から朝の六時頃までを営業の時間としている。其の故は、泥棒追剥或いは又博徒などと云える様な、夜を更(ふ)かす人々を客として、其の懐中を目当てとするところにある。

 だから此の店へ出入りする人は堅気の人では無い。何(いず)れも夜を以って昼と為し、夜の間に稼ぎを為す人である。早く云えば、怪しい稼業を為す、暗い身の上の人々である。或日曜日の、夜八時頃の事であるが、此の料理屋の一室に非常に親しそうに談話(はなし)をしている二人の客があった。二人とも年は四十四、五であるが、一人は黒髯長く生え茂って、口唇(くちびる)さえも見分け難く、一人は綺麗に剃り落として、青く其の痕を留めるのみ。

 両人の話しの様子から考えれば、共に一つ仕事を為す同類の様であるが、鬚髯の無い方は兄分で、名を弁蔵と呼び、鬚髯のあるのは其の下に附く者で、勘次と云う。勘次は頓(やが)て前に置いてある杯を飲み乾して、弁蔵に向い、
 「大兄(あにい)、三太からの便りが滅法遅い様だが、もう徐々(そろそろ)出掛けずァ成るめエゼ。」
と云うと、弁蔵は最落ち着いた様子で、

 「馬鹿言いネエ、手前今何時だと思う。未だ九時前じゃ無いか。手前毎(いつ)でも、余り急くから失敗(しくじる)んだ。」
 (勘)俺は何も失敗(しくじ)った事ア有りア仕ねエ。お前に雇われて早や二十日になるけれど。
 (弁)失敗(しくじった)事ア無エなどと其様(そんな)大きい口が利かれるカエ。此の間の晩は何だ手前、四辺(あたり)に人の居るも知らずに遣附(やっつけ)やうと仕たばかりに、アの有浦と云う奴に目掛(めっか)って、即(すん)での事、捕まる所をサ。

 (勘)ダッテ見ねエな、全然(すっかり)泥棒と見せ掛けて利門町まで連れて行って、縄梯子で彼の屋敷の塀を乗り越えて、ドロンと消えた手際なぞア、太した者だゼ。
 (弁)ナニ倒頭彼(あ)の夜は、用が足りずに一宵をフイにした癖にー。

 (勘)フイにゃア仕無いが、其の中に夜が明けたんダー、エ大兄、爾(そ)う云うけれど、俺の身に成って見ねエ、お前の仕事とア太した違エだ。お前エはもう家令とか何とか、恐ろしく触れ込んで、丸池お瀧に損料馬車を当合(あてが)ったりサ、時々筆を取って贋手紙を書いたりサ、骨の折れる所は、皆俺の受け持ちで、お前の仕事ア丸で遊んで居る様な者だぜ。夫れで、旦那からは己の二倍掛けも給金を貰うじゃア無エか。

 (弁)夫りや手前、己等(おいら)の仕事ア気骨が折れるアー。手前だって時々悪どい儲けが有るぜ。此の間なんぞア、彼の死骸縦覧所の書記局の前に立って居て、お蓮の耳に口を寄せ、茲(ここ)へ入れば、娘の身の上が危ないぞ、と細語(ささや)いたばかりで、二十両貰ったろう。何だって彼(あ)の旦那は、悪事と云う悪事は、仕尽くして来たんだもの、気前は好(い)いやネ。旨く働きせエすりゃ、褒美は幾等でも呉れる人だから。

 (勘)だけれど何だなア。俺ア褒美なぞア、欲しく無(ね)エが、最(も)ソッと能(よ)く、旦那の心を打ち明けて貰エ度(てい)なア。俺なぞア斯(こ)うして毎日使われているけれど、旦那の心が全然分からネエ。昨日も丸池お瀧を馬車に乗せてサ、綾部安道の宿へ連れて行ったけれど、何の為だか少しも分から無い。又時々彼(あ)のお仙お蓮の後を踪(つ)け、見張っては居るけれど、何で見張るんだか、其の訳を聞かせて呉れねエから、丸で夢中で働エて居る様な者だ。

 だから最(も)う、松(ぴん)から桐(きり)まで、言ひ付かった通りにする丈で、其の時其の時旨く機転を利かせる事が出来ねエと云う者サ。夫(それ)よりヤア、何事も打ち明けて、トドの詰まり、お蓮を彼(アア)してお仙を斯(こう)する積りだと云ふ所を、残らず言い含めて呉れさエすりヤア、又臨機応変とか云う掛け駆け引きも有るだろうじゃア無エか。エお前、三つか四つの子供じゃ有るめエし、、訳を言わずに、唯斯(こう)しろ彼々(ああ)しろてエのア、無理じゃア無エか。

 (弁)イヤサ、お前が未だ新参の身で、残らず打ち明けろたア無理だよ。彼(ア)あ云う分かった旦那だから、お前が充分に手柄を立て、此の男なら、打ち明けても心配は無ねエと見抜いた日にやア、打ち明けもするだろうよ。併しお前は未だ当座の雇い人だ。雇い人の身分で主人の内幕まで知ろうと云うのは未だ早過ぎるサ。

 (勘)ソリャ雇い人にゃ違エ無(ね)えが、夫でも丸切り訳を知らされ無エのハ、気まずいよ。同じ働くにも張り合いが無エや。
 (弁)ナニ張り合いの無エ事が有る者か。働けば夫(それ)だけの褒美が出るんだ者。
 (勘)夫(そ)りゃ先ア、褒美せえ貰エば好いような者の、夫きゃ先が分かって居て面白みが無エ。
 (弁)何(ど)う云えば斯(こ)う云うサ、最(も)う三太が帰える時分だ。用意を仕ネエ。
 (勘)スハと云えば何時でも好いー。別に此の上の用意は無いが、併し今夜の仕事は何をするのだ。

 (弁)彼の綺麗首を誘(おび)き出して、旦那の居る所へ連れて行くのサ。
 (勘)綺麗首たアお仙かエ。
 (弁)爾(そう)さ
 (勘)夫(それ)や駄目だよ。最(も)う今までの贋手紙に懲りて居るから、今夜は最(も)う其の手は食うめエ。

 (弁)所が夫を食う様に仕組んで有るから大丈夫サ、安心の為話して置く、先(ま)あ聞きねエ。斯(こ)うだ。今夜三太は、彼の綾の部が居る春田町宿屋の給仕に化けて、綾部からの贋手紙を持って、お仙の所へ行ったのだぜ。お仙は昨日の一件で、最(も)う綾部には愛想を尽かして居るとは云う者の、ぞっこん惚れ込んで居る事だから、綾部の手紙と云えば、必ず開いて見るだろう。見せえすれば占めた者だ。手紙の文句は、俺と旦那が一生の知恵を振るって拵(こせ)エたのだから、ウカウカと騙されるに極まって居る。

 (勘)其の手紙には何と書いて有る。
 (弁)文句は長エが詰まりナンだなア、昨日は誠に済まなかった。彼(あ)れは全く間違いだから、今夜お目に掛って充分に言い訳が仕度いから、何(ど)うぞ今夜の何時に何所何許(どこそこ)まで来て呉れ、屹度(きっと)待っているからと云う事を、涙の出る様に書いて有るのサ。先ア其の手紙を旨くお仙の手へ渡したか渡さぬかは三太が帰(けい)る迄は知れねエけれど、三太の事だから大丈夫、遣り損じは無エ筈だー。

とヒソヒソ話して居る中、三太と云う曲者もやって来た。

次(第二十八回)へ

a:273 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花