巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

akutousinsi3

悪党紳士   (明進堂刊より)(転載禁止)

ボアゴベイ作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2014.6.23

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

akutousinsi

悪党紳士        涙香小史 訳

               第三回

 背後(うしろ)から捕えられ、且(か)つ目さへ隔(かく)されて、お蓮は非常に驚いたが、騒いでも逃れられ無い所と、深く心を落ち着け、彼れは何事を為すのだろうと、その為(す)が儘(まま)に任せて置くと、曲者(くせもの)は、寝台からお蓮を引き放して、

 (曲者)コレ何(どう)して此所(ここ)へ入って来た、有りのままに白状しろ。嘘を言うと縊殺(しめころ)すぞ。
 (蓮)ハイ、次の室(ま)から参りました。
 (曲者)次の室(ま)で何をしていた。此室(このま)の様子を、覗いていたのか。
 (蓮)イイエ
 (曲者)イイエでは無いだろう、白状しろ。サ命が欲しけりゃ白状せよ。
とお蓮の首を縊上(しめあ)げた。

 この様な悪事を見たからには、何(ど)のようにしても、助かるべき望みは無いと、お蓮は心に覚悟を極め、
 「イイエ、覗きましても、貴方を疑った訳ではでは有りません。此室(このま)に人殺しが有ろうとは、夢にも知りませんので。
 (曲者)ナニ、人殺し、夫(それ)まで知られたからは、愈々(いよいよ)聞き捨てに成ら無い奴じゃ。サ何(どう)して次の間に居た。
 (蓮)この家の女主お民に、用事が有って参りましたら、この次の小座敷へ通されました。小座敷で待って居る中、風(ふ)と見ると壁に穴が有って、この間から灯光(あかり)が照(さ)すので、ツイ立って覗きましたら。

 (曲者)ナニ、壁に穴が有るッテ。待て待て己(おれ)が検(あらた)めて来る。
と言いながら、後ろ様にお蓮を引き摺(ず)り、次の小座敷へ連れて行った。お蓮はつくづく曲者の様子を観察すると、彼今我を殺すに於いては、差し当たりその死骸の隠し所に困り、更には、お蓮の一声で、この家の人々が、馳せ来る恐れも有るので、成る可く事を、穏便に済まそうとする心に違いない。それで、お蓮も故(わざ)と恐れ無い様子を見せ、我身に危うい事があったら、直ぐにも人々を呼び立てる勢いを、示して居た。曲者は小座敷の壁を検め、成る程嘘では無い。穴が二ツ有る。

 「フム是は座敷の壁に在る美人の眼に当たるナ。座敷の様子を覗く為に、この様な事をして有るとは、物騒な所だ。」
と言って又も元の所に連れ帰り、
 (曲者)サそれから何(どう)した。
 (蓮)ハイ彼(あ)の穴を覗きましたら、寝台の天井が段々と下がって来て、寝ている婦人に被(かぶ)さりましたから、これは誰かが婦人を殺す計(たく)らみだと思い、我を忘れてこの室へ駆け込みましたので、貴方の様な恐ろしい方が、この室に隠れて居ようとは存じませず。

 (曲者)フム、若し初めから己(おれ)が隠れて居る事が分かったなら、何とする所だ。
 (蓮)ハイ、それが分ッたなら、単身(ひとり)で駆け込みは致しません。この家の女主(あるじ)に、知らせる所で有りました。
 この様に、容(おめ)ず臆せず《ずけずけ》言い立てる事は、極めて危険な事だが、この様な非常の悪漢に、偽りを言い立てても、彼は固(もと)より信ずる筈は無く、益々疑い危ぶむ事は確実なので、特に充分な度胸を示したのだ。

 曲者は聞き終わって、暫(しばら)くの間、言葉が無かった。
 言葉が無いのは、是れからお蓮の運命が、右とも左とも決(さだま)るかと思うと、その恐ろしい事は言い様も無かった。
 (曲者)手前は見掛けに由(よ)らぬ大胆な奴じゃ。
 (蓮)大胆では有りません。女の身として、同じ女が此様(こんな)恐ろしい死様に逢ふのを、見捨てる事は出来ません。
 (曲者)ナニ恐ろしい死様、恐ろしい事は少しも無い。斯(こ)うして殺せば、眠った儘(まま)で何も知らずに死ねるから、結局この方が功徳になる。手前は又、何故に余計な所へ手出をした。この女を知って居るのか。

 (蓮)イエ、この婦人は知りませんが、私には情けが有ります。
 (曲者)エエ、其様(そん)な押し問答する暇は無い。手前を生かせば安心がならぬ。一所に殺すから、サ覚悟しろ。
 (蓮)サ殺すならお殺しなさい。殺せば明朝、お民から私の死体を届け出ますから、その筋でも、第一にこの室を借りに来た人を、調査します。

 この時曲者は、我が身の危きを感じたのか、お蓮の首筋を押さえて居るその手先が、ブルブルと震えた。
 (曲者)ではお民は、この室を貸した次第を、手前に話したのだナ。
 (蓮)ハイ、家令の様な人が、借りに来たと云いました。お民も、貴方がこの様な恐ろしい罪を、犯すと知ったなら、決して貸しはし無かったでしょう。

 (曲)ナアニ手前さえ多舌(しゃべら)なければ、この罪は何時までも分かりゃしない。眠った儘(まま)で死んで居るから、医者でも探偵でも、他人に殺されたとは、気が付か無い。卒中か心臓破裂で、頓死だと見做して済ませるのだ。手前それを疑はしく思うなら、サ見せて遣る、ソレ見ろ。
と云いながら、茲(ここ)に初めて、目を隠していた手拭(ハンケチ)を取り除いた。

 しかしながら曲者は、己(おのれ)の顔を見られる事を、嫌うと見え、首を握った手は少しも弛めない。お蓮は眼を開いて、つくづくと打ち見遣(みや)ると、不思議なる哉、寝台の天井は、何時の間にか元の如く上に登って、少しも怪しい所は無い。それに婦人は全くその呼吸(いき)を絶たれたが、その姿、その顔の様子は、初め眠った時の儘(まま)で、殆ど死んだ人とは思われ無い程だ。

 お蓮は是(ここ)に至って、熟々(しみじみ)とこの曲者が、一通りでは無い悪知恵のあるのに驚いて、思はずも身震いをした。
 曲者はこれを見て、
 「コレ、恐ろしいか、真実恐ろしいと思うならば、死んでもこの事を他言しないと言う、誓いを立てろ。己(おれ)の前で、神に誓いを立てれば許して遣る。

 (蓮)貴方が私を信じないならば、誓いを立てても何の甲斐も無いでしょう。
 (曲者)イヤ、誓いさえ立てれば、今夜の所は許して遣る。その代わり、今から手前の身には、見えつ隠れつ、多勢の番人を付けて置くから、一寸でも他言すれば、直ぐ様息の根を留めるから爾(そう)思え。好しんば手前を殺さなくても、手前の身に取り、一番大事な人に、敵を打つから。手前に娘が有ればその娘、親が有ればその親に仇をする。その積りで神妙に誓いを守るか。

 お蓮には一人の娘がある。お蓮が今茲(ここ)に殺されたならば、娘を路頭に迷わすので、如何なる難題に逢うとも、命には替え難い。今は曲者の言葉に従う外は無い。
 (蓮)ハイ、誓いを立てましょう。
 (曲者)それではこの死人の身体に手を添えて。
と言いながら、又もお蓮が目を隠し、無理にその手を取って、死人の冷たい顔に当てさせたので、余りの恐ろしさに、お蓮は爪の先まで色が変わった。

 (曲者)サ、誓いを立てろ。
 今は止むを得無い。細く震える声で、
 「今夜この所で見た事は、生涯他言しない事を誓います。」
と誓い終わると、
 (曲者)夫(それ)で好い。是から後は、手前の命は、己(おれ)の物だ。何所へ行うが、手前の身には、数多の番人が附いて居て、言う事為す事、一々俺(おれ)に知らせて来るから、神妙にこの誓を覚えて居ろ。是でもう用は無い。サ帰れ。
と言いながら、灯(ともしび)を吹き消して、お蓮を裏門まで、引き摺(ず)って行き、その儘(まま)外へ突き出して、後を堅く〆切った。

 お蓮は独り、今までの事を考えて見たが、この曲者は如何なる人なのだろう、唯声を聞いただけで、姿を見ていないので、他日、道で逢っても知る方法は無く、官に告げる術も無い。しかしながら、唯だ我首を握って居た、右の手の小指に、太く厚い指輪を嵌めて居たと見え、初め捕(つか)まれてから、暫らくの間、その所だけ冷たく感じ、後には其所(そこ)だけ、肉を押される様な心地がした。是だけの事でも、他日何かの証拠と為る事が、有るかも知れないと、固く心に留めた。
 是れをこの話の発端とする。


次(第四回)へ

a:265 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花