巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

akutousinsi31

悪党紳士   (明進堂刊より)(転載禁止)

ボアゴベ作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2014.7.21

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

akutousinsi

悪党紳士        涙香小史 訳

               第三十一回

 この夜、有浦は間も無くお蓮に分かれを告げ、鶴女の家を出たが、先程蘭樽伯が曲者を打ち倒したと語ったので、若しや其の曲者が、未だ倒れた儘(まま)ではないかと思い、茲(ここ)ではないかと思われる辺りで、燐寸(マッチ)を取り出し、地の上を照らして見ると、倒れた曲者と云うのは影さえも無かった。個(こ)れはきっと、同類の者が引き返して、扶(たす)け去った者に違いない。

 しかしながら、其許此許(そこここ)に血の痕が未だ鮮やかなのは、軽くない怪我をしたものに相違ないと、心に頷(うなづ)きながら、我が宿に帰って行った。この様にして、翌日は約束の通り、蘭樽伯を連れ、再び鶴女の家を訪(おとな)い行ったが、今度は伯爵も抜け目無く衣服なども気を附けたので、殆ど綾部安道よりも年若く見えた。

 其の為からか、鶴女もお仙も昨夜よりは、一層又心を尽くして、伯爵を歓待(もてな)し、お蓮も昨夜程は伯を嫌う様子は無い。此の様子なら、何の苦も無く此の縁談は調(ととの)うだろうと思ったが、果たせる哉、是から四日目には、既にお仙も伯の妻となる事を承知した。

 是に附き、一つ奇妙な事が有る。それは外ならず、先に妹李(まりい)夫人が殺された時からして、お蓮お仙等の身には、絶えず曲者が附き纏(まと)い、或いは贋手紙を作り、或いは家の周囲を覗(うかが)うなど、殆ど五月蝿(うるさ)い程だったのが、蘭樽伯に交わりを結んだ時からして、曲者は全く姿を隠し、絶えてお蓮等を苦しめることが無くなった。

 是も全く彼の曲者の一人を半殺しに傷けた、伯爵の力を恐れる為に違いないと、一同は喜んだ。これのみならず又有浦は、先の日、林屋お民と約束した様に、彼の寝台を買い取ろうと云う古道具屋の顔を見ようとして、約束の日、お民の家に訪ねて行ったが、古道具屋はその後来なかったので、寝台は物置の隅に仕舞ってしまったと云う。
 是で曲者が、しばらく其の手を引いたことは、愈々(いよいよ)疑い無い。アア曲者は何故に、お蓮等を苦しめることを思い留まったのだろう。まことに不審と云う外はない。

 話は替わって、綾部安道は前に記した様に、曲者の計略で、忽(たちま)ちお仙に愛想を尽かされたけれど、心には未だ影身に添い、お仙を保護し、何とかして彼(あ)の曲者の正体を、見破ろうと決心したことは、読者の既に知っている所だろう。

 其の後は、此の事ばかりが心に掛ったが、何分にも巴里の内には知り人さえも少なく、一人親しくする大尉有浦は、お仙に外の婿夫(むこ)を世話しようと言って、我にお仙を思い切れと勧める程なので、之に相談しようも無いと、空しく思い屈して在る所へ、或る日有浦が尋ねて来て、お仙には既に然る可き婿夫が定まった事を告げた。

 そうと聞き、心の失望は並大抵では無かったが、之の為に、曲者を捜そうとの念は、又一層強くなった。お仙は既に我が物で無い上は、躍起(やっき)と為って、曲者を探すにも及ばない筈では有るが、是が少年の迷いである。我が思う女に振り捨てられ、且つは好きな婿夫さえ定まったと聞き、如何(どう)して心を動かさない事があるだろうか。三分は迷いの心、残る三分は制し難い少年の急気(はやりぎ)から、この様に決心したのだ。

 しかしながら、有浦にはその心を見せず、婿夫と為る人の名さえ聞かずに分かれたが、後で思って見ると、如何(ど)のようにして捜索を始めるたら好いか分からない。兎に角も先ず曲者の贋手紙に欺かれ、我が宿へ入って来た、彼の丸池お瀧嬢とやらと親しく為れば、又思い当たる事があるかも知れ無い。

 それにしても、お瀧の住居は何所なのか、夫(それ)さえも知る事が出来なかったので、日頃デミモンドが多く散歩すると聞く某(ある)公園に行き、往来の人に目を注ぐ外は無しと、此の翌朝は早く起き、馬に乗って公園地に行った所、聞きしに違はず、年若い美人が、或いは車或いは馬などで来るも有れば、往くも有り。されどお瀧嬢は見当たら無い。

 其の翌朝も亦行って、当ても無く漂泊(さまよ)って居ると、後ろから馬に乗って、声高く話しながら進んで来る四人一群れの紳士があった。振り向いて見ると、大尉有浦もその内に有って、早くも綾部の顔を認め、
 「君は茲(ここ)で何を仕て居る。」
と声掛けた。今此の群れに打ち交われば、其の話の中に自然、お瀧の事などを言い出すかも知れ無いと思ったので、綾部は徒(いたうら)に散歩をしている事を答えて、大尉と馬の頭を並べた。更に見ると、大尉の右の側(わき)に馬を進める人は、先の日、一寸逢ひ見た蘭樽伯だったので、之に向って黙礼すると、有浦は驚いた様子で、

 「君は毎時(いつ)の間にか蘭樽伯を知っているのか。」
と云うと、有浦より先に、伯は例の笑顔で、
 「先日君が帰った後に、この方が君を尋ねて来て、其の時に親しくなった。」
と答えた。之で有浦は残る二人を綾部に引き合わせ、
 「之は銀行頭取猿島氏、之は紳士山田氏」
と名を告げた。

 之から種々雑談しながら歩むうち、話は意外な所に移り、終に綾部が、目的を達す可き糸口を得た一段は、次回を読めば知ることが出来るだろう。

次(第三十二回)へ

a:263 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花