巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

akutousinsi32

悪党紳士   (明進堂刊より)(転載禁止)

ボアゴベ作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2014.7.22

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

akutousinsi

悪党紳士        涙香小史 訳

               第三十二回

 有浦、綾部、蘭樽、猿島、山田の五人は馬の上で、思い思いに話しながら進んで行く。山田は最も気の開けた紳士なので、馴れ馴れしく綾部に向い、
 「君、有浦君の朋友なら、早く我が党の倶楽部に入りたまえ。」
と云うと、猿島も傍から口を添へ、
 「爾(そう)だ、君が入れば又歌牌(かるた)の仲間が殖えるから。」
 (山)我党は皆白徒(しろうと)で、独り蘭樽伯が上手なだけだ。

 (猿)爾(そう)さ、蘭樽は余り上手過ぎる。此の頃は毎晩、僕の金を三百円位づつ分奪(ふんだ)くるもの。僕は今に乞食に成るよ。
 (有)猿島君は負けても好いワ。銀行の頭取じゃないか。
 (山)綾部君、是非加盟したまえ。
 (綾)イヤ、僕は歌牌(かるた)を知らないので。
 (猿」爾(そう)だろうとも、君位の若い時にゃア、美人の方へ心が寄ってサ、僕なども十年前までは、女の子で忙しくて、歌牌(かるた)など引く暇は無かったのだ。

 (有)爾(そう)さ、出来無い女を無理に拵(こさ)えるには、中々骨が折れるからナア。
 (猿)所が此の頃、又新しいのが出来たから奇妙サ。
 (山)ソレ、又始まった。英国の女皇にでも惚れられたたのか。ハハハハ。
 (猿)ナニ、其様(そん)なホラじゃ無い。丸池お瀧という当時売り出しの新造よ。
 (山)コリャ驚いた。彼(あ)んな者に。

 此の時、綾部はお瀧の名を聞き、充分に耳を澄ました。
 (猿)イヤ君達は、未だ此の道に掛けては幼児だ。成る程諸君は、お瀧嬢の顔を幾度も見ただろうが、心の中を見抜いたのは、僕独りだ。実に感心な女だぜ。
 (山)爾(そう)さ、損料馬車を当合(あてが)われて喜ぶとこなぞア。

 (猿)イヤサ、雑返(まぜっか)えすから了(いけ)ないよ。君達は女を見れば、直ぐに金を遣(つか)い、無暗に物を取られて喜ぶけれど、僕なんぞは爾(そう)じゃ無い。其の心の中を見抜いて、適当な技芸を教えて遣る。
 (有)夫は親切だ。
 (山)成る程。其の真似は出来ないよ。アハハハハ。

 猿島は真面目になり、
 「イヤ、後々為になる事を教えるのが親切と云う者だ。女をコロコロさせるのは親切が一番だ。僕は今、お瀧嬢に馬乗りと音楽の稽古をさせて有るが、喜んで勉強するぜ。
 此の時、蘭樽と有浦は他の三人から少し後になって、何事をか話して居たが、頓(やが)て唯一人三人の所へ進んで来た。
 「蘭樽は用事を忘れて居たって、今後ろへ引き返えしたぜ。」

 (山)フム、彼奴(きゃつ)、近日婚礼すると云う説だから、何か其の用事だろう。
 (猿)ナニ彼の様な奴は居無くて善い。僕は嫌いだ。
 (山)君、其様(そん)なに友達を誹るのは痛(ひど)よ。
 (猿)彼奴は僕の友達じゃ無い。僕は最う彼奴の様に、歌牌で勝つ奴は大嫌いだ。

 (有)デモ君は長く蘭樽と懇意じゃ無いか。
 (猿)ナニ、彼奴、此の頃米国から来て、初めて懇意に成ったのだ。米国に居る僕の友達から、紹介状を貰って来たから、倶楽部へ入れて遣ったのサ。最ふ彼奴の為には何万円と云って取られたぜ。
 (有)君、夫では蘭樽の身の上を知らないのか。
 (猿)何、知る者か。誰の子だか、何所で生まれたか。僕は探偵じゃ有るまいし、自分の懇意にする人を、一々原籍から探って掛りゃしないさ。唯先がニコニコして交際(つきあい)易いから交際(つきあう)のだ。
  
 この様に愛想も無く言われては、外に問うべき事も無いので、有浦は綾部に向い、君に少し相談が有る。此の先まで一緒に来て呉れないか。
 綾部は素より断る可き筋が無いので、早速承諾すると、有浦は山田と猿島に向かい、僕と綾部は是で失敬するから。
 手軽く別れを告げて馬を急がせ公園地を走り抜けて、往来も稀な片側(かたかば)町に出た。

 (有)君、馬などを買い入れた所を見ると、当分故郷へは帰ら無い積りと見えるナ。
と出し抜けの問いに、綾部は其の心を知らなかったが、
 「少し用事が出来たから。」
 (有)イヤサ、用事などと隠さなくても好い。君は未だ、お仙の事を思って居るのだろう。

 (綾)若し思って居るとすれば何だ。
 (有)イヤ、一昨日、一寸話した通り、お仙は愈々(いよいよ)婿夫を取る事に成ったのだぜ。
 (綾)其婿夫とは蘭樽伯だろう。
 (有)爾(そう)だ。
 (綾)フム、爾(そう)だろうと思った。併(しか)し、夫(それ)でも好い。僕は当分巴里に居るよ。

 (有)お仙を蘭樽伯の女房に仕無い積りだろう。了(いけ)ないよ。止したまえ。到底駄目だから。
 (綾)駄目は知って居るが、僕は彼(あ)の曲者を、見付け出す積りだから。
 (有)夫(それ)も駄目だ。僕が彼(あ)れ程骨折ったけれど、見出す事が出来なかったもの。夫に曲者は何も君の敵では無い。お仙等の敵だぜ。

 (綾)爾(そう)とも。僕の敵ならナニ打ち捨てて置くけれど、お仙等の敵だから、一層打ち捨て置かれ無いのだ。と云ってお仙は最う勿論僕の女房には成ら無いだろうが、夫(それ)でも僕は其の敵を無くして安心させて遣る。
 (有)君の心掛けは感心だけれど、お仙を保護するのは、今から後は、其の所天(おっと)である蘭樽の役目で、君が手を出すのは、もう余計な事と云う者だ。

 (綾)余計な事で迷惑なら、蘭樽伯が自分で来て僕に断るが好いじゃないか。
 (有)君は爾(そう)云ふから了(いか)ん。君先ア考えて見たまえ。自分の女房でも無い女を、骨折って保護するのは、縁の下の力持ちでは無いか。
 (綾)縁の下の力持ちでも、僕は少しも恥かしいとは思わない。蘭樽の様に金に目を呉れて、お仙を望む者とは違うから。

 (有)夫(それ)サ、夫が間違いだ。蘭樽は決して金の為じゃ無いよ。
 (綾)無いか。
 (有)無いかは蘭樽の心に在る事で、君と争っても水掛論だ。
 (綾)夫(それ)より君、曲者は何時から姿を隠したのだエ。
 (有)お仙が君に愛想を尽かしたと云って、分かれた翌日から。
 (綾)夫では曲者の目的は、唯僕とお仙の間を割くだけの事に有ったのだ。詰まりお仙を自分の方へ取る積りで有ったのだ。多分僕を邪魔に思った曲者が、蘭樽を邪魔に思わ無いのは不思議じゃ無いか。

 (有)何不思議じゃ無い。蘭樽を恐れて近寄ら無いのさ。
 (綾)シテ蘭樽は、初め何うしてお仙と懇意に成ったのだエ。
 有浦は是に於いて、曲者がお仙を攫(さらっ)て行く所を、蘭樽が救った顛末を話すと、綾部は益々疑う様に、
 「夫(それ)は蘭樽の為に、余り都合が好く出来過ぎているじゃ無いか。」

 (有)ダッて少しも怪しい事は無い。蘭樽は何も知らずに停車場から帰る道で有ったのだ者。
 (綾)成る程、 その様に恩に逢ったなら、お仙が蘭樽の女房になるのを承知したのは尤(もっと)もだ。義理として否とは言え無い。併し僕は余り奇妙過ぎるから、其の恩人を疑うネ。実際其様に物事が旨(うま)く行く者じゃ無いもの。

 (有)夫(それ)では君は蘭を疑うのだな。自分でお仙に恩を着せる為に悪者を雇い、夫にお仙を攫(さら)わせて、夫を偶然らしく見せ掛けて、自分が救ったと云うのだナ。
 (綾)先ず其んな者さ、夫に僕がお仙の婿夫と極まって居た時には、無暗に邪魔をした曲者が、蘭樽がお仙の婿と為れば、隠れて仕舞ったから、曲者は蘭樽の為に働いて居るとしか思われ舞い。

 (有)爾(そう)云うから了(いけ)ん。蘭樽は其の前から、僕が紹介して、お仙等に逢わせる筈に成って居たから、何も曲者などを使ふ訳が無い。夫にアの夜、蘭樽は曲者の一人を半死半生に逢わせたもの。若し自分の使う曲者なら、決して彼(あ)の様に痛(ひど)い目には逢しは仕無いワ。併し今君は、心が穏やかで無いから、此の上何を云っても到底論が合わ無い。言うだけ無益だ。僕は最う分かれよう。

 之で有浦は分かれ去った。嗚呼、綾部の疑う様に、蘭樽は果たして曲者の巨魁であるか。将(は)たまた、有浦の言う様に、全くの紳士であるか、其の判断は読者に任す。

次(第三十三回)へ

a:273 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花