巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

akutousinsi37

悪党紳士   (明進堂刊より)(転載禁止)

ボアゴベ作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2014.7.27

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

akutousinsi

悪党紳士        涙香小史 訳

               第三十七回

 綾部安道は勘次の物語を聞き終わって、良久(しばし)黙然と考えたが、頓(やが)て胸の中に思案を定め、
 「シテ、手前は、今俺に云った丈の事を、大尉有浦の目の前で言い立てては呉れないか。」
 勘次は少し躊躇(ためら)って、
 「有浦さんは私を疑エやすから。」
 (綾)ナニ、疑いはしない。俺が有浦に向って、一々傍から言い開きをして遣るから。

 勘次は俄(にわ)かに喜びの色を現し、
 「ヘイ、旦那が傍に居て、証人に成ってお呉(くん)なさりゃ、誰の前でも言い立てやす。」
 (綾)実はな、俺も明日は蘭樽と決闘する筈にして有るが、何しろ命の遣り取りだから、運が悪けりゃ、彼奴(きゃつ)に殺されて仕舞うのだ。殺されるのは仕方も無いが、今俺が死んだ時は、誰も蘭樽を悪者とは思わない。俺は之ばかりが残念だから、切(せ)めては、彼奴の本性を知らせて置きたい。有浦は全く彼奴を、善人と思って居るのだから、愈々(いよいよ)悪人と言う事を、知らせて置きさえすれば、俺が死んだ後で、真逆(まさか)悪人と知りながら、其の儘(まま)お仙と婚礼をさせもしないだろう。俺も心置きなく勝負が出来る。

 (勘)ですが旦那、決闘はお止しなせエ、彼様(あん)な奴ですから、又何の様な計略(はかりごと)を掛けて、貴方を殺さぬとも限りやせん。夫に彼奴は剣術の達人だと申しやすぜ。ですから決闘は止めて、此の儘(まま)警察へ訴えせえすりゃ、お上の手で彼奴を生かして置く気遣いは有りやせん。

 (綾)イヤナニ仮令(たと)え殺される迄も、此の決闘を止す訳には行かない。兎に角、彼奴が即ち入山鐘堂だと云う事を、有浦に知らせて置けば、俺が殺された後で、有浦が警察へ訴えるなりと裁判所へ引き渡すなりと、都合の好い様にするだろう。爾(そう)すれば、手前の敵(かたき)も、有浦が取って呉れると云う者だ。だから手前は今言った通り、有浦の前で、彼奴の素性を言い立てて呉れ。

 勘次は溜息を発しながら、
 「幾等お留め申しても、貴方が夫を聞き入れず、何うしても決闘すると仰(おっしゃ)りゃあ、致し方有りやせん。宜しい、私しゃア今の事を言い立てやしょう。だが何時有浦さんに逢うのです。」
 (綾)明日の朝六時前に、手前は蘭樽の家の後ろに、隠れて居て呉れ。爾(そう)すれば決闘のの前に、俺が有浦を連れ出して、手前の居る所へ連れて行く。其所で話ををするとしよう。

 (勘)宜しい。夫じゃア間違い無く、アノ塀の後ろに居やすから、ナニ私しゃア今夜から、彼の許へ行って、雨露(うろ)ついて居ると仕やしょう。何うせ家へ帰ると言った所が、安泊ですから、何所で夜を明かすも同じ事です。

 綾部は此の言葉を聞き、重荷を卸(おろ)した様に安心したが、若しも勘次が明朝に至り、約束を違える事が有っては成らないと思ったので、充分其の事を防ぎ置く為め、
 「コレ、勘次、手前が約束通り、塀の後ろに居て呉れれば、己は何よりも有難い。若し手前が有浦に其の事を言い立てた為、若しも手前まで蘭樽の連類に、落とされる様な事が有れば、俺が受け合って逃がして遣る。知らない他国へ身を隠して、当分楽に世を送るだけの資本(もとで)は俺が遣(や)る。」
と言うと、勘次は暫(しば)らく考えて、

 「旦那、夫は了(いけ)やせん。私しゃア三年も牢に居たお蔭で、少しは法律も聞き齧(かじ)って居やすが、今私しが貴方から金でも貰っては、私の言うことが嘘に成りやす。金で買った証人は、証人の資格とやらが無いと言いやすから、金などは戴きやせん。ナニ、私しゃア蘭樽が憎いから、私しの方から貴方に頼むのです。若し彼奴の悪事が破(ば)れて、私しまでも巻き添えになり相なら、私しゃア其の内に逃げっちまいやす。」

 綾部は此の言葉に殆ど感心し、
 「夫では先ず何の約束もしないが、俺も綾部だから、又手前には、夫だけの事を仕て遣る時節も有るだろう。兎に角、明朝の朝の事は間違い無く。」
 (勘)旦那、念を押すにゃア及びやせん。
と言葉を交わせて立ち分かれ、是から綾部は我が宿へ帰ったが、明朝は此の世に亡き人と、為るかも知れないので、親類に宛てた一通の書置きを認(したた)めて置き、十一時過ぎる頃、寝床に就いた。

 一眠りして、夜の明け離れると共に寝床を離れ、衣物(きもの)などを着替えて、是から蘭樽の家に出向かおうとする折りしも、彼の介添え人である町田中尉が、馬車に乗って来たので、言葉少なに挨拶して共に其の馬車に乗り、我が宿を立ち出でた。頓に(やが)て蘭樽の家も間近くなった頃、綾部は町田中尉に向って、

 「中尉、私しは今朝、少し有浦に逢って、内々話て置きたい事が有ります。申し訳有りませんが、貴方、有浦を外へ呼び出しては呉れますまいか。」
と言うと、町田は怪しんで、
 「決闘の前にですか。」
 (綾)左様
 (町)飛んでも無い、其様(そんな)事は出来ません。有浦は敵の介添え人です。若し有浦に話が有れば、私に仰(おっしゃ)れ、私から彼に伝えるのが順当です。
 (綾)内々の話ですから、是非とも直々に、有浦に逢わなければなりません。

 町田は益々驚き、
 「之は何と言うことだ。貴方は決闘の規則を知りませんか。貴方が自分の介添え人を捨て置いて、向うの介添え人と内談をするなどと、夫は規則に背きます。」
 (綾)イヤ、規則に背いても構いません。
 (町)夫は了(いけ)ない。当人同士に能(よ)く規則を守らせるために、介添え人が附いて居ます。介添え人の身として、左様な事は何うあっても承知出来ません。たとえ私が承知しても、有浦が承知しますまい。

 是で、綾部が昨夜勘次と約束した事も、将(まさ)に水の泡に為ろうとする。綾部は蘭樽の正体を、誰にも告げずに、決闘しなければならない事と為った。しかしながら、此の事を誰にも知らさずに殺されたならば、全くの犬死と為る故、今は町田が何と云っても、一応有浦に逢わなければならない。

 (綾)イヤ、夫では私が自分で有浦を呼び出します。貴方は見ぬ振りをして頂きましょう。
と云う中、馬車は早や蘭樽の玄関に着いたので、綾部は先に飛び降りたが、此の時屋敷の塀の隅から、遥かに首を出して覗く者が有った。誰かと見ると、勘次だったので、綾部は彼が約束を守り、早や此所へ来て居るのを喜びながら、其の儘(まま)玄関に進み入って、参上を告げると、中から出て来たのは有浦だったので、此れ幸いと声を掛け、

 「有浦君、僕は決闘の前に、是非とも君に話して置きたい事が有るが。」
 (有)好し好し、聞こうとも、サ内へ入りたまえ。
 (綾)イヤ内では話せない。外へ来て呉れたまえ。
 (有)外へ出る事は出来ないよ。夫では決闘の規則に背くから。
 此の時、有浦の後ろに蘭樽が居た。此の問答を聞いて、からからと打ち笑い、
 「ハハハハハ、有浦君、綾部君は、僕と決闘するのが恐ろしく成ったとでも云うのだろう。その様な臆病者なら、ナニ規則通りにしなくても、一寸と逢って遣りたまえ。僕も臆病者を無理に相手にするのは、好まないから。」

 綾部は臆病者と云われ、何うして我慢ができるだろう。火(か)っと発する怒りと共に、勘次との約束は打ち忘れ、
 「ナニ、俺を臆病者とな。最(も)う堪忍ならぬ。サア来い。」
と言いながら、我を忘れて飛び掛かろうとするのを、後ろから町田は抱き留め、
 「イヤ、茲(ここ)で争うより、早く奥庭で、本当の勝負をするのが好かろう。サア行き給へ、」
と言って、早くも町田は綾部を、有浦は蘭樽を、各々奥庭へ連れて行きながら、双方へ光々と光り輝く抜き身を渡した。

 嗚呼綾部は昨夜から、充分に思案した勘次の約束を打ち忘れ、早や決闘をする事と為った。事に慣れていない少年の客気(はやりぎ)なので、今更何を言っても始まらない。
 又蘭樽の鐘堂は、今まで決闘には、ずば抜けた才を示して居たので、先ず手始めに、計画通り相手を目の暗むほどに立腹させたのだが、此れも又仕方が無いことだった。アアアア

次(第三十八回)へ

a:239 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花