巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

akutousinsi4

悪党紳士   (明進堂刊より)(転載禁止)

ボアゴベイ作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2014.6.24

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

akutousinsi

悪党紳士        涙香小史 訳

               第四回

 お蓮が此(この)恐ろしい人殺しを見認(みと)めた翌々日の朝は、早や仏国(フランス)中の新聞紙が、此事を非常に不思議そうに書き立て、馬鳥町の林屋に、頓死した貴婦人有りなどと、読み立て売り歩く者も有った。寄ると接(さわ)ると、此の噂ばかりと為ったので、警察署でも、医者及び探偵を派遣して、充分に調査を遂げたけれど、死体に何の傷所も無く、他人に殺された様な痕も無かった。又毒薬を服したと思はれる様な、兆候(しるし)も無かったので、全く病の為に頓死した者と断定した。

 この様に断定されたが、さて此の婦人は何国(いずく)の人で、何の為に仏国に来て居たのか、その身許(みもと)、その国許(くにもと)など、知っている者は一人も無かった。日本などでは、身許(みもと)が知れ無い者が、死亡した時は、警察から直ちに区役所又は郡役所に引き渡して、仮埋葬をする事に成って居るが、仏国ではそうでは無い。

 従前から、この様な身許(みもと)が知れ無い者の、死骸だけを陳列して、諸人の縦覧に供する所がある。多い縦覧人の中には、その顔を見知っていて、訴え出る者も有るので、その者の言い立てを聞いて、丁寧にその身許を調べ、然る可き親類縁者等に、引き渡す定めである。

 それで、此の怪しい婦人の死骸も、翌日には直ちに縦覧所に持って行かれ、溺死人や行き倒れ人などの死骸と同じ所に、陳(なら)べられたので、老若男女その噂を聞いて、我先にと縦覧所に押し掛けた。

 お蓮は、初めから此の婦人を、自分が日頃捜していた居た人では無いかと、気にしていたので、切(せめ)ては、その死に顔を見て我が疑念を晴らしたいと思い、なるべく人目に立たない様に、黒い地味な衣類を着け、頭巾(ベール)を眉深(まぶか)に引きかぶって、我が家を立ち出でて、人々の中に雑じって、縦覧所に入って行った。

 入って行って、つくづく死骸の顔見ると、既に幾年か逢って居なかった人だった。年は大分老けたけれど、疑いも無く、我が思う英国の貴婦人だった。事の仔細は分からないが、親類も無く、知る人も少ない此の他国に来て、悪人の手に掛り、空しく非業の最期を遂げたものである。

 今、目の前に、息も無く脈も無く横たわって曝(さら)される、此の哀れな死骸を見て、どうして涙を催さない事があろうか。独り思いを廻らせてみると、此の広い仏国に、此の婦人を知る者は、我と彼の曲者の二人しか居ないのに、我が若し我が口を閉じ、官に告げなければ、此の婦人は、終に無宿者と認められ、犬猫の様に葬られる事は、必然である。

 若し故郷に在って死亡したなら、立派な葬式を営んで、貴顕紳士に迄も、見送られる身なのに、身許を告げる者が無い為め、浅ましい仮埋めに逢うとは、悲しんでも猶(なお)余りある事なので、お蓮は何と無く悲哀を催し、猶(なお)も四辺(あたり)を見廻すと、壁の彼方に、筆太く書いた、その筋の張り紙があった。

 「誰に限らず、此の死人の身許を知る者は、早速書記局まで申し出でる可(べ)し。書記局詰合の役人、直ちにその言葉を筆記して、夫々の手続きを行う可し。」
と記してあった。

 此の張り紙を読んで又も思うに、先夜誓いを立てたけれど、それは唯此の婦人が殺された事を、他言しないだけの約束でしかない。今、書記局に入って行って、此の婦人の名前からその身の上及び親類などの事を、言い立てたからと言って、その殺された次第をさえ明かさなければ、誓いを破る事にはならないので、曲者としても、之を咎める事はよもや無いだろう。

 独り問い独り答えて、漸(ようや)く思案を定めたけれど、まだ何と無く曲者の事が恐ろしく、若しや我が身の辺に、その手下とも覚しき者が、附き添っては居ないかと、私(ひそか)に後前を見廻したが、別に胡論(うろん)の者も無かったので、漸くに度胸を定め、戦(ふる)える足を踏み〆め踏み〆め、辛くも書記局の入り口に近寄ったが、是から将にその敷居を跨(またが)んとする丁度その時、何者かが、お蓮の耳の傍で、
 「用心せよ、此の敷居を内へ跨いだら、娘お仙の命は無いぞ。」
と細語(ささや)いた。

 此の一言に、お蓮は、頭から冷水を浴びせられた様に驚いて震え上がり、さては先刻から我が身の傍には、見え隠れに数多の番人が附きまとって、一々我が振る舞いを見張って居たのか。それにしても、今この様に細語(ささや)くのは何者だろうと、早やくも後ろに振り向き見ると、不思議や、曲者の手下と思われる者は、一人も無し。唯背後の方に、頬髯の生え茂った、職人風の男が、非常に真面目な顔で、立って居たが、その男は口に巻タバコを咥へ、余念も無く死骸を眺めて居たので、細語(ささや)く暇が有ったとも思われない。

 是によってお蓮は、彼の曲者の力が非常にして、油断なく行き届く事を悟り、暫(しばら)くは、余りの恐ろしさに、如何したら良いか分からなかった。今まで張り詰めて居た勇気も、此の恐ろしさの為に弛んで、書記局へ入る気力も無く、唯顔の色を青くして、すごすごと縦覧所を立ち出でた。

 そもそもお蓮は、姿が麗しい上に、化粧の道に巧みだったので、その年は、未だ三十にも足り無い様に見えるが、実は既に四十に近く、今年十七歳計(ばか)りになる、愛女(むすめ)が有る。しかしながらその事を他人に知られては、営業(なりわい)の上に、不都合が少なく無いので、幼い頃から田舎の里に預けてある。

 月に二、三度、人知れず忍び見るだけで、最も親しい人にすら、その事は秘(かく)して置いたのに、曲者は如何にして、その愛女(むすめ)の事を知り、如何にしてその名までも知り、今の様に細語(ささや)いたのだろう。之を思うと曲者の力は、実に限り無しと、且つ恐れ且つ疑いながら、二足三足縦覧所の外に踏み出した。此の時背後から来て和(やわら)かにお蓮の肩を叩き、

 「オヤ、お蓮さん」
と呼び留める者があった。お蓮は既に驚いていた上に又も驚き、何人だろうと見返った。
 それにしても、此の人は何者だろう。


次(第五回)へ

a:284 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花