巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

akutousinsi7

悪党紳士   (明進堂刊より)(転載禁止)

ボアゴベ作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2014.6.27

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

akutousinsi

悪党紳士        涙香小史 訳

               第七回

 花房丈次郎が、土場の宿屋で殺された時、其の妹である妹李姫(まりいひめ)は、お蓮に後々の事を約束して分かれたが、国へ帰れば親類中に、異議を唱える者があった。お蓮を迎えて、其の娘お仙に家を嗣(つ)がせるよりは、妹李(まりい)姫こそ丈次郎の実の妹なのだから、姫を後嗣(あとつぎ)とすべきだと言い張った。

 今までは、妹李(まりい)姫と呼ばれた身であったが、此の時からは花房夫人と呼ばれ、所天(おっと)と共に数年の間暮らしたけれど、如何なる訳か、子供とては一人も挙(もう)ける事が出来なかった。之に依り、花房夫人はお仙を呼び迎えて、我が子と為すと言って、其の事を所天(おっと)にも話たけれど、所天は、お仙の身の上を疑い、

 「丈次郎が子と云っても、其の実、何人の胤であるかは知れ無い。この様な怪しい者を、子とするより、素性正しい貴族の家から、然る可く養子を迎えた方が好い。」
と言って、更に聞き入れないばかりか、後には、お蓮と手紙の取り遣りをする事をさえ禁じた。

 之により、花房夫人は、心ならずもお蓮に何の便りもせず、空しく十年余りが過ぎ去った。この様にして居る中、不幸にして、所天に死に分かれたので、今は我が心に従い、お仙を迎えて、我が後を嗣(つが)させ、十年以前の約束を果たそうとして、早速手紙を出したけれど、今のお蓮は、十年前の山田蔦江嬢では無い。

 其の住居(すまい)さえ、確かに知れ無い程なので、終に旅行を名目として、唯一人で仏国に出て来て、女の多く出入りする劇場の中に入り込んで、お蓮を尋ねて居たのだ。尋ねて居る中に、幸いにしてお蓮の目に留まったけれど、又不幸にして、面を合わする暇(いとま)も無く、前回に記した様に、無残の最期を遂げてしまったのだ。

 是より話しは旧(もと)に復(かえ)る。
 さてもお蓮は、林屋お民から、彼(あ)の写真挿(しゃしんばさ)みを受け取って、丸屋町(原名マールショー)にある我が家に帰り、下女には、気分が悪いので、何人にも面会はしないと言置いて、一室に隠れ、彼(か)の写真を取り出し、つくづくと打ち眺めて、さては花房夫人、今でも先の約束を忘れず、お仙の写真を、この様に大事にして居たのか。

 お仙には、此の母の賎しい営業(なりわい)を、露ほども知らさずに居て、苦しい中から充分に教育を施し、天晴れ英国の貴族、花房丈次郎の息女と云っても、恥ずかしく無い程に育てていたので、若し夫人の生前に一目、其の顔を見せたならば、夫人は如何ばかりか喜んだ事だろう。

 それにしても、夫人を殺したのは何者だろう。彼、既に我に娘のある事をさえ、知っているからは、きっと一通りの者では無い。何とかして彼等の目に触れ無い様、其の筋へ、彼の死骸が花房夫人である事を言い立て、切(せめ)て葬式だけでも、身分相応に営ませる工夫は無いかと、心を色々に悩ませて居る中、玄関の方に当たり、騒がしい人声が聞こえるので、写真挿みを、卓子(てーぶる)に置いた儘(まま)で立ち上がり、何事であるかと、耳を澄ますと、お蓮に逢おうとして来た客を、下女が追い帰そうとして、争って居るのだった。
 下女の声として、

 「お蓮さんは病気で、先程から寝て居ますから、誰にも面会は致しません。」
 (客)いやサ、病気だと言うのならば猶更(なおさら)案内には及ば無い。直ぐ居間へ通して呉れ。
と云う声の下から、下女を払ひ退けて、早や突々(つかつか)と上がって来る者がある。

 誰かと思う暇も無く、合いの襖(ふすま)を推し開けて、
 「お蓮久し振りだナ。」
 此の男の姿を見ると、背丈高く色黒くて、骨組みはたくましいけれど、容貌に一種の愛嬌と品格を備え、身には陸軍士官の軍服を着けている。
 お蓮は驚いて、
 「オヤ、有浦さんですか。」

 (有浦)オオ、有浦だ。田舎の鎮台詰を言い付けられ、七年の間出張して居たが、其の期限が満ちたから、半年の暇を貰って帰って来た。たった今、此の巴(里パリ)へ着いたばかりだけれど、昔馴染みの顔が見たいから、直ぐ様此の通り尋ねて来た。
と云う中に、お蓮の非常に鬱(ふさ)いだ顔色を見て、
 
 「其の方は大層鬱(ふさ)いで居るが、全体何(ど)うしたのだ。兄弟同様に思って居る其の方が、其の様に厭な顔をして居ては、何だか気に掛る。ドレ何事だ。聞かせて呉れ。」

 そも此の有浦と云うのは、仏国陸軍大尉にして、七年前、田舎の鎮台に出張する迄は、非常にお蓮を愛し、我が妻として迎えようと迄に、言い寄った事がある。お蓮も、其の気性が活発で男らしく、且つ親切なのを愛し、殆ど其の妻になる事を、承知する所だったが、少し差し支える事情が有って、体よく断わり、その後は兄弟の様に、隔て無く交わる人である。

 此の人こそ、今の困難を打ち明けて相談するのに、丁度好い相手なので、お蓮は残らず話そうかと思ったけれど、我が口は既に厳重な誓いの為に留められている者なので、又も思い留まって、
 「ハイ、随分心配は有りますけれど、人に話す事は出来ません。」
 (有浦)人には話されなくても、俺には好いだろう。

 (蓮)イエ、貴方にも
と云う折りしも、有浦は卓子(テーブル)の上にある写真挿みに目を注ぎ、
 「オヤ、是は立派な品物だ。」
と言って手に取ったので、お蓮は周章(あわて)て
 「イエ、夫(それ)は了(いけ)ません。預かり品ですので。」
 (有浦)是は綺麗だ。小児の写真だな。可愛い顔をして。オヤ、何だか其方(そなた)に似て居る様だぜ。真逆(まさか)、其方に此の様な娘は無いだろう。
と云いながら捻(ひね)り廻すうち、不図(ふと)其の写真挿みの裏面が、二重に成っていて、一方を押せば開けて、二つと為る事を見出したので、

 「オヤ、是は不思議だ。裏面が開く様に成って居る。オヤオヤ、何(ど)うも不思議だ、コノ裏の方に、此様な書付が入って居るぜ。」
と云いながら、何やら手紙の様な者を取り出だした。


次(第八回)へ

a:284 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花