巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

akutousinsi9

悪党紳士   (明進堂刊より)(転載禁止)

ボアゴベ作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2014.6.29

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

akutousinsi

悪党紳士        涙香小史 訳

               第九回

 お蓮は様々に思い試みたが、花房夫人が死んだ事は、何時までも隠し通すべきでは無い。今親切な有浦に、此の事を打ち明けたからと言って、其の殺された様子さえ話さなければ、誓いを破る事には成らない。好し好し、彼の曲者等の事は推し包んで、唯縦覧所に曝(さら)してある婦人の死骸が、花房夫人である事をのみ告げて、然る可(べ)く有浦の力を借りようと、漸(ようや)く心が定まったので、恐々(こわごわ)ながら口を開き、

 「有浦さん、貴方は昨日今日の新聞を読みましたか。」
 (有)汽車の中で一寸と見たが、詳しくは読まなかった。
 (蓮)若し其の中に、名前の知れない婦人が、頓死(とんし)したと云う雑報が、有りは致しませんでしたか。
 有浦は思い出した様に、
 「アア有った、有った、全(まる)で其の事ばかり書いて有った。何でも其の死骸を、縦覧所に曝して有るって。」

 お連は此の返事に力を得て、
 「サア、其の死骸が今云う花房夫人ですよ。此の遺言を書いた花房夫人の死骸ですよ。」
 有浦は驚いて、
 「ナ、ナ、何だって、花房夫人の死骸が、曝されて居ると云うのか。」
 (蓮)ハイ、私しは先刻用事が有って、外へ出た帰りに、縦覧所の前を通り、余り人が混むから、何心なく入って見ましたら、思い掛けも無く、花房夫人の死骸で有りました。

 (有)夫(それ)なら訳も無い事だ。書記局へ行って、其の事を言い立てれば好い。
 (蓮)夫(それ)がサ、私は恐ろしい余り、愕然(びっくり)して恐ろしくなりましたから、其の儘(まま)帰って参りました。
 (有)夫なら今から私が行って、言い立てて遣(や)ろう。
 (蓮)イエ、夫が了(いけ)ませんのです。今から思えば、言い立てないのが、却(かえ)って幸いで有りました。

 (有)トハ又何(ど)う言う訳で。
 (蓮)イエ、私が帰って暫(しばら)くすると、見も知らない人が来て、一通の手紙と此の写真挿(ばさ)みを、投げ込んで行きました。
 有浦は怪しそうに、
 「夫れは奇妙だ。シテ其の手紙は何所に在る。ドレ見せろ。」
 (蓮)手紙は焼いて仕舞ましたが、其の文句は斯(こ)うでした。

 「拝啓、此の写真は、御身の娘の姿に候(そうろう)故、送り届け申候、御身若し娘子(むすめ)の命を大事と思はば、彼の婦人の本名を、何人にも知らさぬ様なさる可(べ)く候、彼の婦人が、斯(か)かる恥ずかしき死に様を為せし事が分かり候ては、一家親類の面目に拘(かか)はり候故、飽くまでも知らぬ顔にて見過ごされ度(た)く。若し一言にても、口走り候はば、屹度(きっと)御身の娘児(むすめ)を、殺す可(べく)申候(もうしそうろう)。」

 「此様な恐ろしい手紙でした。だから私はその筋へ言い立てる日には、娘が何(ど)のような目に逢ふかも知れません。」
と当たり障(さわ)りの無い嘘を話すと、有浦は猶(な)お怪しみ、
 「シテ其の手紙は誰から来た。心当たりは無いのか。」
 (蓮)少しも有りません。

 有浦は暫し考えて、
 「何、それしきの事を恐れるには及ば無い。其方(そなた)が恐ろしければ、私(わし)が言い立てて遣る。其方に少しも迷惑の掛ら無い様に。爾(そう)だ。是から何気ない様子で縦覧所へ行き、其の死骸を見て驚いた風をして、早速書記局へ駆け込もう。私から言い立てる日には、誰も其方を恨む筈は有るまい。」

 (蓮)若し書記局で、何(ど)うして此の婦人を知って居ると問われたら、何と答えます。
 (有)夫(それ)は何とでも返事が出来る。若し書記局で私の返事を不十分と思えば、念の為に直ぐ電報を以って花房家の親類へ問い合わせるから、猶(な)お結構だ。何、心配には及ばない。私に任せて置きなさい。うまく遣って見せるから。

 此の言葉は、お蓮が私(ひそか)に心の中で願う所なので、今は辞(いな)む可(べ)き時では無いと、早速承諾すると、有浦は打ち喜び、
 「それでは直ぐに出かけよう。」
と言って立ち上がったが、又もお蓮を振り向いて、
 「二時間も立つ中には帰って来るから、其の上で一緒に夕飯でも食べに行って、緩々(ゆるゆる)話す事に仕よう。又両三日の中に、其方の愛女(むすめ)お仙嬢とやらにも、引き合わせて貰わなければ。」
と言い捨てて出て行った。

 之より三日経て後の事であるが、お蓮は愛女(むすめ)お仙の事が、只管(ひたすら)気に掛り、若しや曲者の仇を受け、禍(わざわ)いを蒙(こう)むる事は無いかと、気も安まらないので、自ら其の様子を見究めて来ようと、午後三時頃に家を出たが、

 そもそもお仙を預けてある場所と云うのは、巴里の町外れに在り、伊太利(イタリア)村と呼ぶ所だ。東京で言えば、先ず根岸とも云う可き辺で、広い公園地に傍(そ)った、非常に物静かな所である。此所に村山鶴と云う、独り暮らしの老女があり、その昔お蓮を育てた乳母なので、お蓮は之に万事を打ち明け、月々相当の仕送りを為して、娘お仙を預けてある。

 西洋にあっては、乳母と云うのは、乳を呑ませる乳母では無く、読み書き音楽裁縫から、礼儀作法に至るまで、何くれと無く教え育てる事を、引き受ける者で、其の業(なりわい)は賎(いや)しいものではない。身分ある婦人であっても、都合があって、此の傳母(うば)と為る例は儘(まま)有ると言う。

 鶴女も矢張り其の一人なので、女一通りの芸事は残り無く心得て、我が預かっているお仙をば、子の様に育てて居るのだ。夫(それ)はさて置き、お蓮は頓(やが)て公園地を通って程無く、鶴女の家の門に至ろうとする折しも、お仙は早くも其の姿を認めたに違いなく、小躍(こおど)りしつつ馳せて来て、お蓮の首に両手を巻き、
 「阿母(おっか)さん、能く入(いら)っしゃいました。」
と云いながら、母の唇頭(くちびる)を血の出るほどに吸い込んだ。

 先ずお仙の其の容貌を記(しる)すと、眉清くして眼涼しく、頬から口許(くちもと)に掛けては、溢(こぼ)れるばかりの愛嬌がある。其の上、年の頃十八ばかりなので、母ながらも見惚(みほれ)るほどの美人である。

 お蓮は容(かたち)を正して、
 「もう此の年に成って、独りで出歩く者では有りません。鶴女は何うしました。」
 お仙は恨(うら)む様に母の顔を見上げて、
 「だって阿母(おっか)さんが悪いのですワ。一週間も二週間も顔を見せずに、今日偶々(たまたま)入(いら)っしゃるのです者、静かに待っては居られません。」
 (蓮)イエサ、鶴は何うしました。
 (仙)鶴ですか。鶴は彼の木の陰で、編み物をして居ますよ。
と云う。

 口振を察するに、年は十八であるが、未だ至って児気(おぼこぎ)であって、心に濁りの無いことは、清(すめ)る水のようである。
 (蓮)では鶴の所へ行きましょう。
と言って、手を引き連れて樹の蔭に至ると、一台の長い腰掛があった。之に打ち寄って、編み物に余念も無い四十七、八になる非常に真面目な老女こそ、是れお仙を預かっている鶴女である。鶴女は足音に驚いて顔を上げ、

 「オヤ、先ア、嬢様のお早い事。何時の間にか阿母(おっか)さんをお見附成(なさ)って。」
と云いながら、お蓮に向かい、
 「能(よ)く入らっしゃいました。もう御出での時分と思い、日曜日から、今日か今日かとお待ち申しました。今度は色々変な事が有りましたので、早くお目に掛って、お話し申したいと存じまして。」
と半ば云い掛け、非常に心配そうな目で、お蓮を見上げると、お蓮も心に掛る事があるため、

 「私も実は大変な心配事が出来て。だがネ、茲(ここ)では話も出来無い、先ず家へ行きましょう。」
と言って三人一緒に鶴女の家に入って行った。

次(第十回)へ

a:289 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花