巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

bijinnogoku11

美人の獄 (金櫻堂、今古堂 発行より)(転載禁止)

ボア・ゴベイ作   黒岩涙香、丸亭素人 共訳  トシ 口語訳

since 2015.9.16

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

美人の獄   黒岩涙香、丸亭素人 共訳 

            第十一回

 是から梅林雪子が裁判所に引き出され、憐れむべき裁判を受ける顛末に移るべきであるが、その前に未だ記して置く事が多い。第一に先づ毒殺されたその夫、梅林安雅(やすまさ)が事を掲げよう。
 梅林家と知られるのは、英国では五本の指に数えられる豪族にして、古えから幾代となく血統連綿と続いて来た。その先祖の中には、国の為に名を挙げて、今なお歴史に記される人も有ると言う。

 その屋敷は最も景色に富んで、山媚び水笑うの辺に在り、庭園の広くして且つ古いのは、見る人には宛(さなが)ら天然の勝地を囲い込んだかと疑われる程である。老木あり珍草あり、樹には英国第一等の甘味を備えた菓物実り、草には世に類も無い美しい花を咲かす、実に是極楽園である。

 この極楽園に住む二人の主人(あるじ)を何者だと問うてみると、世界に是ほどの不幸な者は無い安雅と雪子である。知らない人には羨まれるばかりであるが、二人は唯憎しみ合うだけで、別れることが出来ない。婚姻という同じ鎖に縛られて、共に一身の自由を失い、一年360日、笑顔の何たるを知らず、溜息の中に身を埋めている。

 数代以前までは、家内親戚の多きを以って誇っていたが、この家の絶える時節と為ったのか、次第に親戚は滅び尽くし、当代に到っては、唯当主(あるじ)安雅があるだけ。安雅は身内も無く、縁者も無いけれど、その代わりに、財産は、滅びた親戚の財産を唯一家に集める事になったので、四方殆ど十里の間は、梅林家に年貢を納めない者は稀である。

 安雅の気質は如何(いかが)かと問うなら、極めて善人と云う程では無いが、素より悪人では無い。豊かな家に生まれて育って、充分の教育を受け、その上に広く社交の社会にも揉まれた程なので、行儀作法も欠く所なく、実に際立って勝れた紳士である。生涯に唯一度の大失策は、己を愛さぬ雪子をば娶(めと)った一条である。

 この外には、他人に迷惑を掛けた事もなく、恨まれた事も無い。非道な地主家主の間に在っては、非常に憐れみ深い質(たち)であって、鬼々しい催促を為さず、人と法廷に勝ち負けを争そった事も無い。だから知る人は誰でも安雅を愛し、近傍で娘を持つ母親は誰一人安雅の妻に遣(や)りたいと願わない親は無く、物持つ家の令嬢にも、安雅に言葉を掛けられ、私(ひそか)に喜ぶ者も多かった。

 しかしながら安雅は、四十に近い年に至るまで、嘗(か)つて女を愛した事は無く、独身で家を治め、全く不品行の謗(そし)りを受けた事が無い。一度び雪子を見初めるに及んで、四十の初恋忽(たちま)ちその心を燃やし、自ら耐え忍ぶことが出来ないところにまで至たったのだ。

 初め雪子の家に行ったのも、別に深い仔細が有った訳では無い。唯その父から、納めるべき地代が二年以上も溜った為、保養方々その土地に行ったのを幸いに、様子だけ見届けようと、その家に立ち寄ったのだが、是こそ一生の運命を転じ去る本にして、荒れ果てた応接の間に、雪子の姿を見てからは、煩悩の犬が狂って止まなくなった。

 幾度か思い直して、我を愛さない者を娶(めと)り、我が妻にするのは邪険であると、自ら心を諌(いさ)めた事も有ったが、真の愛ほど心狭い者は無い。雪子を容(い)れて他人を容れず、雪子は我が為の命である。我が為の世界である。雪子なければ命も命では無い。世界も世界では無いとまで思い詰める事となった。

 更には雪子は、年は未だ十七を過ぎない事と言い、今でこそ我を愛してはいないが、気永く親切を尽くす中には、愛情を発しないと言う事は有る筈が無い。雪子を娶ることは、我に幸いを与える事である。その父を助けることである。その伯母の意に従うことであると、自分の心に理由を付け、善根功徳の様に思い、手を尽くして妻とすることと為ったのだ。

 全く是、恋という曲者の為す業にして、強(あなが)ち咎めるべきことでは無い。この様にして雪子を娶(めと)ってからは、殆ど自分の財産を傾けるまでに費用を極め、その機嫌を取ったが、雪子と安雅は生まれ附いての敵と見え、安雅が益々近づこうとすると、雪子は愈々(いよいよ)遠ざかり、雪子愈々遠ざかれば、安雅益々近寄ろうとし、何時になったら和合する事が出来るとも見えなかった。

 努(あせ)り努(あせ)って、その魂の尽きのるに及んで、初めてその心が一転し、今までの愛情は忽(たちま)ち憎しみの心と為り、顔を合わせても口さえ聞かず、唯睨み合う事とは為ったものである。この憎しみを紛らす為にと言って、二人とも宴会(パーティー)を開き、他人と交わりを結ぶことを以って、唯一つの仕事と為した。

 安雅も雪子も世間に非常な人望を得、その土地に来る者は、梅林の家に入り、その夫人の顔を見ない事を恥じと思い、土地の人は我が郷にこれ程までの美人ありと言って、打ち誇る種と為した。しかしながら、交わりが頻繁になるのに従い、夫婦の不和は益々人に知られ、末には如何なる事になるだろうと人々は、蔭ながら気遣って居たところ、終に恐るべき毒殺と為り、憐れむべき美人の獄と為って、疑わしい重罪の裁判と為って了(おわ)った。

 安雅は、これ程まで広く世間に交わった身なので、その毒殺に逢ったと聞くや、世間の人は愕然として驚き騒いだ。更に又その妻雪子が、嫌疑を以って捕われたと聞くに及んでは、人々の仰天は沸騰して狂気と為った。

 初めは誰一人、事実として信じる者は無かったが、後に至ってその証拠を聞けば聞くほど、我と我が身を疑うまでに怪しみ惑う事と為り、雪子が牢に入れられてからは、人々の口には、雪子が雪の様に白くは無いのでは無いか、この裁判は如何(どの)ように成って行くのだろうかと、そればかりを言い出して、外の言葉は出て来なくなった。

 雪子一身の禍いは、殆ど英国全社会の人の口を奪った。是れが裁判以前の有様である。



次(第十二話)へ

a:163 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花