巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

bijinnogoku14

美人の獄 (金櫻堂、今古堂 発行より)(転載禁止)

ボア・ゴベイ作   黒岩涙香、丸亭素人 共訳  トシ 口語訳

since 2015.9.19

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

美人の獄   黒岩涙香、丸亭素人 共訳 

           第十四回

 雪子は目を閉じて過ぎ去った事を考えて見ると、冬村凍烟(とういん)は親しく梅林安雅と往来したが、他の人々ほど永く逗留する事はなく、偶々(たまたま)三、四日泊る事があっても、常に安雅を相手にして楽しむだけ。雪子の傍に永居した事も無く、雪子と熟々(しみじ)みと話した事も無い。

 仮令(たと)え他の客で、雪子を愛したりする人があっても、この人に限っては、その様な景色は無く、主ある花と断念(あきら)めて、愛の心を隠して居たのかは知らないが、牢屋まで来て切なる言葉を吐く人だとは、夢にも思い寄らなかった。雪子は漸(ようや)く目を開いて、
 「何うも私には合点が行きません。」

 冬村は解明かす様に明らかな言葉で、
 「イヤ、合点が行く行かないは二の次で、唯私の愛情を承知して下されば好いのです。私は我が命まで貴女の足下に投げ出して、貴女の愛情を得度いのです。」

 雪子は身震いして後ろに退き、
 [愛情、愛情と仰(おっしゃ)って下さいますな。愛情ほど恐ろしい者は有りません。貴方が私を親切にして下され、憐れんで下さるのは、この上もない御恩ですが、愛するとはーーーー、その愛と言う言葉からして、私は恐れます。」

 冬「でもこの通り愛する者を。」
 雪「了(いけ)ません。ハイ、私は愛と言う事を知りません。知りたくも有りません。それにもう二日しか命の無い私を。」
 冬「二日は愚か、是きりで命が無くとも愛します。残らず貴女を疑って居る世間の人に、唯一人貴女を信じ、貴女を愛する者の有る事を見せて遣るのが、切めてもの腹癒(はらいせ)では有りませんか。」

 雪「でも貴方、その様にお愛し成さらずと、親友に成って下さる事が出来ましょう。恋人に成らずと親友に成って下さる事が出来ましょう。恋人に成らずと恩人に成って下さる事が出来ましょう。愛せずに助けて下さい。」
 冬「愛さない事は出来ません。親友に成っても愛します。恩人に成っても愛します。」

 雪子は深い溜息を洩らすのみ。
 冬村は一層の熱心を添えて来て、
 「貴女が放免に成った後に、私の妻に成ると唯それだけを約束して下されば好いのです。妻に成って貴方の身を私に守らせ、助けさせて下さる事が出来ませんか。一度私の妻に成れば、貴女の身にかかる一切の困難を払い退けます。貴女を疑うこの汚れた土地を捨て、裁判も無く、世間も無い極楽の様な国を探し、気兼ねもなく苦労もなく、別の人に成って生涯を貴女と共に愛の中に送ります。」

 雪「でも私が殺されれば何う成さいます。」
 冬「万一その様な事に成れば、私の愛は貴女と共に墓の下へ埋まります。埋まって貴女を愛します。是でも貴女は婚姻の約束が出来ませんか。」
 雪子の決心は石よりも堅い。冬村の熱情も是を熔(と)かすことは出来ない。

 雪「何と仰っても、私は未だ男を愛することは知りません。愛情が無いのです。愛情が無いのに梅林と婚姻して充分に懲りました。愛情の無い婚姻は決して再び致しません。」
 冬「でも追々私を愛する様に成りましょう。」

 雪「イエ、成りません。若し私に愛情の種が有る者なら、今までに出て来ています。私には愛情の種が有りません。貴方の御親切、貴方の尊いお心は充分に分かりました。死ぬ時迄忘れません。それでも私は愛の無い婚礼は出来ません。」

 冬「でも愛そうと勤めれば、愛する心が出て来ましょう。」
 雪「イヤ、愛する事を好みません。勤めても種の無い者は無益です。私は貴方を好み貴方を敬い、これ程までも仰って下さるのは、又と無い真の友と思います。けれども愛する事を知りません。若し愛の無い婚礼をすれば、貴方を好み、敬う心も消え、真の友でも無く成ります。再び愛の無い婚礼をすれば、復(もと)の通り又憎み合う仲に成ります。」

 冬「イヤ、私は生涯掛かっても、貴女に愛情を教えます。起こさせます。」
 雪「イエ、了(いけ)ません。梅林安雅もその通りの事を言いましたが、終にはアノ通りです。私は愛の無い婚姻に懲りて居ます。」

 冬「それでは仮令え生涯かかっても、貴女に愛の出るのを待ちます。待っても了(いけ)ないとは、仰(おっしゃ)らないでしょう。貴女の口から唯一言、待って居ろと仰って下さいませ。待って居る間に、若し愛情が出れば妻に成るからと、こう仰ってさえ下さらば、私はそれを楽しみにして、必ず貴女を救い出します。必死に成って貴女を自由の身にします。待って居ろと仰って下さい。」

 雪「その言葉を言わずに、私を助けて下されば、何れほど有り難いか分かりません。」
 冬「イヤ、貴女が待って居ろと仰って下されば、それを力に貴女を救うのは勿論の事、火の中でも潜(くぐ)ります。そう仰って下さらなければ、失望に力が抜けます。助け度い心は一つでも、助ける力が無くなります。」

 雪「イエ、愛の無い婚姻は死に優る苦しみです。愛の無いのに婚姻してまで、この命を助けようとは思いません。私は愛という言葉は、聞くだけで身震いが致しますから、何うか愛ばかりは助けて下さい。貴方ほどの親切がお有りなされば、世間の女は誰でも貴方を愛しますからーーー。」

 冬「イヤ、私の為には、貴女の外に女は有りません。」
 雪「そう仰って下さっては、私もこの御恩にほだされます。何うにかして、愛情を知って居る世間の女に生まれ代わって、その上で貴方を愛して見たいと思います。ハイ貴方を愛する女が、羨ましう御座います。それでも私には、愛する事が出来ません。婚礼する事が出来ません。」

 冬村は耐え兼ねて、更に何事をか言い出そうとしたが、この時牢番の声として、
 「面会の刻限が切れました。」
と叫んだ。
 刻限が切れては、如何(どう)するにも術(すべ)が無い。冬村は非常に惜(お)しそうに立ち上がり、

 「何うしても愛する事が出来ないとならば、唯友達でその愛の出る時を待って居ましょう。でも明後日の公判廷へは、誰よりも先に入り込み、貴女の身に最も近い所へ座を占め、及ばずながら貴女の身を祈ります。貴女は、我が身の傍に、これ程までも貴女の為を思う男が居ると思えば、幾分かお気が休まりましょう。切(せ)めては、唯一言気休めに成ると仰って下されば、それを力に引き取ります。」

 雪子は愛情は知らないが、この親切には痛く心を動かし、
 「ハイ、実に気が休まります。幾倍も心が丈夫です。貴方は真実に心の貴い方です。この御親切は冥土への土産です。」
 冬村はこの言葉の嬉しさに我を忘れ、雪子の手を取り上げて握りしめ、
 「公判が終われば、直ぐに又面会を求め、再びこの事を説きますから。」

と云う中に、外から又も牢番の急き立てる声が聞こえて来たので、冬村は首を垂れ、悄々(しおしお)として立ち出でて去った。雪子は藁(わら)の寝床に身を投げながら、声に咽(むせ)んで泣き入った。
 この日から、この夜、この翌夜の明けるまでも、第二十一号の獄中には、神を祈る声が、絶え絶えに聞こえていたと言う。



次(第十五話)へ

a:186 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花