巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

bijinnogoku19

美人の獄 (金櫻堂、今古堂 発行より)(転載禁止)

ボア・ゴベイ作   黒岩涙香、丸亭素人 共訳  トシ 口語訳

since 2015.9.24

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

美人の獄   黒岩涙香、丸亭素人 共訳 

            第十九回

 入って来たのは別人では無かった。先程から公判廷の傍聴席に在って、雪子の為に万歳を唱(とな)えた冬村凍烟である。服部勤はそうと見て、雪子に向かい、
 服部「私は後で参ることに致しましょう。冬村さんがお帰りの後に・・・・・」
とこの部屋を出て行くと、冬村は入れ代わりに雪子の向かいに座を占めた。雪子は厭(いと)わし気に、

 雪「冬村さん、私に喜びを仰ることはお止し下さい。未だ私の身は、この末如何(どう)成るか分かりませんから。」
と眉を顰(ひそ)め、頭を垂れたのに引き替えて、冬村は勇み立ち、

 冬「何故です。私は充分に祝賀を表し、大杯を挙げて貴嬢の無事を祝さなければ成りません。あの大勢の傍聴人が、過半貴嬢を有罪だと評判して居たのに、到底陪臣官の決断がつかなくて、裁判の宣告が出来なかったでは御座いませんか。それと云うのも、貴女に罪が無いと言う証拠が有るからの事です。最早箇様(こう)成った以上は、貴女の無罪は立派なものです。それを如何して祝せずに居られましょうか。私は飽くまで祝します。実に嬉しくて堪(たま)りません。貴嬢の身に影を差した不祥な雲は、もう全く晴れて、再び私が貴嬢を愛する情を照らすことと成ったのです。誠に私は満足に思います。そこで貴女にお話申す事が有りますが。

と改めて言い出すと何だか可笑しい様ですが、実は貴嬢の気質から容貌から、一々私の心にかなって、深く貴女に思い込みました。独り私ばかりでは無く、世間で貴女を見る人は皆心を動かさない者は有りません。私の目から見ると、世間は広いが貴女と比べる婦人が有りません。私は貴女の為なら、如何な事でも為(す)る気です。

 ソコデ貴女にお願いが有るのですが、嫌で無ければ今日から私の妻と為っては下さらないでしょうか。私は貴女を妻として、天晴れ世間に誇る気です。スレバ実に私の名誉です。是非聴き入れて下さい。そうすれば、将来誓って貴嬢に愉快な生活を与えます。私は貴嬢の為に生き、貴嬢の為に死ぬと決心します。是非聴き入れて下さい。異存はないでしょう。」
と、急(せ)き立てるように口説き掛ける冬村の言葉を聞き、余りの事に雪子は非常に驚き、

 雪「冬村さん、ご冗談を仰ってはいけません。」
と言い放つと、冬村は周章(あわて)て、
 冬「イイエ、決して冗談では有りません。本気です。全く私の赤心(まごころ)です。」

 雪「貴方の赤心なら猶更のこと、私の身に取っては、実に恐ろしいお言葉と存知ます。誠に折角の思し召しでは御座いますけれども、重ねて仰せ無き様に願います・・・・・。アア如何したらいでしょう。」
と溜息を吐(つ)いて座を離れ、尚も言葉を継ぎ、

 雪「冬村さん、その事ばかりは、貴方が如何(いか)程仰せに成りましても承知は出来ません。自分の気に叶わない結婚をすると、ひどい怪我が御座います。現在貴方がご存知の通り、私が嫌だと思った結婚の果ては、この有様では御座いませんか。この上また貴方の思し召しに従って、恥や苦労を増す日には、この雪子は丸で責め殺されるのも同様です。

 何卒(どうぞ)そればかかりは御断念を願います。私は貴方が御親切に色々お世話を下さった、その御恩は少しも忘れは致しません。死んでも覚えて居る積もりで御座います。左程に御恩ある貴方と、今ここで心にも無い婚姻を結んで、若しや貴方に災難でも有った時には、貴方に申し訳けが立ちません。丸で御恩を仇で返す道理で御座いますから、結婚ばかりは、思い止(とどま)って頂き度(と)う御座います。」
と雪子は思い定めて、固く冬村の求めを却(しりぞ)けた。

 冬「貴嬢が幾等嫌だと拒まれても、もう私は思い止まる訳に行きません。貴嬢がウンと承諾するまでは、何所までも貴方の後について行く決心です。」
 冬村もまた一旦恥を忍んで言い出したからは、一歩も退かない顔色で、引き返す様子も見えない。雪子は大いに持て余し、

 雪「仮令(たとえ)貴方が何所までついてお出でに成りましても、私の心は変わりません。貴方の御思召しに従う訳には参りません。」
と雪子は動く景色も無いので、冬村は太い息を吐き、
 冬「それでは如何しても貴嬢は、私の頼みを聞いて下さらない考えですネ。宜(よろ)しい、致し方が有りません。ダガ貴方は今から何所に行く積もりですか。今後貴女は何所に居りますか。」

 雪「今からはっきりは分かりません。未だ私の気持ちが極まりませんもの。」
 冬「何所に行くのも貴女の自由で有りますが、併し責めては、貴女の居る所位は、手紙ででも通知して下さりましょうネ。」
 雪「ハイ、この外に未だ何かお話の事が御座いましょうか。左様で無ければ・・・。」
と言葉の外に意味を持つ雪子の問いに、冬村は愈々(いよいよ)望みを失い、この有り様では、所詮我が情欲を達すべき見込みは無い。何時まで此処に躊躇して、更に憾(うら)みを増すよりは、疾(とく)この席を退いて策を立てるのに優ることは無いと、悄然(しおしお)として別れを告げ、そのまま部屋を走り出た。

 この時、丁度服部は再び此処(ここ)に入って来て、今冬村の語ったこと、又た雪子が答えたことを審(つぶ)さに聴(き)こうと思ったが、故(ことさら)に問いを起さず、
 服部「先程貴方から今後の身の処置方に就いて御相談の一条も有り、唯今彼方(あちら)で熟々(つくづく)考えて居て、一つの良策を思い出しました。併し貴方は私の言葉を信じるでしょうか。」

 雪子は服部が入って来たので漸く気色を回復し、
 雪「先刻(さっき)も誓って申し上げた通り、今改めて言うまでも無く、貴方の仰せは何でも守ります。」
 服部「屹度(きっと)ですか。」
 雪「屹度で御座います。」
 服部「それに就いて、もう一度確かめて置き度いこととは、今後如何なることが有っても、決して再び梅林の家には帰らない決心ですネ。安雅が残した巨万の財産には、必ず手を着けない考えですネ。」

 雪「無論のことで御座います。あの汚らわしい家へ如何うして帰れましょう。あの血なま臭い財産に如何して手が着けられましょう。」
 服部「それではお話致します。」
 如何なる話をすることになるのやら。




次(第二十話)へ

a:158 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花