巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

bijinnogoku32

美人の獄 (金櫻堂、今古堂 発行より)(転載禁止)

ボア・ゴベイ作   黒岩涙香、丸亭素人 共訳  トシ 口語訳

since 2015.10.7

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

美人の獄   黒岩涙香、丸亭素人 共訳 

          第三十二回

 有田伯に釘を打たれて蟻子は首を垂れ、
 蟻「ハイ、・・・・誠に申し訳が有りません。貴方を欺(あざむ)きました私の罪は、貴方の御存分に・・・・・。ドウゾ御勝手に御処分遊ばして下さいまし。」
 伯「スリヤ愈々(いよいよ)汝(おまえ)は梅林安雅の妻であったカ・・・・。安雅を毒殺して、罪を以って永の間拘留の苦しみを受け、果ては公判廷で数万人の人の目に曝され、毒婦の汚名を蒙むった梅林雪子に相違無いのだな。漢田蟻子と変名してこの益美(ますとみ)を偽り、婚礼を為(さ)せ、今日が今まで、血統正しい生まれと思わせ、この有田家の権威を穢(けが)させたな・・・。サテ、サテ、浅ましい婦人であったなー。」

と詰(なじ)りつつ、恨めしそうに蟻子を白眼(にら)む伯爵の面(かお)を見て、蟻子の心中は如何なだったろうか。多年姿を変えて諸所を経廻り、身に染み透(とほ)る程の苦労を重ねて、漸く出世の運に向えバ、間も無く毒蛇に見込まれて、その身に受けた昔の穢(けが)れ、氏素性を洗い出され、思い合った夫の気を損(そこ)ね、心にも無い濡れ衣を着て、人を欺く悪婦と見做(みな)され、再び路頭に迷うならば、蟻子は如何にその身を終ることになるだろう。

 世に美人と誉められたのは、その身を刺すための刃であった。何故美人は薄命なのだろう。何故蟻子は不仕合せなのだろう。悲しみ果たして蟻子の姿は、暴雨(あらし)に悩める紫陽花(あじさい)に異なら無い。衰えた顔の色青冷めて、活(い)きて居る人とは思われ無い。潜然(さめざ)め流す涙に声も曇り、

 蟻子「ハイ・・・・・、原(も)とから悪気で明かさなかったのでは有りませんが、唯貴方とケ・・・・結婚が致し度い計(ば)っかりで・・・・・・、実は隠したので、重々恐れ入りました。最早この雪子も命は惜しみませんが、出来ることなら今一度、貴方のお慈悲でこの罪深い私をお許しなされて、傍に置いて下さりませ。若しお聞き入れの無い時は、寧(いっそ)のこと、貴方のお手で殺して下さりませ。」
と決心が見えた蟻子の言葉を聞いて、有田伯も少し声を曇らし、

 有田伯「アア、お前は不仕合わせな婦人だ。許して遣り度いとは如何に心で思って見ても、梅林雪子と聞いたからは、所詮お前をこの家に置くことは出来無い。爵位に対して置かれません。先祖に面目が無い、と言って汝(そなた)が如何に頼んでも、私が手ずから汝(そなた)を殺すことは出来ない。この益美はその様な重罪は犯さない決心だ。最早これまでだと諦めて、充分その身を大切にして、今夜この家を去って貰わなければ成らない。仮令(たと)え・・・。」
と聞くやいなや、打ち伏して居た蟻子は立ち上がり、

 蟻「それでは、愈々(いよいよ)貴方は離縁の御決心で有りますか。」
 伯「可哀相だが仕方が無い。汝(そなた)が有田を名乗るのは只今限り。去っての後は、汝(そなた)の勝手に・・・・。」
と思わずも有田伯が、再びホロリと涙を落とすと蟻子、
 蟻「アア、情け無い・・・・・。」
と叫びながら泣き狂い、跳ね廻わって、暫らく正気では無かった。

 やがて蟻子は気を取り直し、涙ながら有田伯に別れを告げ、打ち萎れてその屋敷を立ち去った時は、夜も早や十時を過ぎ、町外れにある有田邸の四方(あたり)は、人の往来(ゆきき)も途絶えて、空に輝いている月の光は、唯ものすごく気味が悪く感じられた。蟻子は四辺(あたり)がひっそりとして物寂しく、誰一人吾が姿を見る者は無く、又吾が言葉を聞く人も無いので、その身の不幸を訴え、救助(すくい)を求める術も無かった。

 進もうとしては、又踏み止まり、唯天を仰いで太息(といき)を吐(つ)き、
 蟻「アア、この世に婦女として生まれて来て、私程不仕合わせな者が、又とは外に有るだろうか。私程憂き目に出逢った婦女はとても世に一人も居ないだろう。若し有ったならば活きては居ないだろう。自害をするか、苦に病んで死ぬかだろう。活きて居られる道理が無い。

 身に覚えも無い夫殺しの恐ろしい罪を言い掛けられ、牢屋の苦しみを受けた末に、数知れない人の口端に掛かり、その穢(けが)れは今尚消えず、丸子と名を替えれば海で死んだと言い囃(はや)され、ヤッとの事で有田伯と結婚すれば、又丹助と言う悪人に魅入られ、とうとうその家も追い出されるこの始末。アア天帝(てんとう)様にお目は御座いませんか。

 私の命はサラサラ惜しいとは思いませんが、今この蟻子が私の手で命を果たしたならば、昔の夫安雅を殺した罪は、私が着て仕舞わなければ成りません。アア思えば身震いが為(す)る。その証(あかし)が立つまでは、この蟻子の命は捨てられません。死なれません。決して私は死にません。」
と婦女(おんな)ながらに拳(こぶし)を固め、歯を噛み鳴らして恨みを述べた時は、今まで照り輝いていた月の光も、雲に隠れて哀(かな)しんだ。

 嗚呼、不幸の上に不幸を重ね、苦しみの中に哀しみを混じえた美人蟻子は、今から何処(どこ)に身を寄せて、余る命を保って行くのだろうか。死なないとまでに心を定めて、その身の潔白を明かそうと思う蟻子は、梅林安雅を毒殺した真の下手人でないことは、疑うまでもないことだ。

 この末蟻子は、唯聖僧の徒弟と成り、濁らぬ心をもって神を祈り、本当の罪人が現れ出るのを待って、その身を清める一筋の道があるだけなので、蟻子もここに決心して、最寄の寺院に足を急がっせ、聖僧の救いを得て、病院の看護婦となった。

 受け持ちの病室に入り、その病人を打ち見ると、これは一体如何したことだろう。今息を引取ろうとする計(ばか)りの大病人が、寝台の上に目を塞いで臥(ふ)して居た。恐ろしいまでに色青冷めたその顔付きに見覚えが有って、非常に蟻子を打ち驚かせた。

そもそもこの病客は何者なのだろう。



次(第三十三話)へ

a:159 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花