巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

bijinnogoku34

美人の獄 (金櫻堂、今古堂 発行より)(転載禁止)

ボア・ゴベイ作   黒岩涙香、丸亭素人 共訳  トシ 口語訳

since 2015.10.9

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

美人の獄   黒岩涙香、丸亭素人 共訳 

            第三十四回

 蟻子が急に倒れたのは、病客の物語を聞き、遠くその心に思い起こす事が有って、驚いたからである。転寝(うたたね)の夢ではないかとも思ったのに違い無い。更に語り出すだろう病客の語(ことば)を聞けば、蟻子が驚いた事の原因(もと)を知る事ができるだろう。やがて病客は語を継ぎ、

 病「それが私を悪事に導いた大原因(おおもと)です。私はその婦・・・婦人の顔が見たい許(ばか)りで、朝に行き、バ・・・・晩に行き、外の事は一切打ち捨てて仕舞ったのです。ウ・・・・陽(うわべ)では唯その婦人の夫と交際が親密なので、シ・・・・繁々(しげしげ)通う様に見せ・・・・掛けたけれども、私の内心では、肝心な友達の方は、何うでも構わない考えで・・・・、

恋しい婦人と睦まじく話を為(し)たり、マ・・・・又は遊び戯れるのが楽しみで・・・・段々日を経るに従って、ワ・・・・私の情欲が・・・ツ・・・・募って来て、或る日、人の居なかったのを幸いに、ソ・・・・その婦人の袂(たもと)を引っ張って、私の意中を話そうと為(し)たけれど、ソ・・・・その時婦人は強(ひど)く憤(いきどお)って、私を諭(さと)し注意したことが、ホ・・・・骨身に透るほどに感じました・・・・。

 そう成って来ると・・・・私の情欲は益・・・・益々烈しく成りまして・・・・ア・・・・アア、あの婦人に夫と言う邪魔者がア・・・・有るからこそ私の・・・・私の思いが果たされないのだと恨み出して、ソ・・・・それから後は、日一日とその夫である私の友人が憎く成って、我慢が出来なく成りました。アア思えば私の心の迷で有りました。

 寧(いっそ)の事、キャ・・・・彼奴(きゃつ)を殺したらば婦人は私(わし)の自由に成るだろうと考えたのが、ソ・・・・抑(そもそ)も悪事を目論んだ・・・・発端で有ります。併しその殺す手段に就(つ)いて私は非常にク・・・・苦心を致しました。
 一度は短銃で密(そ)っとウ・・・射ち殺して遣ろうかとも考えたが、イヤイヤ短銃は音が烈しい。若し人に聞き付けられては一大事だ。

 それよりか寧ろ短刀で、彼奴の胸を刺し殺した方が穏やかだろうと思い、・・・・思い直して見たが、それも宜(い)けない。キャ・・・・彼奴(きゃつ)としても、決して唯殺される気遣いは無いゾ。・・・・何(ど)れも跳ね廻るから、是非私と一時は戦わなければ成らない。非常に騒がしく成るから・・・・得策では無い。

 アア・・・・何か善い手段は無いだろうかと頭を痛めて・・・・・考えましたが、フ・・・・不図思い付いたのが毒薬の事で、ウ・・・・甘(ウマ)ーく之を飲ませりゃ、音もせず騒ぎも無く殺せるから、これがダ・・・・第一番の良策だと決心しました。・・・・けれどもこの土地でその毒薬を買ったらば、若しや発覚の手掛かりに成りやしないだろうかとキ・・・・気遣って、態々(わざわざ)蘇蘭(スコットランド)からこの龍動(ロンドン)まで買いに来ました。

 ソ・・・・その毒薬の譽石(よせき)を・・・・その後は衣嚢(かくし)《ポケット》に入れて置いて、唯善い機会を狙って居ましたが。」
と病人は重い頭(かしら)を少しく横に向けて、四方をジロリと見廻したので、聖僧と医師は、その枕辺に座を占め、瞬きも為(せ)ずに、その顔を見詰め、蟻子は片隅に頭を垂れて物語を聞くことに余念がないので、病人は少し息を休めて、再び語を重ね、

 病「丁度三月のことでありました、その・・・・その婦人の宅で友人が四、五名集まって、夜会を催した事が有ります。私が罪を犯したのは、正しくその晩の事で・・・・・、夜会が終わって、私が恋慕う婦人が、皆へ珈琲を注いで出しまして、今一つ空の硝盃(コップ)が卓子(テーブル)の上に残って居ました・・・・。

 必ず婦人はそれに珈琲を注いで、自分の夫に与えるのだろうと考えたから、人の気付かないように、衣嚢(かくし)から譽石を取り出して・・・・密(そっ)とその虚(から)の硝盃(コップ)へ入れましたが、案に違わず、婦人は毒の有る事も心付かずに、珈琲を注ぎ、夫の前に置いて、自分の居間へ入りました。

 ・・・・やがてその硝盃(コップ)を手に取って、譽石の混じった珈琲を飲みましたのが、ナ・・・・何を隠しましょう、梅林安雅と言う私の親友です。・・・・飲むや否やアッと叫びながら仰向けに倒れ、血を吐いてそのまま其処(そこ)で死にましたが、ソ・・・・その時誰一人私を疑う者は有りません。唯ーーー、唯可哀相だったのが妻の雪子です。私が恋慕う雪子で有りました。・・・・・でした。

 罪も科(とが)も無いものを・・・・・唯平常(ふだん)夫婦の間が睦まじく無かったので、運悪く化粧箱の引き出しから譽石が出・・・・・出たのとが証拠と成って、公判にまで廻され、甘(うま)く刑は免がれれたものの、ソ・・・・・その恥辱(はずかし)さの余りに、土地に居られなくなり、名前を変えて、米国に渡る時、フ・・・・船が沈没して死にました。・・・・・夫殺しの汚名を雪(そそ)ぐ暇も無くて死にました。

 仮令(たとえ)私が・・・・・私の手を下して殺しませんでも、私のせいで婦人も死することと成りましたので、コ・・・・この私は梅林夫婦を殺したのも同然で・・・・・この上も無い大罪人です。・・・・責めて私が今死に臨んで、この罪状を懺悔致し、汚名を蒙(こうむ)って死んだ、・・・・雪子の潔白を世に示さなければ、私は人・・・・人間では御座いません。この冬村凍烟(とういん)は畜生に劣ります。・・・・・ドウゾ貴方等(がた)は、この様にお聞き取り下された上は、一時も早く各地の・・・・・新聞、雑誌に投書して、雪子の無罪潔白を、世の中へ知らして下さいませ。」

と雪子は今だ生存して、間近く自分の側(かた)えに在り、自分の病気看護をしている蟻子であることを悟らず、瘦せ落ちた目の裡(うち)に涙を浮かべ、誠の色を顔に現わして、その罪科(とが)を懺悔する冬村凍烟は、話が終って死に果てた。

 嗚呼一時欧州の人心をさえ激発した、梅林安雅毒殺の下手人は不幸な美人雪子に非(あら)ずして、雪子を慕っていた安雅の親友、冬村凍烟であったことは、今に至って明白となった。嗚呼、世に美人を妻とした者には不幸が多い。安雅は妻故に親友の為に毒殺せられた。

 嗚呼世に美人として来る者は薄命である。雪子は自分を慕った冬村の為に、死に勝(まさ)る苦難(くる)しみを受けた。その不幸は哀しいものだった。その薄命は憐れであった。
 古人が言った言葉に、
 「人が将(まさ)に死のうとする時に話す言葉は真実の事だ。」
とは、今のこれ等の場合を指しているのに違い無い。

 この時、蟻子に数年その身に付き纏(まと)っていた汚名が取り除かれて、一点の穢(けが)れをも残さず、清浄潔白の身と成ったので、その喜びと嬉しさとに涙を流すために、聖僧の袂(たもと)に縋(すが)り、少しの間は言葉も発しなかった。



次(第三十五話)へ

a:157 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花