巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

burosyouroku468

今までのブログ抄録

since 2019.10.27

今までのブログ抄録

写真上にカーソルを置き、左クリックすると更に拡大します。

拡大した写真の上でマウスを左クリックすると次の写真に進みます。

拡大した写真の右下のCLOSEをクリックすると元に戻ります。

黄色いバラ ・エミールノルデ、森のアオバト、池のアメリカヒドリ、森のアカゲラ、真っ赤なタイタンビカス、椋木のマミチャジナイ

11月 2日(土曜日)晴れ 朝の室温 24°C

今日の出会い 黄色いバラ ・エミールノルデ

bara11.2


emilenorude11.1


emilenorude11.1


emilenorude-3196


 久しぶりに一角にバラが植えてある公園に行った。
 黄色、赤など、色とりどりの秋のバラが沢山咲いていた。
 黄色や赤は写真に見たままの色を再現するのは難しい。
 しばらく見とれて、つい写真に撮ってしまった。

エミールノルデ

  •   ・2001年
  •   ・ドイツ タンタウ 作

ブログ「atakaの趣味悠久」の「黄色いバラ ・エミールノルデ」へはここから入れます。 

https://blog.goo.ne.jp/wtn1948/e/ff221b9f6650e25f3c46a863924ed30b


11月 1日(金曜日)晴れ 朝の室温 24°C

今日の出会い  森のアオバト

aobato10.31


aobato10.31


aobato10.31


aobato10.31


aobato10.31


aobato10.31


 森の椋木(むくのき)にアオバトが来ていた。
 椋木の黒く熟した実は甘くて昔の子供のおやつだ。
 甘い椋木の実は野鳥の好物で色々な野鳥が訪れる。
 この時期はいろいろな所の椋木にアオバトが訪れる。
 椋木に見え隠れに留まって盛んに実を食べていた。

アオバト

  •   ・ハト目ハト科アオバト属アオバト種
  •   ・日本、台湾、中国に分布
  •   ・台湾、中国では冬鳥
  •   ・繁殖が確認されているのは日本のみ
        (Wikipedia)参照

ブログ「atakaの趣味悠久」の「森のアオバト」へはここから入れます。 

https://blog.goo.ne.jp/wtn1948/e/d31563e507ef439519c073ded599c396


10月31日(木曜日)晴れ後曇り 朝の室温 24°C

今日の出会い 池のアメリカヒドリ

amerikahidorigamo10.27


amerikahidorigamo10.27


amerikahidorigamo10.27


amerikahidori10.27


amerikahidorigamo10.27


 池を通りがかったらヒドリガモの中に頭の白いカモが混じって寝て居た。
 よく見たら眼過線から後頭部が緑の玉虫色をしていた。
 時々首を上げてはあたりを見回して又寝た。
 これはアメリカヒドリだと思って撮った。

アメリカヒドリ

  •  ・カモ科マガモ属アメリカヒドリ種
  •  ・淡水鴨の一種
  •  ・北アメリカ中部から北部で繁殖
  •  ・冬季は北アメリカ南部から中央アメリカ、西インド諸島で越-冬
  •  ・日本へは数少ない冬鳥として飛来
         (Wikipedia )より

ブログ「atakaの趣味悠久」の「池のアメリカヒドリ」へはここから入れます。 

https://blog.goo.ne.jp/wtn1948/e/294e6abde1e96f0aa7f156c2549e9b7f


10月30日(水曜日)曇り 朝の室温 25°C

今日の出会い 森のアカゲラ

akagera10.28


akagera10.28


akagera10.28


akagera10.28


 昨シーズンはチラッと見ただけに終わったアカゲラ。
 今シーズンは9月末から森で目撃情報が有った。
 そのうち出会えるだろうと期待していたアカゲラ。
 森には毎日新たな出会いが有る様に成って来た。

アカゲラ

  •   ・キツツキ目キツツキ科キツツキ亜科アカゲラ属アカゲラ種
  •   ・ヨーロッパ、北アフリカの一部、ロシア、モンゴル、オホーツク、カムチャッカ半島中国北東部、朝鮮半島、日本、ミャンマー、インドシナ半島北部に分布
  •   ・日本では北海道に亜種エゾアカゲラ、本州、四国に亜種アカゲラが留鳥として生息
            (Wikipediaより)

ブログ「atakaの趣味悠久」の「森のアカゲラ」へはここから入れます。 

https://blog.goo.ne.jp/wtn1948/e/deeafbaf97d77c57a48791ccabc7485e


10月29日(火曜日)曇り 朝の室温 25°C

今日の出会い 真っ赤なタイタンビカス

taitanbikas10.28


taitanbikasu10.28


taitanbikas10.28


taitanbikas10.28


 真っ赤なタイタンビカスがまだ咲いている。
 むくげと同じく7月から咲いている花だ。
 真夏を過ぎても咲き続ける息の長い花だ。

タイタンビカス

  •   ・アオイ科フヨウ属タイタンビカス種
  •   ・モミジアオイとアメリカフヨウの交配によって出来た新種
  •   ・花期 6月中旬から9月末
  •   ・2009年に初めて登場した
  •   ・一日花
  •   ・アメリカフヨウとの違いは、アメリカフヨウは楕円形の葉でタイタンビカスの葉はモミジの様に切れ目がある
        (Wikipedia)より

ブログ「atakaの趣味悠久」の「真っ赤なタイタンビカス」へはここから入れます。 

https://blog.goo.ne.jp/wtn1948/e/e4e58f6308e2d0ccd4bb81576cd813fb


10月28日(月曜日)晴れ 朝の室温 25°C

今日の出会い 椋木のマミチャジナイ

mamitya10.26


mamitya10.26


mamitya10.26


mamitya10.26


mamitya10.26

 椋木(むくのき)にマミチャジナイが来た。
 黄色く熟した実を探して食べている。
 アカハラに似たオレンジ色の野鳥だ。
 アカハラより淡いオレンジ色をしている。
 顔に白い眉斑が見えるのがマミチャジナイ。

マミチャジナイ

  •  ・ツグミ科ツグミ属マミチャジナイ種
  •  ・インドから東南アジア、台湾、日本、中国東北部、ロシア東部に分布
  •  ・夏季に中国東北部、ロシア東部で繁殖
  •  ・日本には主に渡りの途中に飛来
  •  ・食生は雑食}}

ブログ「atakaの趣味悠久」の「椋木のマミチャジナイ」へはここから入れます。 

https://blog.goo.ne.jp/wtn1948/e/5258142da2d8bc3c67667b54bf49ab9b


10月27日(日曜日)曇り後晴れ 朝の室温 25°C

今日の出会い 森のオオルリ(若)

ooruri10.26


ooruri10.26


ooruri10.26


ooruri10.26


ooruri10.26


ooruri10.26


ooruri10.26


ooruri10.26


 椋木(むくのき)の下に見慣れない鳥が来た。
 傍の人がオオルリの若だと教えてくれた。
 9月に見れずに終わっていたオオルリの若だ。
 頭がまだ青い羽毛になっていない。

オオルリ

  •   ・ヒタキ科オオルリ属オオルリ種
  •   ・日本へは夏鳥として渡来し繁殖
  •   ・冬季は東南アジアで越冬
  •   ・高い木の上で朗らかに囀る
        (Wikipedia)より

ブログ「atakaの趣味悠久」の「森のオオルリ(若)」へはここから入れます。 

https://blog.goo.ne.jp/wtn1948/e/498d441dc11e75f18bc8a2595a5356b7


今までの途中の出会いのブログの抄録はここをクリックすると見られます
今までの途中の出会いはここをクリックすると見られます




a:4 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花