巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

busidou1

武士道 一名「秘密袋」   (扶桑堂書店刊より)(転載禁止)

ボアゴベイ作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2013.12.18

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

武士道上編 一名「秘密袋」        涙香小史 訳

               第一回

 仏国(フランズ)の「グランビル」と言う所は西北の海に突き出た山の端にして、千尋(せんじん)の絶壁直ちに海に臨み、海より見上げれば殆(ほとん)ど攀(よ)じ登り難い崖にして、崖の上にグランビルの町は城の様に高く懸かり、崖の下は荒海常に岩を噛み、風穏やかな時でなければ小船をも寄せ難く、僅かに潮の引いた時のみ、漁師等が岩を伝って歩き回るだけ。この様な危険な所だが、海を隔てて英国の南端に近いので、昔は英国との戦争で、英の兵、この険阻を攀じ登って仏国へ攻め入ろうとした事も有り、海岸一の要害だと言う。

 この町に昔より貴族として敬(うやま)われる侯爵軽嶺家が有る。その主人侯爵はここに説き出すこの物語の始まるより数十年前、海軍の士官と為り英国との船軍(ふないくさ)に運拙(つたな)くして、英国の某士官に海の中へ切って落とされた。見ていた部下の者も負け軍(いくさ)に、その死骸を拾い上げることさえ出来ず、そのまま魚腹に葬むられたか、それとも底の藻屑となったか、浮き上がりもせず消えてしまったので、名譽ある戦死として、長く弔(とむら)はれることと為ったが、その時は1758年にして、既にそれより三十五年を経、即ち1793年の暮れとなった。

 時しも、「ベンジー」地方に起こった勤王の一揆軍、この所に攻め寄せるとの噂あり。土地の若者等、これを防ごうとして隊を組み、中央政府より訓練を経た正式の士官に出張を乞い、その人を頭に頂き、不束(ふつつか)ながらも戦争の稽古などをしていた時であるが、ここに前記の侯爵軽嶺家は、主人侯爵が戦死してから、後に残るのは薔薇(しょうび)夫人と言って、当時美人の誉れが高かかったその令夫人一人となって、広い屋敷は朽ち掛かってまだ存するが、後継ぐ人も無い。尤も侯爵が戦死した時、その妻薔薇(しょうび)夫人は身孕(みごも)って居て、戦死の知らせが届いた翌月に美しき女子を産み落とし、これを松子とは名付けたるが、松子は十九歳まで成長して死し、今は薔薇(しょうび)夫人唯一人生き残る身とはなったが、此の夫人も歳早や八十歳という高齢である。

 薔薇夫人は一人娘の松子を失ってから、世を味気なく思ってか、数限り無い夫侯爵の財産を、追々に売払って黄金と為し、その黄金を何処に隠したのかは知らないが、銀行等へも預けず、その身も非常に質素にし、倹約をだけ旨として暮らしたので、グランビルの町中の評判になり、軽嶺家の黄金は幾千万有るか計られずとまで言い伝いられたが、その事が共和政府の耳に入り、数年前、軍用金として上納せよと命ぜられたが、夫人は一切その様な金は無いと言い張り、その命に応じなかった。

 間も無く共和政府は、
 「政府すら財政の困難に苦しむ折なれば、人民に於いて私に金子を蓄えること相成らず。」
との乱暴な法律を作り、厳重に全国へ達した。
 薔薇(しょうび)夫人は差し当たりこの法律に触れる人なので、再び政府より人を派し、詮議したが、その黄金を見出すことは出来なかった。又夫人も言葉巧みに、
 「夫の古い借金を払い尽くした。」
と言い張ったので如何しようも無く、詮議は止んだが、死んだ侯爵にそのような借金など有る筈が無いので、町の人は一人もこれを信ぜず、薔薇夫人の黄金を天下の羨むべき者の一つに数え、夫人が死せばその黄金は如何(どう)なるのか、又その高は何百万有るのかなど、空しく他の財を数えて、寄ると触ると噂の種と為って居たが、今は愈々(いよいよ)この夫人の死すべき時が来たと見え、夫人は数十日来老病の床に就き、長年出入りの保田(やすだ)医師と云う老医にも見放なされるに至った。



次(第二回)へ

a:355 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花