巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

gankutu206

巌窟王

アレクサンドル・デュマ著 黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2011. 7. 9

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

史外史伝 巌窟王    涙香小子訳

二百六回、『委員会』(四)

百合

 人として他人の身体を売るのは罪悪の極である。しかも自分を信任して参謀長にまで取り立てた大恩人の妻と子を、奴隷商人に売り渡すとは、人の城を売り、国を売り、同胞の生命を売った罪の上に、又一段の仕上げを加えたようなものである。これより上の卑劣と罪悪とは心に描くことさえ出来ない。

 この奴隷商の売買証書を読み終わるや満場は死の境に入ったように静まった。誰も彼も野西子爵が何事かを弁解するのかと待っているけれど、子爵は弁解をしない。口も動かない。身も動かない。ただその眼を鞆絵姫の身に注ぐだけである。注ぐ積りで注ぐのか、はたまた恐ろしさに姫の姿からその眼がはがれないのかは疑問である。どうも注がないようにしようとしても、無意識のうちに眼がその方に転ずるようである。

 議長は又も鞆絵姫に向かい、「一応巌窟島伯爵へ問い合わせましょうか。」と聞いた。
 姫;「いいえ、私が父同様に思っている伯爵は、一昨日ノルマンジーの別荘に行き、このパリーには居ないのです。」
 議長;「それなら貴方は誰に相談して今日ここにお出でになりました。」

 姫;「もし巌窟島伯爵が居れば必ず私を押しとめる所でした。伯爵は決してこのような事に賛成しては下さりません。けれど、私は前から、どうかして父の仇を返したいと今日を待っていました。このパリーに来ましてからも、家に引っ込んではいましても、毎日、新聞や雑誌を読み、父の仇の野西次郎がどの様なことをしているか、陰ながら知っていました。今日こそは天から彼の罪を暴く時を与えられたことと思い、誰にも知らさずにここへ来たのです。本当に二度とはない機会だと思いました。」

 議長は再び野西子爵の返事を待った。けれど子爵の状態は初めの通りである。
 「野西子爵、貴方は何とか弁解の辞は有りませんか。」と議長は気の毒そうに聞いた。なおも返事はない。議長は更に、「しからば私から聞きましょう。第一に貴方はこの婦人を有井宗隣の娘鞆絵姫だと認めますか。」

 子爵はたちまち力を得て立ち上がった。「イイエ、認めません。その女は必ず詐欺でしょう。誰か私を恨む者が、このような芝居をして私を陥れる計略でしょう。」
 ほとんど死に物狂いの叫びである。この言葉を聞くよりも鞆絵姫の冴えた目は鋭く子爵の顔を射た。そうして声には裂帛《鋭い音》の響きがある。

 「オオ、貴方は私の顔に見覚えが無いと言われますか。私が四歳の時ですから見違えるかもしれませんが、私の顔は母に生き写しです。鏡に向かっても分かっています。母の顔はよもやお忘れにはならないでしょう。貴方は私の父を殺した後で、後宮まで追って入り、母と私とを守護して落ち延びる忠臣を殺し、母と私を捕えたではありませんか。奴隷商人エルコパーに引き渡したではありませんか。父の代理としてトルコ朝廷に使いしたのも貴方です。和議が充分整ったからと言って帰り、常駐一同を油断させたのも貴方です。そうしてトルコの攻撃軍を城の中に案内したのも貴方です。」

 一声は一声よりも急に叫び、そうして最後にほとんど止めをさすように、「私の父を不意に殺して、その首をやり先に高く差し上げたのが貴方ではありませんか。貴方の身には有井宗隣の恨みが纏(まと)わりついています。貴方の額には有井宗隣の血が注いでいます。貴方はまだその血を払い去ることが出来ないでは有りませんか。」

 真に心の底の底から溢れるように湧き出でる怒りには誰とて敵することは出来ない。委員一同、全く野西子爵の額に今もまだその血が着いているのかと疑うように子爵の顔に振り向いた。そうして子爵自らも自分の額に気味悪い感じが起こったと見え、慌(あわ)ただしく手の甲をもって額をなでた。これが彼の最後の力であった。
彼は「ウーン」と一声絶望の声を漏らして又椅子の面にへたり込んでしまった。

 今までたとえ野西子爵に罪なしと思う人があったにせよ、この有様を見ては誰が又その思いを支えられるだろう。ただ一斉に子爵を汚らわしい人と認めた。しかし議長一人は親切である。彼はなおも丁寧に、「子爵、どの様な証拠が有ろうとも我々は貴方が充分な反証を提出することを望みます。反証が無いとならば、委員の中から二名だけを急遽ヤミナ州に派遣し、貴方の請うがままに反証を集めさせましょう。どうですか。そうすれば反証が上がりますか。」

 なんで反証が上がるものか。ヤミナに人をやれば、この上にも売国の証拠だけが出てくるのだ。子爵は又も無言となった。議長はしばらく待った末、又も、「サア、貴方の返事はいかがです。」
 子爵はようやく聞こえるほどのかすかな声で、「最早、返事は有りません。」

 これは全くの服罪である。議長は声を張り上げて、「しからば鞆絵姫の言う所が事実ですか。貴方は自分の無実を言い張る材料が無いのですか。真に貴方は新聞に疑われたように罪悪の人ですか。」と念を押すように問う言葉も実は宣告と同じ事である。

 子爵は四度立ち上がった。しかし今度は弁解のためではなく、逃げ去るためであった。一応は委員の顔を見回したけれど、総ての顔に宣告が現れている。最早断念の外は無い。

 「アア」と一声叫んだまま、両手につかんで自分のチョッキを右左に引き裂いたのは、胸が圧迫されるように感じたたのを、掻き退けようとしたためであろう。そうして、網を破った猛獣のように、狂いに来るって廊下に出た。後はただ廊下の外に彼の不揃いな足音が次第に遠く聞こえるだけであった。しばらくしてその足音は急ぎ去る馬車の遠音と変わってしまった。たぶん乗ってきた馬車の乗って自分の家に逃げ帰ったのであろう。

 後に議長は委員全体に向かい、「諸君は野西子爵に売国の所業が有ったと認めますか。」
 返事は満場一致である。「認めます。認めます。」
 鞆絵姫は全く議事が終わるまでここに居た。別にうれしそうにも、心地よさそうにもその顔は変わらなかったが、父の仇を返すことが出来て、胸に満足の意の満ち渡ることは、何となく神々しいその振る舞い総てに現れている。

 そうして最後に議長に向かい、「今日は実に私のために光栄ある一日でありました。」との一語を残し、付き添いの僕(しもべ)に従ってここを去った。その姿は真にブァージル《詩人ウェルギリウス》の歌うギリシャの女神かと思われるばかりであった。

第二百六回 終わり
次(二百七回)へ

a:579 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花