巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

hakuhatu104

白髪鬼

マリー・コレリ 著   黒岩涙香 翻案   トシ  口語訳

文字サイズ:

since2010.3.21

今までの訪問者数677人
今日の訪問者数1人
昨日の訪問者0人

            (一〇四)

 ああ、読者よ、ナイナの悪、ここに至ってますます驚くばかり。彼女は逃れる方法が無いのが分かって、ようやく、その罪を悔い、私に詫びるかと思ったが、悔いたのも偽り、詫びたのもまた偽り、すきを見て私を殺そうとした。彼女は悪婦としては悪という悪を全てを備えている悪婦だ。私はねじり取った短剣を鞘に納め、彼女をそこに突き飛ばして、

「これ、ナイナ、お前がどう謝っても許さないと言うのは、このことだ。すきを見て、夫を殺そうという考えがあって、どうして貞女になれるのだ。うまく私を殺せたら、私のポケットからこの墓倉の鍵を取りだし、私の死骸をここに残して、そのままお前は戸を開いて、家に帰り、その巧みな弁舌でどうとでも世人を言いくるめて、再びハピョか、折葉のようなだましやすい夫を捜すつもりだったのだろう。あいにく、私の力が強く、お前の手に負いなかったことは本当に気の毒だったなあ、」

 と気持ちよさそうに嘲(あざけ)って、私は更に彼女を罵(ののし)ろうとすると、この時、彼女はなぜか声高く、「あれ、ギドウが来た、ギドウが来た。」と叫び、後ろの方に、しり込みをしたが、私はその詳細を知ることはできなかった。言葉を止めて不思議に思って、見ていると、彼女は震えながら一方の薄暗い所を指さし、
 「あれ、あそこにギドウがいる。ギドウがいる。恨めしそうに、にらみながら、あれ、そろそろと寄って来る。」とさも恐ろしそうにつぶやいた。

 さては、彼女はさんざん私に責められたあまり、神経の仕業でギドウの姿までその目の前に浮かんだものか。私としても今は心がかき乱れている最中なので私の神経にもその姿が見えるかも知れないと、私も同じくそちらを見つめたが私の目には何も見えなかった。そのうちに、ナイナはあたかもギドウの姿から避けようとするように、両手を上げて、自らその身を遮り、「あれ、許しておくれ、ギドウよ、そう私を叩いては、これ、堪忍して、堪忍して」と叫ぶとともに、本当に誰かに打ち倒されたように、そこに、どうと倒れた。

 いよいよ持って、彼女の神経にギドウから責められ、殴られるように思えることは明らかなので、私もぞっと身震いし、あたかも生きている人に言うように、
 「これ、ギドウ、お前と私の仲をを裂き、親友を敵同士にしてしまった悪女ナイナは、私が十分に責め懲らしめたから、お前も安心して地下に眠れ」と言い渡し、

 更に進み寄って、倒れているナイナの体を調べてみると、ああ、彼女は死んだのか、気絶したのか息もなく脈も無かった。多分、気絶したのだろうが、このままに捨てておけばどうせ死ぬに決まっているものなので、気絶も死ぬことも同じことだ。もはや、私はここには用はない。私の復讐はナイナの事切れと共に全く終わりになるものだとつぶやきながら、立ち去ろうとするのに、私の心には一点の哀れみも無ければ、一点の悔いもない。

 かって、決闘でギドウを死なせたときは、敵とは言え、幼い頃、仲良く暮らしたときの事などを思い出し、いくらか哀れみを催したが、今は少しもそのようなことは思い出さなかった。ギドウが私に背いたのは、結局、私の妻、ナイナがギドウを誘ったからで、そうすれば、ナイナの罪は、ギドウの罪より重いと、最初から思い詰め、今もそう思っているので、ただ、待ちに待った復讐が終わって、真実、気持ちがすっきりしたのを感じるばかりだ。

 私は足の先で再び彼女の体を動かしてみたが、前の通りぴくりともしないので、
 「お前の腐った考えと一緒に体も早く腐ってしまえ、ああ気持ちいい、気持ちいい」とつぶやき、さあ、立ち去ろうと石段の所に来ると、吹く風はますます荒く、鉄の扉をがたがたと動かすのは、天も私のために怒り、ナイナの罪を罵(ののしっ)ているのだろうか。

 おりしも、風と共にものすごく聞こえてくるのは、私とナイナの二度まで婚礼を挙げた、ここからそれほど遠くない、あのサンゼロナの教会の鐘、夜の一時を報じているのだ。そうすると、私とナイナは既に婚礼の宴席を二時間もはずしていることになる。

 来客一同、主人夫婦がいなくなっているのを見て、きっと驚き、怪しみんで、捜しているところだろうが、どんなに捜そうが、ここまで探しに来ることはないので、気にする必要は無いと私は胸でうなずいて、石段に片足をかけ、再びナイナを見返ると、この時彼女は正気に返り、よろよろとして起きあがった。

 しかし、彼女は私がここまで来ていることには気がつかないように、一人口の中で何かを言いながら、その顔に乱れかかる髪の房を手にとって明かりのそばに寄って行った。自ら自分の髪の美しさを喜ぶように、つくずくと眺めた末、声を放って面白そうに笑った。

 ああ、この恐るべき穴の中で、しかも自分が逃げる道が無いと決まった中で、笑うとはどう言うことだろう。私は彼女が私に斬りかかった時よりも一層驚き、なお一層気味悪く思い、再び目を張り開いて見たが、ますます怪しんだ。

 彼女はうれしさに絶えないと言ったように笑みを浮かべ、まず丁寧にその衣服の衿(えり)を合わせ、静かにあの海賊の宝もの箱に向かい、箱の中から一つ一つに宝物を取りだし、それをことごとく自分の衣服に着け始めた。ああ彼女はいつからか逃げ出す方法を考え、自分の力に合うだけの宝物を持ち、この穴から立ち去る気なのだ。

 見る間に彼女は前身真珠、紅石、ダイヤモンドなどで、隙間がないほど輝くまでになり、私はいよいよその考えを怪しみ、我知らず彼女の方に近づこうとすると、不思議なことに、この時、どこか遠いところで地震の響きのようなすさまじい物音がした。

 風の声か、山の音か、多分吹きすさむ暴風が、この墓倉のどこかを吹き崩す響きと察せられる。あわやと思う間もなく鉄戸のすき間からもれ入る風、悪魔の怒るような声で私の顔をかすめて去り、たちまちろうそくの何本かを吹き消したが、ナイナはこれにさえ驚かず、更にうれしそうに宝物をもてあそび、再び声高く笑った。

 笑う声は普段の余韻がなく、老猿が叫ぶ声に似ていた。ああ、私は知った。彼女の笑いは全くの狂人の笑いだった。彼女は余りの激動に今ここにおいて発狂したのだ。


次105へ



a:677 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花