巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

hakuhatu105

白髪鬼

マリー・コレリ 著   黒岩涙香 翻案   トシ  口語訳

文字サイズ:

since2010.3.22

今までの訪問者数650人
今日の訪問者数1人
昨日の訪問者0人

             (一〇五)

 私はナイナの気味悪い笑い声で彼女が全くの狂女となってしまった事を知ったので、「ナイナ、ナイナ」と呼んで見ると、彼女は私の方を振り向いたが、何の返事もせず、ただ、ニヤニヤと笑うばかりだった。今まで私に責められた苦痛も、発狂のためいくらか忘れたのか、青かった頬の色も、今までのように赤くなり、恐れに崩れていたその顔には異常な美しさを現して来た。ああ、私は彼女が発狂するまで攻めて攻めて攻め尽くしたか。彼女が私のためにその知力を失ったのは、私が彼女のために愛情を失ったのにも匹敵する事だ。私の復讐はこれで十分達成できた。

 こう思うと、気持ちが良いことはたとえようが無かったが、今私が目の前にさまよえるこの狂女に対しては、また一種の哀れみが無いわけではなかった。彼女は今までのナイナとは全く別の女だと言うこともできる。

 今までのナイナが胸に満ち満ちた汚れた欲望もこの狂女の胸にはない。人を欺き、世を欺こうとする今までのナイナの奸智もこの狂女の知るところではない。法律も道徳も狂人には罪はない定めるほどなので、私はいかに執念深くても、もうこの狂女を憎むべきではない。

 狂女を墓倉に閉じこめて立ち去っては、余り冷酷に過ぎるので、何とか方法がないかと考えた。私は南方暖国の人間なので怒りに強く、また哀れみにも強く、今は去るにも去れず、もしも眠った人を呼び起こすように、私の声で、彼女の発狂を呼び覚ます事はできないかと、再び高い声を出して、「ナイナ、ナイナ」と呼んで見た。

 私の声がまだナイナの耳に達するか達しないかのその時、またもどこかで地軸が砕けるようなすさまじい響きが起こった。穴の中まで鳴動するばかりで、私の声は全くその響きにかき消された。この響き、これは何のためどこから来たのだろう。あるいは今夜の暴風のため近傍の崖が崩れてもいるのだろうかと、私は不安の思いに駆られ、おののきながら耳を澄ました。

 だが、狂女はこの響きさえ、耳に入らないようで、平然として鼻歌を歌い始めたので、私は又声高く彼女を呼んだが、彼女は何の応答もしないことは前と同じだった。歌いながらも再び海賊の宝物の箱に立ち寄ったが、今度は中に古い鏡があったのを取りだし、非常にうれしそうにこれを持って、私が抜け出したあの破れ棺に腰を掛け、あたかも座し慣れた化粧室に座すように落ち着いて、あるいはその乱れた髪をかき上げ、あるいはその顔を撫で、余念もなく自分の姿の美しさに見とれているようだった。

 ああ、私はどうすれば良いのか。最初にナイナをそうしようと思っていたように、この狂女を閉じこめたままで、立ち去ろうか。いやいや、狂女の何事も知らないことに乗じ、法律も道徳も罰せざる所まで我が罰を及ぼすのは人たるものの道ではない。そうすると、この狂女を保護して連れ出し、正気のナイナに戻した上で、又再びここに連れてくるか、それもできることではない。だからと言って、このまま彼女が正気に返るまで待つとしたら、何時のことになるか分からない。

 私は、はたと困り、しばらくの間考えていたが、とにかく今一度狂女のそばに行って十分狂女の体をかき動かして見ようと、ようやく考えをまとめ、彼女の方に一歩踏み出そうとすると、この時又もあのすさまじい物音が聞こえて来た。

 今度は前回よりも、もっと強く、もっと近かく、ほとんど私が立っている足元まで、地響きして聞こえると共に、今まで燃え残っていた何本かのろうそくも、一時に消え、墓倉の中は全くの闇となった。

 一体、これは何が起こったのだろう。さらにはどこかから、土砂のような物がぱらぱらと落ちて来て、四方一面にほこりが立ち、目にも口にも入り込むように思われたので、私はしばらく闇の中で目をふさぎ、辺りの少ししずまるのを待っていたが、穴蔵の外に吹く狂う風の音はますます荒く聞こえた。あの狂女はどうしたのだろうか。鼻歌も止み、ひっそりと静かだった。

 彼女はまだ闇の中で鏡をもてあそび、破れた棺に腰掛けたままで、にやにや笑っているのだろうか。それとも、今の物音に驚き壁の辺りにでも立ち退いているのだろうか。私は気味悪くてしかたがなかったので、再びポケットからマッチを取りだし、すり照らして見回したが、もうもうたる広い闇を一本のマッチで照らし尽くすことはできなかった。

 ただこの光で今消えたろうそくの一本を探し当てたので、これに火を灯して高く我が頭の上に差し上げ、瞳をこらして、今まで狂女のいたところ見ると、これはどうしたことか、これはなんたることか、私はただ余りの恐ろしい有様に、我知らず一声高く、「きゃっ」と叫んだ。


次106へ



a:650 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花