巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

hakuhatu106

白髪鬼

マリー・コレリ 著   黒岩涙香 翻案   トシ  口語訳

文字サイズ:

since2010.3.23

今までの訪問者数692人
今日の訪問者数1人
昨日の訪問者0人

             (一〇六)

 私は何のために叫んだのか。ただ見た。一個の大石が、墓倉の天井から落ちてきて、あの破れ棺を押しつぶしている様子を!
 墓倉はこれ幾千百年前の築造、石をもって積み上げた堅固な天井だが、どこかにゆるみが生じていたようだ。特に、木折れ、崖が崩れるほどの昨夜からの暴風に、そのゆるんだ石が、重さで自然に抜け落ちたものだろう。先ほどから何度もすさまじい音がしたのは、これらのためだと察せられた。

 それにしても、押しつぶされた破れ棺の上にはたった今まで、彼女ナイナが腰を下ろしていた筈だ。彼女はどこかに逃げただろうか。それとも逃げられずに、破れ棺と共に押しつぶされてしまったか。そうだ、彼女は全く押しつぶされてしまったのだ。ああ、誰か人生に天罰無しと言うか。天よ、天よ、貴方の下す罰は、人の下す罰より重いこと数倍だ。強いことも数倍だ。私が日を重ね、月を重ねて計画し、苦心惨憺(くしんさんたん)の末に行った復讐も、貴方の罰に比べたら、ものの数にも足りない。貴方が無言のうちに、何の用意もなく、突然下した責罰はただ一瞬間で私の復讐に一刀両断の決着をつけてしまった。

 石は1.5立方メートルほどもあろうかと思われる大きさで、しかもナイナが掛けていたその周辺に落ちて来たもので、ナイナの体は隠れて見えなかった。見えないのは彼女の無惨な死に様を覆い隠すものだが、ただ一つ私が目に留まったのは、石の下から漏れ出ている細くて白い彼女の手首だった。

 一押しに押し殺された体の痛みは石の下から漏れ出たその手首に集まったものか。手首だけまだ震えており、五本の指に引きつる筋の波打つのが見えた。ああ、世にまたとこれ程の無惨が有るだろうか。これ程の天罰が有るだろうか。

 波打つ指は見ているうちにしずまったが、指にまだ婚礼の指輪が冷ややかに輝いているのは、ざまを見ろと笑う天の笑顔を写したものか。私は恐ろしさに耐えかねて、見まいとしたが、私の目は自然とそのところに引きつけられ、見ないわけにはいかなかった。

 見まいと思いながらも見、行くまいと思いながらもその近くに寄って行き、私はろうそくを持ったまま、その石の周りを一回りして調べてみると、一方には白い礼服がはみ出しているところがあった。生々しい血がにじみ出て、少しずつ染めて行くのは、彼女の罪を記して作るものだとも見られる。私は筆を持つ今になっても、この気味の悪い様子を忘れることはできない。

 特に婚礼の指輪の光る白い手首は、それ以来、私の目から離れず、寝ても起きても、行くところに私の目にちらつき、ある時は握り固めた拳となって私を恨めしく打とうとするように見え、ある時は私を冥土の底に招くように思われ、またある時は合わせて拝む片手となり、その罪を謝るのに似ていた。全て私の心の迷いとは知っているが、私は生涯この片手に脅(おびや)かされることになるだろう。

 ここに来て、私もほとんど狂人になったようだ。その手の所にひざまずき、私は首を垂れて行き、ほとんど、その手にキスをしようとした。手と唇が離れること3センチばかりになって、初めて我が迷いに気がつき、眉をひそめて飛び退いた。飛び退いたがそこを去ることは出来なかった。

 恐怖の目で近辺を見回すと、先ほど私が生き返った証拠の一つとしてナイナの膝に投げつけた銀製の十字架が、私の足元に輝いているのを見た。この十字架はかって私を葬ったその牧師が私の死骸の胸に乗せて置いた物だった。

 私はせめてもと思い、その十字架を拾い上げ、恐ろしい片手の指を一々開かせて、これを握らせ、また一々に閉じさせて、「さあ、私がお前に尽くすのはこれが最後だ。これ以上の事はできない。ナイナよ、これで神に祈れば、私はお前を許すことはできないが、神は許してくれるかも知れない。有り難いと思うが良い。」とつぶやいて立ち上がった。

 立ち上がると共に、私は脳天から冷水を浴びせられたように、自然と我が身が震えるのを感じた。ただ訳もなく恐ろしさに耐えられなかったので、あたかも、化け物に襲われた小児のように声を限りに叫びながら、目を閉じて出口の方に走って行った。行って一番下の石段につまずき、初めて我に返った気がしたので、目を開いて後ろを見ると、手に持つろうそくは既に消え、あの大石が抜け落ちた天井の穴から、暴風と共に洩れ来た冬の月影が、銀の十字架を握った彼女の手首を照らして青かった。

 ああ、何という無情の光景だろう。私は復讐の終わった我が身のうれしさを知ることもで出来ず、狂気のように石段を駆け上がり、戸を開いて外に出てみたが、何となく穴の中から恐ろしい記憶が私を追いかけて来るように思われ、外から再び錠を下ろし、

 「こうすれば、復讐もナイナも、天罰も、手首も私の恨みと一緒にこの中に埋まってしまう。ああ、有り難い」と言い、胸を撫でながら出てくると、氷のような夜風は熱に浮かされたような私の首を吹き、真にこの世に生まれ返った気がして、私は、ただ、「愉快、愉快」と叫びながら立ち去った。

 私が行く先はどこか分からない。



次107へ



a:692 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花