巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

hakuhatu107

白髪鬼

マリー・コレリ 著   黒岩涙香 翻案   トシ  口語訳

文字サイズ:

since2010.3.24

今までの訪問者数781人
今日の訪問者数1人
昨日の訪問者0人

                     

               (一〇七)

 読者よ、私は誰にも見られず、咎められずに安全にネープル(ナポリ)を立ち去った。前に私があの船長羅浦に頼み、シビタ行きの船に乗り込むべき手続きを決めて置いたことは、読者の記憶しているところだろう。私は夜が明けないうちに、その船に乗り込んだ。だが、その船の船長はもちろん私が笹田折葉だとは知らない、また、私が十分に口止め料を払って置いたので、私が何者かを聞こうともしなかった。無言で私の荷物を私に渡し、海路静かに私をシビタまで送り届けた。

 シビタからは独行して私はレグホンに行き、レグホンから商船に乗り込み南アメリカに行き、更に又メキシコを横切ってアメリカに移り、初めて我が身を落ち着けたのは、私が復讐を果たしてから八ヶ月後だった。

 アメリカの樹木が最も深いところ、地味最も豊かな所、景色の最も素晴らしいところに私は数ヘクタールの土地を買い、物静かで上品な家を建て、一僕を雇い、一馬を買い、自ら耕して自ら食べ、付き合いをせず、社会に交わらず、心に二度と愛情というものが入って来ないように用心し、女を見ず、小児も見ないようにして世を送っていた。

 私の庭には高く低くただ松柏が茂っているだけだ。花と名の付くものは草花さえも植えないようにし、まして、バラの類などは私の家から数キロ四方、目の届く限りになかった。たまたま私の畑の土手になどに豆粒ほどの蕾を持った草がある時は、私はそれが開かないうちに、花とならないうちに無慈悲に摘み捨て、もみくだき、その根を断ち、その茎を切り、私の足で踏みにじって安心していた。

 読者よ、私を執念深いと言わば言え。私は愛といい、慈悲という分子をことごとくナイナのために摘み捨てられ、もみ砕かれた。この上何年を経て再び私の心に優しい可愛い愛情が波打つまでは、私がナイナから被った損害は消えないからだ。

 浮き世を全く忘れたとは言え、まだ三十才の血気盛り、仙人とは成り果てることはできない。知恵もあり、体の筋力もあり、資本もあり、再び世に出る機会が有れば、奮然として人生の戦場に打って出ようと言う気持ちは私の心の奥底に横たわっており、まだ、誰にも漏らしていない秘密だ。政治家として打って出るか、実業家としてか、宗教家としてか、はたまた旅行家か、文学家としてか、それはすべて未定だが、ともかく恋人としてではないことだけは確かだ。

 世に出る心はあり、いまだその気持ちは全く私からと離れてはいない。だから、私はその好機は見逃さないようにしようとの考えで、新聞だけは取り集めて、読み通している。かって、「イタリアにおける大不思議」と題して、貴族笹田折葉という者が婚礼の夜に花嫁と共に消え失せ、ナポリ全市いや、イタリア全国の人の噂となっていると言うことを記したのを見た。

 私はあたかも他人の事のように、顔色も変えずに読み終わったが、その一節には、宿屋の主人が費用も惜しまず私の行方を捜しているとの記事もあった。また、警察で莫大な懸賞で私にかかわる一切の情報を募(つの)っているとの事もあった。私の従者だった瓶造も一方ならず心配して奔走したとの事も見えた。これらは私が、かねがねこうなるだろうと推量していたところなので、私はほとんど何とも思わなかった。それから、また数ヶ月経った紙上に以下の一節があった。

 近来の大不思議と噂の高かったイタリアの貴族笹田折葉伯夫妻の行方がもし今後一年で分からない時は、全く死亡の人と見なし、その夫人に属するロウマナイ家の家屋財宝その他一切の全ては、イタリア政府に没収され、王室のものとなる。云々。

 私はこれを読み、初めてほっとした。今までただ一つ私の気がかりだったのは、先祖代々私にまで伝わったロウマナイ家が、私ハピョに至って絶え亡び、また相続者がいなくなる一事だったが、私の相続者は実にイタリアの皇室だ。イタリア帝国を以て我が家の後嗣(跡継ぎ)となす。私にとってこの上ない名誉、これ以上の満足はあるだろうか。私の先祖累代(るいだい)の霊も必ず地下で喜ぶことだろう。  
  *      *       *
     *       *       *
 
 記し終わって考えてみると、人生の大事で結婚ほど大事なことはない。また、結婚の大事で、心ほど大事なことはない。私などは実に女の心に偽りがあることなど全く知らなかった。美に迷い、情に迷ったために、惜しむべき生涯を誤ってしまった者だ。

 「外面菩薩のごとく、内心夜叉の如し」の語は仏教の言葉だが、ナイナのように外面が美しく、ナイナのように内面の恐ろしい者が三千世界《広大な全世界》に実際に居ようとは、正直言って思いもよらなかった。

 彼女がこの世を去る間際まで、口に偽りの言葉絶えず、私と争い、私を欺き、それでも間に合わず、私を殺しても逃れようとする様子を思い出すと、私は死んで冥土に行っても、まだ彼女の罪を許すことはできない。地獄の底までも彼女を追い詰め、偽り深い彼女の亡魂を攻めつくそうと思うばかりだ。

 読者よ、もし結婚すべき美人に会ったときは、これを愛する前、これに迷う前、これに溺れる前、これに一生託す前、まずこの白髪鬼伝を一読せよ。              

  




a:781 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花