巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

hakuhatu17

白髪鬼

マリー・コレリ 著   黒岩涙香 翻案   トシ  口語訳

文字サイズ:

since2009.12.21

今までの訪問者数774人
今日の訪問者数1人
昨日の訪問者0人

白髪鬼

             (十七)

 これからは、私は復讐の悪魔だ。私の肉は鉄、私の血は毒、鉄は鎖のように姦夫姦婦の体を縛り、動くことも逃げることもできないようにしてやる。毒は一滴、一滴、彼らの口に入り、ゆっくり苦しめて、彼らをなぶり殺しよりもっと恐ろしい目に遭わせてやる。

 そのやり方はなかなか難しいかもしれないが、復讐のほかに用事や目的のない私であってみれば、できないと言うことがあろうか。私は我が決意が非常に強く、我が恨みの非常に深いのを見て、必ず実行できるだろうと確信する。実行するまでは倒れても決して止めないだろう。

 私が去ったあと彼ら二人は何をしていることか。天地が広くなった心地がして、誰に遠慮もすることなく不義の楽しみにふけっているのだろうか。いやいや、ナイナはギドウよりもっと悪知恵の働く女で、あくまでも世間体を取り繕い、人の噂になるのを嫌って、ギドウに当分の間は足を抜けとすすめたほどだから、今夜ギドウを引き留めることはないだろう。

 ギドウはあるいは私より先に立ち去ったか、それとも私の後になるか、どちらにしても召使いなどに怪しまれないように、帰って行くのに間違いない。

 私がこんなことを考えながら丁度町の入り口にかかろうとするその時、私の目の前、3間(5.5m)ほどの所を、私がかねてから嗅(か)ぎ覚えのある香気高いたばこをくゆらせて、月に口ずさみながら一人楽しげに歩いて行く者が居た。

 よく見るとあのギドウだった。彼は、私が外国から取り寄せて置いた巻きたばこを、我が物顔に、いや、私の妻まで我が物顔の男なので、たばこくらいは言うほどのことではないが、それでも、私はますます憎さが増してきた。

 彼は、私の家を自分の家とし、早くも、ロウマナイ家の財産を容赦なくナイナの手から取って使えると思っている。彼の歩きぶり、何とうきうきしていて、彼の様子は何と楽しそうなこと。彼は今から6ヶ月後に公然とナイナと結婚する目算なので、6ヶ月後の幸福を先取りして、今からすでに心が浮き、気持ちが高ぶっているのだ。

 おのれくせ者と声をかけて私は彼の喉に飛びつきたい。ねじり伏せて彼の頭を砕きたい。そうすれば彼に対する復讐だけはまず終わり、後はナイナ一人になるので、苦しめることは非常に簡単になる。

 ああ、飛びかかろうか。飛びかかろうか。私は筋がつっぱり、筋肉が動いて自分では押しとどめる事が難しいほどだったが、自分の腹の内にたたみこんでいる復讐の大目的を考えてみると、このような俗人のやり方で満足すべきではない。

 今は知らないふりをして彼をやり過ごし、時の来るのを待たねばならない。私は必死に辛抱して、横道に入り、この夜は水夫が泊まるような宿を見つけて眠ったが、心も体もひどく疲れていたので、夜が明けるまで夢も見ずに熟睡した。

 読者よ。私の復讐には、膨大な準備を要する。また、多少の月日も必要だ。ロウマナイ家の財産は他人の物同様になってしまったが、私は幸いにも、あの墓倉の中に海賊カルメロネリの大財宝があるのを知っている。

 通常なら、盗賊の宝に手を着けるのは好ましいことではないが、私は復讐のため、義理も、世間も、遠慮会釈も全て忘れ、仮にも復讐の助けとなるならば、どんな嫌なことでもいとわないと思っている身だ。

 今更どうして海賊などに義理立てする必要があるだろうか。どうせ、神か悪魔が私の元手にさせようと思って、私に引き合わせたのも同様な宝だ。私はあの宝を取り、しばらくどこかに旅行し、十分準備をして、それから帰ってこよう。そうだ、これが私にとって、ただ一つの取れる道だ。
 私はそう思いを定め、翌朝少しばかりの道具類を買い求め、それを持って、密かに又あの墓倉に入って行った。

 赤短剣の大柩は私が一昨夜見たままで、無数の宝は私が取り出すのを待っていたようだった。私はそのうちから使いやすい紙幣と硬貨だけを取り出したが、水夫が携帯する大型の手提げカバンに一杯に詰め込んでも半分も4分の1も減らなかった。

 何しろ多ければ多いほど都合がよいので、少し面倒だったが十円、百円、千円などといえる大札と高額硬貨だけを選び取り、カバンが張り裂けるほどに詰めた。その額は50万円(現在の価値で約18億円)ほどもあろうか。詳しく数えもせず、そのほかに当座の旅費にと小札でで数百円、これは左右のポケットにねじ込み、更に思うところがあって、珠玉宝石などのうち、最も立派なものを一袋ほど取り出した。

 これだけあればどんな事業も意のままになるだろうと一人うなずき、残る宝は再び柩の中に納め、もとの通りふたをして万が一海賊カルメロネリが調べにきても、外から見たぐらいでは横取りされたのが分からないように、ふたにも初めの通り、くぎを打ち、およそ5時間をかけて、ようやく墓倉の外に出た。

 墓倉の出口も私にとっては大事な秘密、人に知られてはならないので、これも、カルメロネリ以外には分からないようにふさぎ、更に復讐の計画を胸の内に磨きながらこの場所を立ち去った。

 これから目指して行くところはどこだろう。別にこれと言って決めているところはない。ただ、当分の間、この土地の人に見られないのが大切なので、出る舟の都合でどこまででも行こうと、旅費には困らない気安さから深くは考えなかった。

 まずは港を目指して行き、港であちこちを見回すと、出船入り船多い中に、最も人目にたたない小型の帆船があった。
 今すぐに錨を抜いて、出発する様子なので、船長に声を掛け、どこに行くのか聞くと、パレルモ行きだという。

 乗せてと頼むと貨物船なので、人を乗せる船では無いから、客室はないと言う。私は非常に気に入り、このような船こそ世を忍ぶ身には完全な隠れ場所になるので、多くの船賃を払ってようやく船長を承知させこの船に乗り込んだ。これが先ず復讐の第一段階と言うところか。

次へ

a:774 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花