巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

hakuhatu23

白髪鬼

マリー・コレリ 著   黒岩涙香 翻案   トシ  口語訳

文字サイズ:

since2009.12.28

今までの訪問者数772人
今日の訪問者数1人
昨日の訪問者0人

白髪鬼

             (二十三)

 カルメロネリの、罵(ののし)る声にただの一人も応じる者がいないのでカルメロネリはますます腹立たしさに耐えられないと言った様子で、更に声を張り上げて、「これ、そこにいるビスカルダイ、照子からの言付けがある。さあ、ここに来い、ここに来い」と叫ぶ。私はビスカルダイと言う名前を聞いて、さてはこの群衆の中に誰かそのような名前の人がいて、カルメロネリが今罵(ののしっ)たのは私のことではなく、その人のことだったかと初めて少し安心し、あちらこちらを眺め回した。

 私からほんの2,3人離れたところに立っていた年の頃30才近い一紳士が、顔にいやしそうな笑いを浮かべ、そろそろと前に進み出て、カルメロネリのそばに行き、「おお、海賊、とうとう捕まったな、手前のような奴に何も聞くことはないが、余り大声で罵(ののし)るから、さあ、聞いてやる、、このビスカルダイに何の用がある。」と言うと、カルメロネリは返事をする前に、先ず、口を大きく開け、先ほどの紳士の顔面にパッとつばを吐きかけた。

 紳士はくわっと怒り「おのれ」と言いながら飛びかかろうとするのを、憲兵がその間に立って、早くもカルメロネリを捕まえ「これ、何をする」と制すると、カルメロネリは気持ちよさそうに笑い、更に又紳士の方に向かって、「さあ、飛びつくなら飛びついて見ろ、カルメロネリは両手を背中に回し、この通り縛られてはいるが、手前のような悪人の一人や二人、蹴り殺すのはわけもないぞ。」と言った。

 紳士が悔しそうにハンカチを出して顔のつばを拭うのを待ち、「手前は俺の手下でありながら、自分の顔がのっぺりときれいなところから、簡単に俺の妻照子を盗めると思い、俺の目を盗んで照子に近づき、そろそろと照子をだましかけたが、その手際はどうだった。今まで手前だけでなく照子に心を寄せた者は何人もいたが、皆その思いを遂げることなく照子の懐剣で殺された。

 手前はしつこくて、照子の心が動かないのは、全く俺という邪魔者が居るからだと思い、俺を亡き者にするつもりで、ついに、その筋の犬となり、憲兵を案内して俺の隠れ家へ攻め入らせ、この通り俺を捕らえさせた。定めしお前はうれしいだろう。これで、照子は天下晴れてお前のものにできると思うだろう。これ、卑怯者、良く聞け、カルメロネリは海賊でも人の妻は盗まないぞ。

 ものを盗んでも、持ち主の目をかすめ、たれも知らない間にこっそり盗むような卑怯な振る舞いはしない。同じ悪人でも男らしい悪人だ。それだから操を立てる女もある。さあ、手前はもう、俺を取り除いたから、これから照子を我がものだと思うだろう。我がものか我がものでないか、今夜にも照子の所に行って見ろ。照子は化粧してお前が来るのを待ちこがれているだろう。」

 「そうさ、体は紅のような血に染まり、かんざしのような懐剣を胸に刺し、恨みを帯びた貞女の死に顔を見せたいと言っていた。」この毒々しい言葉に、ビスカルダイは驚き、「やや、手前は照子を殺したな。」「俺が殺すものか。俺は照子に向かい、俺が捕らわれたその後は、ビスカルダイの世話になり、俺のことは忘れてくれと諭(さと)したが、照子はそのような根性の腐った女ではありませんと言い、自分で胸を刺したことはここに居る憲兵が見て知っている。」

 「嘘と思うなら、俺が隠れていた山の中に行って見ろ。照子の死骸が恨めしそうに手前の顔をにらむだろう。殺されたものか、自殺したものか、一目見れば分かるだろう。」と言う。ビスカルダイと呼ばれる男は、ほとんど立つ足も定まらないようによろめいて、憲兵の後ろに退いた。

 私はこの様子を見て心に無限の感動を覚え、海賊に情をささげ、海賊のために自殺するほどの貞女が今の世に存在したか、と密かに感嘆のため息をもらしたが、また、思えば、このようなことを考える時ではない、海賊カルメロネリが野罵(ののしっ)たのは、全くビスカルダイだが、その前に「貴様の姿は俺にも見破ることはできない」と言ったのは確かに私のことに違いない。

 この上、彼に何か言われては、憲兵の疑いも恐ろしい。立ち去るに限ると思いながら、彼の方を見ると、彼の目は再び私のほうを見ていた。何か言いたそうに目配せをするようなので、私は逃げることも、すでに遅いのを知った。

 一層のこと、大胆にこちらから進んで危険をおかした方が、かえって、憲兵の疑いを払いのけるかも知れないと、まず、ポケットを探って、5フランの金を取り出し、これを憲兵に握らせて、「少しの間海賊と話をしたいと思いますが。」憲兵は怪しげに私を眺めたが、私の胸には赤短剣のマークもなく、ほかに怪しむべき事もなかったので、ただ、変わった事を好む一心から出た行為と見たようで「長い話は許されません」「何、一言です。」

 このように言って私は恐れることもなくカルメロネリの前に立って、「私は羅浦五郎と言う者の友人だが、何か彼への言付けがあれば伝えてやるが。」海賊は穴のあくほど私の顔を見つめ、小声で「分からぬ、分からぬ、どうしても分からぬ。ああ、この黒いめがねを取れば必ず分かるだろうが。」と独り言を言った。

 果たせるかな、彼は私を見て手下の一人がうまく変装したものと考えていたのだ。やがて、彼は普通の声になり、
 「ああ、羅浦五郎か、カルメロネリはいよいよ悪運が尽きたから、殺された後で、一遍の供養でもしろと地中海の船乗りたちに伝えるように羅浦五郎に言ってくれ。こう言って彼はまた小声になって、「貴様は秘密を知っているだろうな。」と聞く。

 秘密とは何の秘密か。勿論、私の知るところではない。察するに、彼、この問で私が己の本当の手下かどうかを試そうとしたのではないか。私は、すぐに、思いつくことがあったので、「知っている、知っている、墓倉、墓倉」と答えると、カルメロネリは満足の様子で「ああ、あのまま、地底で腐らせるのは惜しいものだと思っていた、貴様が知っていればそれでよい。人知れず取り出して、貴様の好きなように使ってしまえ。」

 この一言で、私は全くあの大財産をカルメロネリから遺産として貰い受けた事になった。私がうれしさを押し隠そうとしてまだ一言も話さない中に「だけれど、貴様の姿が余りに変わりすぎていて、俺には分からない。お前は誰だ。」

 「誰でもない、秘密を知る一人さ俺よりほかに、あれを知っている者は居ないから、分かって居るではないか。」私は、このような大胆不敵な返事がどのようにして私の口から出たものかと我ながら不思議に思うほどだった。「多分、貴様だと思っていたが、」と言い、その後を続けないうちに憲兵が私と彼を引き分けた。

 勿論、これらのやり取りは小声でかつ早口でだったため憲兵の耳には入らず、私は更に、我が身に恐れるものが無いことを示すために「伯爵、笹田折葉」の名刺を取り出し、憲兵に示すと、彼は恭しく黙礼し、そのままカルメロネリを引き連れて去って行った。

次へ

a:772 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花