巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

hakuhatu30

白髪鬼

マリー・コレリ 著   黒岩涙香 翻案   トシ  口語訳

文字サイズ:

since2010.1.5

今までの訪問者数749人
今日の訪問者数1人
昨日の訪問者0人

白髪鬼

             (三十)

 私さえも驚くほどなので、魏奴はなおさら驚いた。
 「え、伯爵、貴方はどのようにしてこれほどの宝を集めたのですか。このダイヤモンドは、このルビーは、このエメラルドは、このサファイヤは」と、口続けに感嘆した。実にこれらの珠玉は金に飽かせて求めようとしても、その大きさ、その輝き方、全てがたぐいまれなもので、簡単には手に入らない。私は惜しげもなく、

 「いや、私がハピョの父親に受けた恩は、なかなかこれくらいで返せるものではありません。」
 「いや、どのような恩かは知りませんが、これで返し尽くされない恩というのはないでしょう。これほど立派な玉の類は帝王の冠にも多くは付いておりません。」

 「そう言われれば私も満足です。どうか、貴方の尽力でこれを夫人に納めて頂きたいものですが。」
 「それは私の最も喜ぶ尽力ですが、それにしても、貴方は夫人の所を訪ねなさいな、夫人もこれほどの物をいただければ、直々にお目にかかってお礼を言わずには居られません。」

 私はほとんど落胆の顔で、
 「では、致し方有りません。夫人のもとを訪ねるといたしましょう。が、今日はいけませんよ、今はまだ、旅の空も同じ事で、それぞれの荷物、調度なども取り寄せていないので、居間の飾り付けさえ終わっていないほどですから、とにかく、いくらか身を落ち着け、これでいよいよ社交界に出られると言うようになったら、その上でお目にかかりましょう。」

 「それは何時の事ですか。」
 「何、ここ三日か四日です。遅くても今日から五日目には伺いますから。その、前触れと言うのも変ですが、まず前触れ兼おみやげの様なつもりでこれを貴方が持って行って届けてください。」と言い、箱に蓋をして鍵まで添えて差し出すと、ギドウは顔だけ当惑したような風を装ったが、夫人がこれを貰うのは、すなわち未来の自分の妻が貰う物で、6ヶ月後には自分の物になる理屈だから、ほとんどうれしさを隠しきれなかった。

 「伯爵、貴方は本当に社交界の帝王です。帝王の言葉に背くのはおそれ多い次第ですから、よろしい、私が特命全権公使と言うつもりで、女王のところに届けましょう。」と言ってその箱を抱き上げた。

 私はハピョだった頃、魏奴がこのように金持ちにこびへつらう卑屈な性質を隠しているとは見抜けず、貧しいけれどひとかどの気概ある男と思っていたが、今は、彼の卑劣、卑陋(ひろう)《いやしく劣っていること》な本質をむき出しに見ることができた。だが勿論私はその素振りも見せず、非常ににこやかに、

 「では、花里さん、私はこれからいろいろ用事がありますから、後ほど貴方のアトリエでお目にかかりましょう。」
 「はい、それではとりあえずこれを夫人に送り届け、それから家に帰ってお待ち受けしていますから。」とこれだけの言葉を残して魏奴は踏む足も定まらないほど喜んで立ち去った。

 これから、午後の三時まで別に記すほどのこともなかった。ただ私は昨日この宿の主人に、非常にまじめで信頼できる従者を一人雇いたいと頼んで置いたが、適当な男が見つかったと言って、年二七、八の瓶造という男を連れて来た。

 私はこれを試してみたが十分従者の任務に慣れていて、かつ、思っていたよりもまじめな男と見たので、すぐに雇い入れの約束をし、更に、これから先私が追々社交界に乗り出す用意にと、この土地の紳士たちにつてを通じて手紙、あるいは私の名刺などを配らせたが、これらが終わる頃、ちょうどギドウの家を訪ねるべき時間になったので、私は衣服も一際立派に着飾り、めがねの曇りを良く拭って出て来た。

 魏奴の家も岡の小高い所にある。私は闇夜でも間違わないほど良く知っていたが、これも体裁をとりつくろって、片手に魏奴から貰った名刺を持ち、その番地を読みながら訪ねて行き、何度も鳴らしたことのある案内の鈴を引き鳴らすと、ギドウは自分で出迎え、すぐに、二階の絵画室へと招じ入れた。

 見ると彼、私が死んでからは、もはや絵を描いて売るのに及ばない身になったと見え、私が生きていた時に描きかけていたキャンバスには、その後一筆も加えた後が見えなかった。もっとも、私を迎えるために急に掃除をしたと見えたが、どの絵もみな私が生前買い残した物ばかりで、新しい物は一つもなかった。

 部屋の中央にあるテーブルに挿した花も、私の家の庭から折ってきた物だった。
 私は立って四方の額を眺めながら、
 「花里さん、こうして美しい画室の中に座している姿を見ると、貴方は職業も美術家だが、貴方の姿も一個の美術品です」と褒めると、彼は微笑んで

 「伯爵、貴方も見かけに寄らずお世辞家ですよ」と言い、更に又「おお、先ほどの品物は早速伯爵夫人に届けましたが、それはそれは夫人の驚きと喜びは一通りでは有りませんでした。」
 私はその話を好まぬ様子で、

 「それはご苦労様でした。」と答え、再び絵の方に振り向いて、うまくもない物をうまいと褒め、ただ、最も大きくて値の最も高そうな物を五,六枚選んで買うと、ギドウは私を少しでも厚くもてなそうと努め、おもしろおかしく、いろいろな話を持ち出したが、その新しそうなシャレもすべて、私が一度聞いたシャレで、その利口ぶった美術論の中には私がかって説き聞かせたものが多かった。

 彼は実に中身を抜いた卵の殻のように上辺だけきれいで、味もなく腹もない、もっとも俗な人物だ。私はこのような浅はかな人物をどうして、親友と見なしていたのだろう。今は私自身が納得できないほどだ。話すこと三〇分位で彼は自分の心の卑(いや)しさをすべてうち明けつくし、私と昵懇(じっこん)の間柄らしくなった。

 このような折しも、誰だろうか、馬車に乗ってこの家に来て、入り口に車を止める音が手に取るように聞こえてきたので、私はキッとギドウの顔を見、
 「おや、誰か来る約束でも有りましたか。」と言う。
 彼は少し当惑した笑みを浮かべ、

 「いえ、そうでも、ああ、どうでしたか。」と曖昧な返事が終わらないうち、早、案内を請う鈴の音が聞こえた。ギドウは私に挨拶もせず玄関を目指して下りて行った。ああ、読者、虫が知らせると言うか私はほとんど、それが誰かを知った。読者も必ず推量できるだろう。

 私は急に高く打ちだした我が動悸を制し、強敵を待つ勇士のように立ち上がって、足を踏みしめ、サングラスをしっかりと目に当て、そして静かに、かつ騒いで控えていると、やがて、魏奴の足音の後ろに従う、なお軽い足音が聞こえてきた。ドアの外で魏奴が何かをささやく声も聞こえ、絹服の音も聞こえた。

 私は胸が張り裂けるばかりで、何も考える暇もなかったが、魏奴はあたかも女王を迎え入れるようにうやうやしくドアを開いた。敷居にそっと立ち現れ私と顔と顔を見合わせた来客は、読者よ、読者、私の妻ナイナだった。
 私はナイナと真正面から向かい会った。

次へ

a:749 t:1 y:0
 

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花