巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

hakuhatu35

白髪鬼

マリー・コレリ 著   黒岩涙香 翻案   トシ  口語訳

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(拡大率125%が見やすい)

since2010.1.10

今までの訪問者数889人
今日の訪問者数1人
昨日の訪問者0人

白髪鬼

             (三十五)

 翌日は昼少し過ぎに、私はギドウに伴われてロウマナイ家を訪ねて行った。行って私の耳に第一に響いたのは「よくまあいらっしてくださいました。」と私を迎えるナイナの声だった。
 これは夢か。これはまことか。私は私の家の庭に立ち私の妻の笑顔に迎えられた。しかも私本人だけが他人で。

 少しの間、私の心は混乱して、見ても見えず、考えても考えられず、ただ見慣れたテラスに、見慣れた庭の木の枝が垂れかかり、昔我が家としていた立派な家、昔自分が遊び戯(たわむ)れた楽しい有様などが、あたかも走馬燈のように目の前にちらつくばかりだった。

 私は機械のように一足進むにつれて自分の心が我に返り、これは夢ではなくて現実のままであることを知り、たちまち胸の奥から深い涙がこみ上げてきて、私の胸はふさがるばかりだった。

 ほとんど鉄の心を持ち石人のような意志の硬い人でも場合によっては泣くこともある。その泣いて出るのは血の涙だ。私が今自分の心をゆるめたまま泣きたいだけ泣けば、私の目から落ちるのは、絶対に涙ではなく血に違いない。

 玄関も庭も室内も木も石も私のためには旧友の思いはあるが、昔の懐かしい趣は少しもなく、なんとなく悲しみを漂わせていた。主人が落ちぶれ果てたように、この家が傾くのもそう遠くはないだろう。ああ、主人、主人、誰がこの家の主人なのだと、私は密かに疑ってそばに立つギドウの姿を盗み見た。

 いやいや、たとえこの家を雨がいじめ、風が吹きすさむのにまかせておいて、見る影もなく荒らしても、ギドウのような偽りの人を主人にすべきではない。
 昔から、ロウマナイ家に一人も偽人はいなかった。主人は依然としてハピョであって家は変わらず私の家だ。だからと言って主人である私に何の力があるだろう。私には家があって家がないのだ。

 名前まで人の名前。身にまとう美しい服も、口に飽きた珍味も、みな世の人が汚らわしいと言う泥棒の賜物(たまもの)なのだ。人であって鬼籍に有る身。すでに人であることが認められていなければ、主人であることはもとより不可能だ。
 思えば、橋の下で飢えて死ぬ乞食でも私より富んでいる。私ほど心が落ちぶれ荒れ果てた者はどこにいるだろう。

 見ると変わらない中に変わったところもあった。私がいつもテラスの片隅に置き、動かしたことの無かった読書台は、その下に置いて置いた深い安楽椅子ごと取り除かれ、私が篭にかっていた小鳥も見えなかった。
 私とギドウを迎えて門の戸を開けた従者も生き生きとしていた顔の艶も消え失せて、味気のない人になっていた。何と気力が少なくて影が薄くなったことか。

 更に私が物足りない思いをしたのは、イビスと名付けた私の愛犬だった。これは私がハイランドの友人から贈られた希代の名犬で、いつも私の読書台の下のテラスの先に寝ていたのが、今はその影さえも見えなかった。どこに連れて行かれてつながれているのやら。私はほとんど腹が立ってその辺を見回した。

 ナイナは私の顔色を見て、心配そうに、
 「おや伯爵、貴方はここにいらっしゃったのをもう後悔なさるのですか。」
 私は愕然として我に返り、
 「どういたしまして、あたかも亡者が初めて楽園の庭に入った心地です。はい、真の喜びは無言です。夫人」
と言ってその顔を眺めると、ナイナは少し恥じらうように目を伏せた。ギドウは気短くじれた様子で、眉の間を狭めたが、彼はあえて何も言わなかった。

 これから案内されて広く涼しい客室に通されたが、ここには少し変化があった。私が十四五の時作らせた私の半身像は床の間から取り除かれ、あの朝廷から贈られたバラの鉢植えもここには見えなかった。その花を摘み取りすぎてその木まで枯らしてしまったのではないか。

 ただ、元のままで残っているものは、魏奴とナイナが並んで座って弾くのを好んだ音楽台で、今も毎日使っていると見えて、その蓋さえも開いたままだった。私は思わず深くため息をつき、「なるほど元の通りだ」と口走るのをギドウはおかしいと聞きとがめ、

 「え、元の通り」
 「いやさ、まだハピョの父親が生きていた頃、何度もこの家に来ましたが、その頃とあまり変わりません。」
 これを話の糸口にして、ナイナもすぐに話しに加わり、
 「では、きっと、ハピョのお母さんをご存じでしょうね。」
 「はい」
 「どんな方でした。」
 私はこの汚れた女の前で、清い我が母の事を話すのさえもったいない気になり、少しためらったが、ナイナの目に催促されて、

 「そうですね。実に美しい婦人でしたが、自分の美しさには気がつかず、それはそれは他人の事ばかり気を使って良く家を治め、この家に入ってくればすぐに善人の家だと分かるようでした。しかし、惜しいことに早く亡くなってしまいました。」
 と言うと、ギドウはこれを聞き、昨日おのれが私にうち明けたその浅はかな道徳論に照らしてか、またあざ笑うような調子で、

 「ああ、そのような堅い夫人は早くなくなるのが幸せです。長く生きていられてはそれこそ夫のお荷物だ。ねえ、伯爵」
 私はくわっとして目が血走る心地がしたが、ようやくこらえて、
 「どうですか。夫人の死を悲しまない者はおりませんでした。この頃の道徳に照らせば貴方の言うと通りかも知れませんが。」
 ナイナはさすがに私の不快な顔色を見て取ったようで、

 「いいえ、伯爵、魏・・・、花里さんの言うことには気に止めてはいけませんよ、馬鹿なことばかり言いまして」、
 と言いかけ、ギドウの目が異様に光のをチラリと見て
 「もっとも、腹の中では口ほど馬鹿なことは思っているのでは無いでしょうが、夫ハピョなども時々本当に人の前に出せない男だと言っていました。」

 これは、一方では私をなだめ、もう一方ではひどくギドウをたしなめる駆け引きと察せられる。このようにしてナイナは更に話を外の話題に移そうとするように、
 「ですが、伯爵、貴方はそれほどこの家の人々をご存じですから、娘星子にもお目通りをさせましょうか。」
 私は高く打つ胸の波を押ししずめ、

 「はい、貴方とハピョの間に生まれたお嬢さんなら私は自分の孫のような者ですから、どうぞ、ここにお呼びなさって」
 ナイナはすぐに召使いを呼び、星子を呼ぶように命ずると、召使いが下がってしばらくした後、おぼつかない手先で、恐る恐るドアを開こうとするように、外からその取っ手を回す者がいると見る間に、私の娘星子は敷居の内に現れた。

 私は一目見て星子がひどく変わったのを見て取った。私の不在はわずか百日くらいだが、その間にどのような扱いを受けたのか、全体の様子はなんとなくやつれて見え、どこにか恐れと不安の心が現れており、微笑んでいるようなその目は悲しくもあきらめたような印象を与える。

 およそこのような顔つきは大人であっても気の毒に思われるものなのに、4才にも満たない女の子が早くもこようなの陰気な様子になるとは、実に断腸の思い一通りではない。
 私が死んでから継子のように扱われたことはこの様子を見ただけでも明らかだ。まして、知らない人にも良く親しんでいた以前に比べ人におびえる様子も見られた。

 部屋の中程まで来て、第一にギドウをにらんで見て、そこから進まないので、ギドウは笑いながら、
 「何だ悪魔でも見るような目で俺を見て、今日は叱らないからここにおいで、この方はお前のパパを良く知っているよ。」と言う。

 パパの一語に少し目を晴れやかにして、不思議にもナイナの所に行かず私の所に走ってきて、その細い手を私の手に当てた。当てた手の柔らかにして、かつ愛くるしさは、深く私の心の底までしみとおるかと思われるほどだったので、私は平静を保つことができなかった。

 引き寄せてキスをするのに紛らわせ、星子の額にうつむいて顔を隠した。涙をこらえようとしても自然に出てしまい、黒いサングラスの裏をぬらしたので、私は心弱いと自分を叱り、唇がちぎれるほどかみしめて、ようやく顔だけ繕うことができたので、静かにこれを上げた。

 今思ってもどうして顔だけでも繕いたのか不思議なくらいだ。星子は私のめがねも白髪も恐れず、やがて私の膝に乗り、全く安心したような様子で座り、非常に熱心に私の顔を見上げていた。

 私は又も自分の顔が崩れそうなのを感じたが、ナイナと言いギドウと言い、供にこの様子を眺めているので私は必死で息を殺してこれをこらえたが、星子はどうしてか、その悲しそうな目の中に昔のような笑みを浮かべ、顔中全てにうれしそうな皺を寄せ、かって父ハピョにキスされた時のように私のキスを受けた。

 私も今度はこらえられずにほとんど玉の緒が切れる思いでひしと我が胸に抱きしめながら、またも我が顔をその柔らかな髪の毛に押し隠し、隠しながらもナイナとギドウが、私の様子を怪しみはしないかと思って、彼らの姿を盗み見た。

次へ

a:889 t:1 y:0
 

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花